« 3月 2017 4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Category Archives: ムック(雑誌)

百合の世界入門

これまでにもちょくちょく出版されてきた"百合"をフィーチャーしたムック本。結論から言えば
丁寧な作りで名前通り"百合(漫画)入門"としては好印象。ただ思う所もあり
でしょうか。

まず紹介されている作品は百合姫コミックス、ひらりコミックス、KADOKAWA系の作品を中心に手堅く纏まっており、冒頭にも言及した通り百合漫画の入門を勧める作品として概ね問題は無いラインナップ。

まぁ偏りが有ると言うか、「何故○○が無いんだ!」という面は有りますが、それは後で述べます。

"入門"という事で、よく訓練された百合好きの方に取っては物足りなさもあるでしょうが、百合好き声優 橘田いずみさんや著名な百合漫画家である仲谷 鳰先生、 缶乃先生、くずしろ先生、森永みるく先生、玄鉄 絢先生のインタビューは見所。

特にインタビュー記事を読んでいて思うのは改めて「マリみて」の偉大さを感じさせられる(笑)のと、百合作品を作る上での拘りは有っても百合作品を楽しむ上での拘りは無いって事でしょうか。

この辺りはくずしろ先生のインタビューでうんうん頷きましたね~。「お前が作品を好きでいてくれたら、私はもう十分だよ」は至言だと思います。

あ、あと缶乃先生曰く「「あのキス」の好きなカップリングをツィッターで教えて貰えたら励みになる」との事なので、是非是非お伝えしましょう!

ちなみに管理人は雪奈&十和子ペアと紗和&いつきペアが首位争いをしている感じですかね(笑) 勿論、全てのペア(カプ)に良さが有りますが!

と概ね楽しめた「百合の世界入門」ですが、冒頭にも書いた通り、思う所も。

まず作品紹介のラインナップが"百合漫画の入門を勧める作品として概ね問題は無いラインナップ。"という気持ちに偽りは無いものの、やや偏りがあると感じられる点。

百合姫、ひらり系の作品を中心に組むのが手堅いのは十分に分かりますし問題も無いと思いますがきらら系作品・・・ぶっちゃけ芳文社系の作品がほぼ無いのは疑問を持たざるを得ません。

確かにきらら系作品は"百合"という単語を前に出している作品は意外と少ないですが、それでも芳文社はつぼみコミックスを出していましたし、「桜Trick」も有ります。

捻くれた見方をすると意図的に芳文社系の作品を締め出して構成したのでは無いか・・・そんな風に思えてしまうのは残念なところです。

もう一つ気になるのはタイトル。

冒頭で"百合(漫画)入門"という表現をしましたが、本当に漫画作品にしか言及が有りません。(インタビュー記事で多少、他媒体の作品が話題になりますが)

そのため「百合の世界入門」というタイトルから漫画以外の媒体・・・アニメ、小説(ラノベ)、ゲーム等々の様々な媒体の百合作品について幅広く知る事が出来ると思って読むと拍子抜けしてしまうでしょう。

本としてのクォリティは満足出来ますし紹介文などに詳細は書いてはありますが、誤解を招かないよう漫画作品に特化した内容である事を示すタイトルだった方が良かったのでは無いか、とは思いますね。

メガミマガジン リリィ

※旧サイト(FC2ブログ)より転載

さて、遅ればせながら「メガミマガジン リリィ」の感想をば。 ・・・と言っても他サイト様の的確で素敵な感想がありますけど(汗)

他サイト様の記事

メガミマガジン リリィ: GirlsLove Blog

百合な日々 : 百合アニメ専門雑誌、「メガミマガジンリリィ(Megami MAGAZINE Lily)」が発売!

・・・気を取り直して。 さて、本誌を読んで管理人が一番に感じたのは良くも悪くも期待を裏切らなかったな、という事でしょうか。

まず良い面から語ると・・・カプなど百合的な絡みがちゃんと吟味されている所でしょうか。 ゆるゆりで言えば京子のカプで言えば由衣、綾乃、ちなつとの絡みが紹介されているなど。

他作品、咲やストライクウィッチーズなどでも基本的なカプは網羅されていましたし、エピソードやカプの方向性もしっかり紹介されていました。

少なくともちょっと絡みがあったから、何でもかんでも百合方面に話を持って行こうという感じがしなかったのは非常に好感が持てます。

ただ・・・悪い面として"恋愛寄りな百合作品"に関して全くと言って良いほど言及が無かったのが残念です。

紹介されている作品に"神無月の巫女"、"青い花"、"ささめきこと"などの恋愛色の強い作品が無いのがその証左と言えるでしょう。

強いて言えば後半の作品紹介で、キャラやカプの百合に対する意識を"ガチ"、"期待"と区分けしているくらいでしょうか。

例を出すと"猫神やおよろず"の笹鳴とメイ子の意識はガチ、繭と柚子の関係は"期待"といった感じですね。 しかし、この作品紹介は1ページしか割かれておらず、やはり詳しく語られている訳ではありません。

現状、大衆に求められている百合要素はライトな物であると考えられるので、理解は出来るのですが・・・少々寂しい感はあります。

あと・・・ちょっと理解出来ない、と言うかこれは不満になってしまうのですが・・・。
なんでマケン姫っ!が紹介されているのかな!?
しかも8ページも使って!

管理人はマケン姫っ!という作品は全然知らないのですが・・・どう見てもハーレム系アニメにしか見えないんですが! (記事の文脈からもそうとしか思えない)

記事の内容はスタッフの方に対する質問がメインで、百合に対する意識も質問されていましたが・・・。 なぜこの作品のスタッフの記事が必要だったか理解できません。

記事の内容自体は悪くないと思います。 ですが・・・百合アニメ専門雑誌を謳っておいて、しかもページ数や価格的には決してリーズナブルとは言えない本誌で8ページものリソースを使って取り上げるべき作品とは思えません。 (これなら「輪るピングドラム」の記事にしておくれよ・・・('A`|||))

でも、収穫もありました。 それは、この記事や他作品アニメ(ゆるゆり、たまゆら)の記事から「女の子がイチャつくのは良いが恋愛関係になるのはちょっと・・・」という感覚が記事から透けて見えて来たという事です。

この辺りはアニメソング綺譚(きたん)~レビューの覇道~管理人ろむろむ様と語り合ったのですが、恋愛という現実を想起させる・・・言い換えれば"痛み"や"苦しみ"を伴う物が避けられている傾向があると思います。

そう言った意味では、現状の百合作品に対する色々な認識(キャラ毎のカプや流行、方向性など)が分かるため、非常に有意義な雑誌ではありました。

総合すれば、百合好きにとっては面白い雑誌です。 ただ・・・100ページ未満のボリュームで1260円、恋愛寄りの百合作品にほとんど触れていない、雑誌お約束のアンケートハガキプレゼント無し、とコストパフォーマンス的には良いとは言えません。 (全ページカラーなので、価格的には妥当なのかも知れませんが)

待望の、と言える百合アニメ専門雑誌ではありますが・・・正直なところ、この構成で続けるとしたら長くは続かないと思います。

長期刊行雑誌になるように継続的に最新アニメの百合要素を的確に紹介する、雑誌オリジナルの百合好きさんに好まれるコンテンツを収録する、などの改善を期待したいところですね。