« 7月 2020 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「ラブライブ!サンシャイン!!」第12話 百合的感想

前回の曜ちゃんがモロ好みな言動を取ってくれた(笑)「ラブライブ!サンシャイン!!」。今回は
Aqoursの結束と方向性が決まったエピソード! ただ直球な百合要素は控えめだったかな?
という感じでした。

ストーリーとしてはラブライブの予備予選を突破したものの最終的な目標である学校を救うために必要な要素・・・学校説明会への参加者=未来の入学生の獲得に至らなかった千歌がμ'sの母校である音ノ木坂学院へ訪れる事により、μ'sの後追いでは無く自分達独自の方向性を見出すという物で、ラストへ向けた非常に重要なエピソード。

そう、重要なエピソードなのですが・・・それだけに直球な百合要素が控えめだった感があるのはちょっと寂しい(苦笑)

いやまぁ、そんな中でも地味にイチャついている人達も居ましたけどね(笑)

「ラブライブ!サンシャイン!!」第12話より 散々拗らせた反動か、隙あらばイチャつこうとする鞠理 勿論、当サイト的には有難いですw
「ラブライブ!サンシャイン!!」第12話より
散々拗らせた反動か、隙あらばイチャつこうとする鞠理
勿論、当サイト的には有難いですw

あ、あとAqoursのファンは女性ファンばかりというのも百合的にプラスと言えばプラスかな(笑)

%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%82%a4%e3%83%b3ep12_02_01_aqours%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%81%af%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb
「ラブライブ!サンシャイン!!」第12話より 有名になった事でファンも付いたAqours 寄って来たのが女の子ばかりと言うのは中々妄想が捗りますw
「ラブライブ!サンシャイン!!」第12話より
有名になった事でファンも付いたAqours
寄って来たのが女の子ばかりと言うのは中々妄想が捗りますw

とまぁ百合的な観点で言えば若干物足りなかった感は有りますが、メンバー全員の結束が更に高まった事によって物語が盛り上がる&百合妄想もしやすくなるという点ではやはり楽しかったエピソードですね。

「ラブライブ!サンシャイン!!」第12話より 「ゼロを1に!」合言葉も決まり、更に結束が増したAqours 例えラブライブという舞台が無くても管理人に取っては直視できないレベルで輝いていると思いますね、この娘達は
「ラブライブ!サンシャイン!!」第12話より
「ゼロを1に!」合言葉も決まり、更に結束が増したAqours
例えラブライブという舞台が無くても管理人に取っては直視できないレベルで輝いていると思いますね、この娘達は

・・・個人的にはギスギスした関係もそれはそれで好物ですが(笑)

相変わらず節操が無いですね

あと今回印象的・・・と言うか、登場したけど微妙だったのが"Saint Snow"の二人。

てっきりスピリチュアルな人が出て来ると視聴者(と黒澤姉妹)は期待していた所へ登場したがために微妙に肩透かし感が出た上に、力説した持論に関しては「あの娘達の言う事、何か違うよね?」みたいな雰囲気が漂うという何とも噛ませな感じに(苦笑)

パフォーマンスに関しては決して悪く無かったのですが、どうもライバルとしてはぱっとしない感が漂う"Saint Snow"。「決勝では勝ちますけどね」の言葉通り、意地を見せられるのかどうか。

この辺りも隠れた見所になりそうです。

「ラブライブ!サンシャイン!!」第12話より 彼女達には彼女達なりの信念があるのですが・・・どうもそれが強く響かない感が有りますね
「ラブライブ!サンシャイン!!」第12話より
彼女達には彼女達なりの信念があるのですが・・・どうもそれが強く響かない感が有りますね

当サイトの以前の記事

「ラブライブ!サンシャイン!!」第13話 百合的感想

当サイトの以前の記事

「ラブライブ!サンシャイン!!」第11話 百合的感想 [content_block id=2602 slug=anime-

BD

-aflink-content-blocks]

「アイドルデスゲームTV」 プロモーションムービーVer.2&人気投票企画 “烏丸 理都”のインタビュー記事公開

プロモーションムービーVer.2が公開されています。また人気投票企画 "烏丸 理都"のインタビュー記事が公開されています。

記事掲載サイト様

電撃 - 『アイドルデスゲームTV』天然系アイドル烏丸理都を紹介。てんあやを好き過ぎるりっとんに注目

プロモーションムービー Ver.2

様々なネタが山盛り・・・これ大丈夫なのか?という感じのPVですね(苦笑) まぁ結構笑えたので個人的には好きなノリですが。

注目点としては隠しシナリオ「D.o.D編」が存在する事でしょうね。

どういう方向性のシナリオかは分かりませんが、もしかしたら複数のメンバーが生き残る可能性があるかも?と思うと楽しみ・・・と言うか、流石にそういうシナリオが無いのと救いが無さ過ぎるなぁ・・・と、そう思うところです。

あとはやはり理都。

キャラ紹介でも彩夏との関係に言及されており、やはり理都は彩夏への感情が重要な要素であるようですね。

で、インタビュー記事も理都なのですが・・・凄いですね、これ。終始「あやちゃん、あやちゃん」言ってますよ。

まぁ当サイトとしては
――ズバリ、どんな異性に惹かれる?
 異性? 惹かれる? なんやそれ。質問の意味がいっこもわからへん。さっさと次に進もうか。
の件は頼もしい限りですが(笑)

微妙にストーカー臭い回答も有ったりしましたが(苦笑)、やはり理都→彩夏の関係は百合的に好印象。

ただ・・・理都は彩夏を「鋼のメンタルの持ち主や!」と評していますが、彩夏のインタビュー記事を読むと実際には気弱な性格が見え隠れしており、その理想と現実のギャップが露見した時、どんな反応を見せるのか・・・そこが怖くも有り楽しみでも有り、ですね。

"公約"に関してはストレート過ぎて若干面白味に欠ける気もしますが(苦笑)、理都が百合キャラである事が更に確実になったのは朗報。理都or彩夏でプレイしてみるのが楽しみです!

発売予定 : 2016/10/20予定
対応機種 : PSVita
ジャンル : センター争奪デスゲームアクションADV
プレイ人数 : 1人

当サイトの以前の記事

アイドルデスゲーム – 百合ゲーム時々、他事語り

公式サイト

アイドルデスゲームTV(IDOL DEATH GAME TV) 公式サイト

プロモーションムービー Ver1.5

amazon特典付き/特典無し

「アンジュ・ヴィエルジュ」第12話 百合的感想

百合アニメ街道を驀進してきた「アンジュ・ヴィエルジュ」も最終話。そんな今回は
良い意味でお約束の展開で、沙夜が天音ちゃんに告白して大団円!
でした!

え?無茶苦茶言うな?

いや~でも自分で言うのも何ですが、ラストの流れを見る限り決して間違っていないと思いますよ(笑)

天音ちゃんを救い出すためにリンクを辿って天音ちゃんに呼び掛ける沙夜のセリフ
「~(中略)孤独になんてさせない!世界が全部敵になっても、私は天音の味方だから!」
ですからね!

こればっかりは百合好きじゃなくても告白にしか聞こえないと思うのですが!!

「アンジュ・ヴィエルジュ」第12話より 自分の殻(心)に閉じ籠って反応の無い天音に呼び掛ける沙夜 その必死さとセリフの内容が合わさって物語のハイライトであると同時に百合要素が炸裂する瞬間でも有ります!
「アンジュ・ヴィエルジュ」第12話より
自分の殻(心)に閉じ籠って反応の無い天音に呼び掛ける沙夜
その必死さとセリフの内容が合わさって物語のハイライトであると同時に百合要素が炸裂する瞬間でも有ります!
「アンジュ・ヴィエルジュ」第12話より ウロボロスから解放された天音ちゃんを受け止める沙夜 お姫様だっこはお約束ですが、やはり萌えるシチュです
「アンジュ・ヴィエルジュ」第12話より
ウロボロスから解放された天音ちゃんを受け止める沙夜
お姫様だっこはお約束ですが、やはり萌えるシチュです

勿論、そのままイチャイチャタイムに突入する訳にはいかないので(笑)、皆一気にパワーアップして闇堕ち美海先輩とタケノコアビスを撃破して大団円!

・・・雑な書き方してますが、この辺りのバトルの流れは普通に面白かったです。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%bb%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%82%b8%e3%83%a5ep12_03_01_%e7%be%8e%e6%b5%b7%e5%85%88%e8%bc%a9
「アンジュ・ヴィエルジュ」第12話より 圧倒的な強さを見せた闇堕ち美海先輩も天音ちゃんと相思相愛になった沙夜ちゃんに押し負ける事に ・・・美海先輩もまさか2度も沙夜ちゃんに剥かれるハメになるとは思わなかったでしょうね(笑)
「アンジュ・ヴィエルジュ」第12話より
圧倒的な強さを見せた闇堕ち美海先輩も天音ちゃんと相思相愛になった沙夜ちゃんに押し負ける事に
・・・美海先輩もまさか2度も沙夜ちゃんに剥かれるハメになるとは思わなかったでしょうね(笑)
「アンジュ・ヴィエルジュ」第12話より 結局最後までタケノコだったアビス 覚醒出来ていれば、もう少しマシなデザインになったのでしょうか(苦笑)
「アンジュ・ヴィエルジュ」第12話より
結局最後までタケノコだったアビス
覚醒出来ていれば、もう少しマシなデザインになったのでしょうか(苦笑)

いや~しかし天音ちゃんと沙夜が劇的にくっ付く(笑)のはお約束でしたが、過去にちょっとした因縁と言うか繋がりがあったのが、また良かったですね!

ただすれ違うだけの関係だった二人がお互いを認識して、分かり合おうと歩み寄る事によって絆が生まれる・・・ストーリーと百合、両面から見て素晴らしい演出だったと思います。

「アンジュ・ヴィエルジュ」第12話より 過去にすれ違った事がある二人 ただそれだけの二人が後に相思相愛の間柄になる・・・運命的で良いですね
「アンジュ・ヴィエルジュ」第12話より
過去にすれ違った事がある二人
ただそれだけの二人が後に相思相愛の間柄になる・・・運命的で良いですね

あとラストと言う事で、これまで登場してきたプログレス達にも少し出番があったのは嬉しかったです!

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%bb%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%82%b8%e3%83%a5ep12_06_01_%e5%85%88%e8%bc%a9%e9%81%94 %e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%bb%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%82%b8%e3%83%a5ep12_06_02_%e5%85%88%e8%bc%a9%e9%81%94 %e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%bb%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%82%b8%e3%83%a5ep12_06_03_%e5%85%88%e8%bc%a9%e9%81%94 %e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%bb%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%82%b8%e3%83%a5ep12_06_04_%e5%85%88%e8%bc%a9%e9%81%94
「アンジュ・ヴィエルジュ」第12話より 決着を付けるべくアビス撃破に協力してくれる高ランクプレグレス達 ・・・アンタ達が闇堕ちしなければややこしくならなかったのに、と言うのは言わないお約束(笑)
「アンジュ・ヴィエルジュ」第12話より
決着を付けるべくアビス撃破に協力してくれる高ランクプレグレス達
・・・アンタ達が闇堕ちしなければややこしくならなかったのに、と言うのは言わないお約束(笑)

高ランクプレグレス達と言えば、今回はサナギ姉妹ですら百合姉妹振りを自重したのにお構いなしだったカレン&セニア(笑)

やっぱりこの二人が本作の最強カプですかね(笑)

「アンジュ・ヴィエルジュ」第12話より 平時だろうが、闇堕ち中だろうが、勝利の余韻の中だろうがブレないですね、この娘達(笑)
「アンジュ・ヴィエルジュ」第12話より
平時だろうが、闇堕ち中だろうが、勝利の余韻の中だろうがブレないですね、この娘達(笑)

ちなみに余談ですが、今回妙にネタっぽいシーンが目立ったのは気のせいでしょうか?

え?アビスのデザインの時点でネタ臭い?

いやまぁそれはそうですが(笑)、他にもDr.ミハイルの用意した機械がドリー○キャストにしか見えなかったり、ルビーの攻撃が某王子の連続エネルギー弾にしか見えなかったり(笑)

「アンジュ・ヴィエルジュ」第12話より ドリーム○ャストにしか見えない機械 心=夢に繋がるから・・・という事でしょうか
「アンジュ・ヴィエルジュ」第12話より
ドリーム○ャストにしか見えない機械
心=夢に繋がるから・・・という事でしょうか
「アンジュ・ヴィエルジュ」第12話より 連続エネルギー弾、DBのゲームシリーズでは重宝しますよね(笑)
「アンジュ・ヴィエルジュ」第12話より
連続エネルギー弾、DBのゲームシリーズでは重宝しますよね(笑)

偶然なのか狙ってやっていたのかは分かりませんが、個人的には笑えて楽しかったです。

さて、予想外に百合的に、そして物語としても楽しめた「アンジュ・ヴィエルジュ」もこれにて閉幕。

ラストは「お帰り」で〆られましたが、願わくばこの路線で再び本作に「お帰り」と言える事を願いつつ・・・感想を終わりましょう。

「アンジュ・ヴィエルジュ」第12話より 天音ちゃん達にまた会えると良いですね!
「アンジュ・ヴィエルジュ」第12話より
天音ちゃん達にまた会えると良いですね!

当サイトの次の記事

アンジュ・ヴィエルジュ – 百合ゲーム時々、他事語り

当サイトの以前の記事

「アンジュ・ヴィエルジュ」第11話 百合的感想

当サイトの関連記事

アンジュ・ヴィエルジュ cross†L.I.N.K.s – 百合ゲーム時々、他事語り

公式サイト
アニメ『アンジュ・ヴィエルジュ』公式サイト

「その花びらにくちづけを 初めて出会ったあの日から」限定版特典(タペストリー)詳細&概要が公開

公式サイトにて限定版特典であるタペストリーの詳細と本作の概要が公開されています。

公式サイト

聖ミカエル女子学園 その花びらにくちづけを 初めて出会ったあの日から

タペストリーが如何に良い物であるかと本作の概要と言える"初めて出逢ったあの日からって何?"が公開されていますね。

どっちかと言えば補足説明といった感じなので、しっかりチェックされている方に取ってはそれほど目新しい情報では無いかも知れません(苦笑)

まぁ百合かどうか、一喜一憂して情報をチェックしなければならない訳では無いのは、ある意味で幸せですけどね。

B2タペストリー付き限定版/通常版

※関連情報

サークル様公式サイト

ふぐり屋バナー

ブランド公式サイト

聖ミカエル女子学園

アニメ公式サイト

その花びらにくちづけを Blu-ray版 | chuchu

公式通販ページ

Amazon:ものとーんのストア:ふぐり屋

ものとーん BOOTH店 - BOOTH(同人誌通販・ダウンロード)

関連作品

ファーストシリーズ コンプリートセット

アニメ BD版

DL販売

ふぐり屋の検索結果 - DMM.R18

ふぐり屋:DLsite.com

「アストロメイデン/アポストロ」公式サイトオープン

旧サイト時に百合要素の有りそうな同人ゲームとして話題にした「アストロメイデン/アポストロ」の公式サイトがオープンしました!

公式サイト

オリジナルファンタジーRPG『アストロメイデン/アポストロ』

PV

今まではイベントでしか頒布されなかった事に加えて公式サイトも無かったのでチェックし辛かった作品ですが公式サイトがオープンし、ショップ委託も予定されているとの事で、ぐっと手に取れる可能性が高まったと思います。(ショップ委託の予定は当初より有ったそうですが、バージョンアップ(修正含む)が落ち着くまで控えていた模様)

ではゲーム的な面から見て行きましょう。

まず特徴的なのは"ノンフィールド"という事で、RPGでは良くある"歩き回る"という要素は無いらしいという事でしょうか。

PVを見る限り、行き先を選択、その後にバトルを行ってストーリーが進行するという流れになりそうです。

なので、一般的なRPGのイメージからはちょっと離れていると言うか、AVG+バトルといった方がしっくり来るのかな?という気もします。

とは言え、スキルのセッティングや成長に加えて演出など高いレベルで纏まっているようで、この辺りは本格的なRPGのバトルと遜色無い・・・と言うか、むしろ上位に入る感じですね。

RPGではいかに強い戦法を編み出すか、を考えるのが好きな身としては中々に面白そうです!

百合的な要素に関しては全面的に百合を押し出している訳では有りませんが、メインキャラは全て女の子である事に加えて、無駄に百合百合んしているシーン!なんて文言があるくらいなので、その辺りは意識していると思って良いでしょうね。

難点を挙げるとすれば販売がショップ委託のみだった場合、やや入手し辛い可能性があるのがネックである事と今作で完結していない(後編に続く)事。

その点が許容できるならば、かなり楽しめそうな作品だと思います!

発売予定 : 2016年10月中?
対応機種 : Windows7/8/10日本語版
ジャンル : ノンフィールドファンタジーRPG
プレイ人数 : 1人

サークル様の以前の作品

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

「白衣性愛情依存症」 感想企画賞品”あすいつアフターSS”公開!

かなり間を開けての感想企画賞品であるSSが公開されています!

公式ブログ該当ページ

感想企画賞品、あすいつアフターSSです! | 白衣性愛情依存症 -白愛-

おめでたいけど、まだプレイ出来てねーーー!

うう・・・管理人からはこの一言しか・・・!プレイ済みの方は是非読んで楽しまれる事をお勧めします(涙)

対応機種 : PSVita/PC
ジャンル : AVG
プレイ人数 : 1人

公式サイト

白愛_バナー(あすか)

特設サイト

Gamerだけの特別ショートストーリーが読める!「白衣性愛情依存症」特設サイト - 【Gamer】

工画堂スタジオ公式サイト

KOGADO_web TOP

PV

(c)2015 KOGADO STUDIO,INC.

PSVita版/PC版DL版 ダブルパック(DMM版)DL版
DMM版/DLsite版
メモリアルブック
DMM.com [白衣性愛情依存症] PCゲーム 白衣性愛情依存症