« 9月 2017 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「Fate/EXTELLA」プレイ日記01

今回は「Fate/EXTELLA」のプレイ日記です。

・・・え?次は「FLOWERS秋篇」をプレイするんじゃなかったのかって?

え、いや、まぁそうです、と言うか「FLOWERS秋篇」もプレイしていますが・・・ず~っとRPG(「ソフィーのアトリエ」)をプレイしていたので、ちょっとね、アクションがやりたくなったんですよ。それで、少しだけプレイしてみた次第です、ハイr(^^;)

(女性主人公なら)ストーリーは完全に百合ゲー

うん、これはヤバイ。以前に訪問者様から情報は頂いて分かってはいるつもりでしたが、それでも認識が甘かった。

もう、これは殺しに来ているレベルです。スカウターがあったら確実にぶっ壊れるでしょう(笑)

いや、本当に凄かった。

プロローグこそ良く分からなかった(恐らく後半になって意味が分かるエピソード)ものの、自分のサーヴァントたるネロと再会してからは延々お惚気を聞かされる状態。

設定上、主人公はいつもより情熱的になっている状態というのも手伝って、正に「新婚さんいらっしゃ~~い!」状態(笑)

「Fate/EXTELLA」より
主人公が指輪に宿った際のネロの反応
プレイ開始 1時間も経たない内にこれですからね(笑)
「Fate/EXTELLA」より
ちょっと分かりにくいですが、ネロに膝枕して貰うシーンも
「Fate/EXTELLA」より
プレイを進めるとサービスもとい入浴シーンも有りますが、そこでもイチャイチャ(笑)

で、そんなお惚気状態の二人ですが、そこへ玉藻やアルテラが絡んで来ると、もう主人公の奪い合い状態。

ニヤニヤするやら、悶絶するやらで、プレイヤーの方が大忙しです(笑)

「Fate/EXTELLA」より
ネロと玉藻による三角関係が炸裂する1シーン
ネロも玉藻も主人公にラブラブなので、見ている方が砂糖吐きそうな奪い合いです(笑)
若干ネタバレしている画像なので、念のため畳んでます

ネロ編だけでも中盤に入ったかな?という辺りでこのレベルだと考えると、全編プレイしたらどのくらいの百合度になるか見当も付きません(笑)

ゲーム的には、アクション面は満足だがUIや仕様はやや使い辛いかな

ゲーム的な面ですが、アクション面は満足です。特にこの手のゲームでストレスになりやすい移動がかなり早く、すぐに戦闘を行えるのは◎

また現在メインでプレイ中のネロは移動しながら攻撃できる手段が豊富な事もあって、爽快感は抜群です。

「Fate/EXTELLA」より
ダッシュは何度も使える上に敵を"押して"行けるため、非常にスピーディーに動けます
「Fate/EXTELLA」より
剣を振り回しながら突進
ネロはこういう攻撃を多数持っているので、ガンガン攻撃していけます

一方で、UIやシステム仕様はやや使い辛い面も。

例えば本作はメインストーリーの主役となるネロ、玉藻、アルテラ以外にも多数のサーヴァント(キャラ)が登場しますが、そういった配下となるサーヴァントはメインストーリーでは基本的に使えません。

そういったキャラ達を使おうと思うと、使用可能条件を満たした上でいちいちタイトルメニューに戻って専用のモードである"サブストーリー"を選ばなければならない。

まぁこれは仕方ないかも知れませんが、キャラのレベルアップや能力確認もそっちでやらなければならないし、副官の選択も出来ない(ネロ陣営だと無銘が副官で固定っぽいです)のはやや面倒&寂しい。

※ここで画像
「Fate/EXTELLA」より
サーヴァントがメインとサブで完全に分かれている状態なのはちょっと面倒な時も

せっかく副官交代(操作キャラ変更)というシステムがあるのなら、ある程度は自由に選ばせて欲しかった。

あとCPUとして共に戦ってくれるサーヴァントや一般兵士が基本的に弱いのが(苦笑)

敵に攻め込まれたら救援に行かないと大体やられるもんなぁ。

まぁサーヴァントは流石に粘る&たま~に敵を撃退してくれますが、どう見ても手が空いている状態になってもセクター(エリア)を移動しない=敵陣に攻め込んでくれないのは、ねぇ?(苦笑)

メインストーリーの場合、配下として戦っているという設定なので一緒に進軍してくれるなり、ピンチのセクターを救援に行くなりしてくれよ!と思ってしまいます(苦笑)

まぁでもそんな事は「愛の力、思い知ったか!」だの、「何度でも言うぞ!余は奏者が大好きだ!」とか叫びまくるネロの活躍を見れば些細な事です(笑)

「Fate/EXTELLA」より
技によっては奏者(主人公)への愛を声高に叫ぶネロ
聞いているプレイヤーの方が恥ずかしくなって来ます(笑)
細かい不満点はあれども爽快感、そして何より百合度に大満足で続けるのが非常に楽しみ!

と言う訳で、多少の不満はあったものの、アクションの爽快さに加えて予想以上かつ聞きしに勝る百合度で大満足。

「FLOWERS秋篇」をプレイしながらのプレイになるでしょうが(苦笑)、続けてプレイして行くのが非常に楽しみです!

対応機種 : PS4/PSVita
ジャンル : ハイスピードサーヴァントアクション
プレイ人数 : 1人

当サイトの次の記事

「Fate/EXTELLA」プレイ日記02

公式サイト

Fate/EXTELLA(フェイト/エクステラ) 公式サイト

「あにめたまえ!天声の巫女」 第十四話 11ページ目&イラスト「バターで出来たお姫様 ラーグジャルとドゥゴセーレ」公開

第十四話 11ページ目と特別イラストが公開されています。

公式ページ

『あにめたまえ!天声の巫女』 【オンラインで無料連載中!】

本編については内容は前回の"現況"で分かっているので、今回は特別イラストについて話題にしましょうか。

例によって全く知らない妖怪(由来を読むと、妖怪と言うよりは妖精とか精霊って感じもしますが)で、今回も興味深かったです。

美しい娘でラストが悲劇的・・・内容自体は大きく違いますが、日本では雪女を連想させる物があり、美しい人外の娘は悲劇的な結末を迎えるというのは万国共通なのかなぁ・・・とも思えますね。(勿論、つぶさに調査したら、また色々と違って来るかも知れませんが)

あと個人的に興味を引かれたのは、今回のバター娘が生まれたのは

子どもができないことを嘆く女性に、ある人が「バターを木鉢いっぱいに集めて置いておくように」教えます。 数日経ってバターから生まれてきた美しい女の子が「バター娘」!

との事ですが、バターを木鉢いっぱいに集めるって結構大変と言うか、相当裕福じゃないと無理な気がします。

木鉢のサイズにもよるでしょうが、普通に考えれば赤ん坊が入るサイズ=数キロ程度のバターが必要な訳で、これは昔話や伝説に出て来る庶民には中々キツそうなイメージが有ります。

子供を願った母親がどの程度の生活水準だったかは分かりませんが、子供を授かるにはそれなりの覚悟や代償が必要・・・という意味なのかな?とも思いますね。

当サイトの関連記事

※これまでのニュース記事

Category Archives: あにめたまえ!天声の巫女

公式サイト

あにめたまえ!天声の巫女

単行本特設ページ

『あにめたまえ!天声の巫女』第一巻・特装版 - あにめたまえ!氏子会

「単行本化プロジェクト」企画参加ページ(参加終了しています)

目指せ独力で連載&出版! 『あにめたまえ!天声の巫女』単行本化プロジェクト

PV 【はららのご挨拶編】

ドラマCD-試聴版-

単行本 超オススメです!

kindle版

ドラマCD

「きみはねCouples」 C91配布のフライヤーデータが公開!

C91で配布されたフライヤーデータが公式サイトにて公開されています!

公式(ティザーサイト)サイト

きみはねCouples ティザーサイト

特別に目新しい情報は載っていないようですが、概要が上手く纏められている+聖夜子の情報が載っているなど、こういうのは見ていて楽しい!

このデータを眺めつつ更なる情報公開、そして発売を待ちたいですね!

前作「きみはね 〜彼女と彼女の恋する1ヶ月〜」関連サイト

公式サイト

新ブランド BaseSon Light 最新作『きみはね 彼女と彼女の恋する1ヶ月』応援中!

DMM様販売ページ

「ガンガンピクシーズ」 第1話テキストなどが公開!

第1話テキストなどが公開されています!

公式サイト

ガンガンピクシーズ

全て読むには少々時間が掛かりますが、これで作品のノリが見えて来ましたね!

寮生達の生活をモニターすると言うのは良しとして、どうシューティング要素を絡めて来るかと思いましたが・・・「寮生達の意志や行動を望ましい方向へ持っていくためにハッピー弾という弾を撃ち込む」という流れのようです。

こう言っては何ですが意外にお話がまとも(苦笑)で一安心です。百合要素も友情百合ならそれなりに楽しめそうですし。

主人公であるビーたん達に嗅覚が無いというのは驚きでしたが・・・彼女達の鼻に当たる器官は何なんでしょうr(^^;) 疑問です(苦笑)

あとは・・・やはりシューティング要素がどのくらい楽しめるか、でしょうか。お話が良くてもシューティング要素が悪ければ、ただの蛇足になってしまいますからね。

プロモーションムービー

OPムービー

「フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~」 DLC情報公開 今回の新キャラは女性キャラ”シャノン・アトキンス”!

DLC情報が公開されています。

公式サイト

フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~

新規男性キャラ"ハインツ"に続いての新キャラは女性キャラ"シャノン・アトキンス"! ハインツ同様にEDも有るとの事で、これは素直に嬉しい!

いや~年齢を見ると20才=フィリスから見ると年上のお姉さんがヘタれている訳で、色々と妄想が捗ります(笑)

まぁ戦闘では結構頼りになりそうな感じなので、仲が良くなって人見知りが改善されたら頼り甲斐のある所も見せてくれそう?

百合的にどのくらい良いかは判断し辛いですが、ED以外にイベントも用意されているようなのでチェックはしておきたいですね。

後は新しい採取地とコスチューム。採取地はゲームのプレイの幅が広がる&パッチ適用と同時に解放されるようなので、普通に楽しみたいところ。

コスチュームも前回の水着より好みなので、シャノンとセットで購入しようかな、と思うところですね。

対応機種 : PS4/PSVita
ジャンル : 錬金術再生RPG
プレイ人数 : 1人

関連サイト

フィリスのアトリエ オリジナルサウンドトラック/ボーカルアルバム特設サイト

【フィリスのアトリエ】オープニングムービー

【フィリスのアトリエ】プロモーションビデオ第二弾

「四女神オンライン CYBER DIMENSION NEPTUNE」 システム”施設”が紹介されています

「四女神オンライン CYBER DIMENSION NEPTUNE」の公式サイトが更新され、システム"施設"が紹介されています。

公式サイト

四女神オンライン CYBER DIMENSION NEPTUNE

作中で利用できる施設の紹介ですね。

今回はクエスト型のゲームではオーソドックスと言える施設がメインで、特別に変わった施設は無い感じ。

まぁ元々が作中のオンラインゲームをネプテューヌ達がプレイする、と言うのがコンセプトのゲームなので、その辺りはオーソドックスにまとめたのでしょうね。

特に印象に残る情報では無かったですが、順調に情報が公開されているのは安心出来ます。残念ながら発売延期が告知された作品も有りますから(T.T)

発売予定 : 2017/2/9発売予定
対応機種 : PS4
ジャンル : ねぷねぷアクションRPG
プレイ人数 : 1人~4人

オープニングムービー

「ななしのアステリズム」第21話公開

第21話が公開されています。

公式サイト

ななしのアステリズム - 漫画 - ガンガンONLINE | SQUARE ENIX

作中のアオリにも書いていますが、これで男子組のお話も一段落ですね。・・・昴君と朝倉君の気持ちを考えると一件落着とは言い辛いと言うか、あくまで"一件"終わっただけ、と言う感じですが(苦笑)

しかし・・・朝倉君が「一か所にそんな事情を抱えた人間が自然に集まるわけないよな」と思っている事に思わず苦笑い。うん、君の周り、そんな事情を抱えた人ばっかりだよ、とr(^^;)

まぁでも男子組はある程度は収まる所に収まって良かったですが、今度は女子組が・・・。

当サイト的(百合的)には女子組こそが見所と言えますが、あっちはあっちで絶賛大揉め中ですからねぇ・・・楽しみではあるけど、しばらくまた胃が痛くなりそうです(苦笑)

新刊