« 4月 2017 5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Category Archives: うらら迷路帖

「うらら迷路帖」第7-12話 百合的感想

壮絶に遅れての視聴感想ですが(苦笑)、今回は後半戦を語ろうかと!

前半の百合的ハイライト 小梅の過去(小梅とマリの出会い)

後半は千矢の出生の謎が見え隠れするシーンや物語の節目となる”九番占試験”などストーリー性の高いエピソードが多くなっていきますが、百合的に外せないのは小梅が魔女を目指す切っ掛けとなった小梅の過去・・・小梅とマリの出会いでしょう!

思い出の憧れの人の弟子になるために国一番の魔女を目指すというシチュは勿論、過去の話とあって小梅が幼いためおねロリな感があるのも(o^-')b グッ!

マリは心無い噂のために小梅の元を離れなければならなかったという展開はちょっと切なかったですが、小梅が真っ直ぐにマリとの再会を目指して頑張っているので全く暗い感じにならなかったのも良いですね。

うらら迷路帖 第7話より
魔女の呪いのキスをするマリ
まぁ百合好き目線からすると100%誓いのキスですけどね!(爆)

マリは設定上、出番はあまり無いでしょうが百合的にはかなり美味しいキャラと言えるので、また小梅とのエピソードが見てみたいものです。

千矢の出生の謎、九番占試験 そして深まる千矢と紺の仲(笑)

ある種の階級制度となっている”うらら”である以上、ステップアップは必須。

メインの4人娘は一つの上の九番占試験に臨んでいく訳ですが・・・その前後で千矢の出生の謎の一端に触れる事に。

どうやら千矢・・・と言うよりも千矢の母である”矢見”は迷路町の神と因縁深い存在であり、その娘である千矢も特殊な能力を持っている模様(神を見る力?)。

謎の存在である”くろう”が千矢を守り、協力してくれる一幕もあり、ますます謎が深まったと言えるでしょう。

うらら迷路帖 第8話より
千矢と泉中術を行った紺は神様?が見えるように
これも千矢の特殊な能力が故でしょうか
まぁ個人的にはそれよりも泉中術の百合度の高さにキュンキュンでしたが(笑)
うらら迷路帖 第11話より
「叛逆の娘」と呼ばれ、異形の者に襲われるも謎の存在である”くろう”に助けられ事無きを得た千矢
千矢の占いにも協力してくれた事や以前に登場した事を考えると千矢を見守っていてくれる存在なのでしょうか

そういった、ちょっとシリアスな物語が有った訳ですが、百合的には着実に仲を深める千矢と紺の仲が注目!

泉中術によって神の姿を見た?=禁忌に触れた事によって力を失うかも?と落ち込む紺を千矢が励ましたり、逆に紺が千矢にお母さんに必ず会えると応援してあげたり。

互いに支え合う、正にカップルと呼ぶに相応しい関係になりつつありますね!

うらら迷路帖 第8話より
落ち込む紺を励ます千矢
この後、ノノや小梅も紺を励ましてあげますが、紺の一番は千矢というイメージが強いですね(笑)
うらら迷路帖 第12話より
未来の一番占が言うのだから、お母さんに必ず会えるという紺
相思相愛です(笑)

ちなみにお狐様もめでたく再登場し、やっぱり千矢にメロメロでした(笑)

色んな意味で千矢は紺と相性バッチリですな(笑)

うらら迷路帖 第10話より
やっぱり千矢にメロメロなお狐様
この事からも紺と千矢は相性バッチリなベストカップルと言えます(笑)
大人組も百合百合 でもダメ人間っぽいのが玉に瑕(笑)

千矢達の成長と青春がメインの本作ですが、大人達の百合も所々に有り!

特に九番占試験が終わった後の打ち上げでは、お酒の力もあって千矢達以上に盛り上がっています。

うらら迷路帖 第12話より
素面の状態でもイチャつく佐久とニナ
ニナさんってナチュラルに誘惑してくるよね(笑)
うらら迷路帖 第12話より
酒が入ったせいか「(酒に酔ったニナの言動を)そういう所もニナの可愛い所なんだけどな」と惚気る佐久
そういう所”も”と言っている辺りに愛を感じます(笑)

まぁ酒を飲んでいる描写が無いのにハイテンションな大島と塩沢の方が酷いと言うか、訓練されていると言うか、通常運転(笑)と言うか、ですが(笑)

特に佐久とニナの娘になって家族になりたい、どうにかして佐久隊長の人生に関わりたい!と言い出した時は「こいつら、訓練され過ぎィィ!」と思いました(笑)

うらら迷路帖 第12話より
「愛ゆえの暴走!」練度もそうだけど常に息ぴったりなのも凄いよね、この二人

いや、しかし、好きな人が自分以外の人と良い感じになるのに嫉妬するでもなく、むしろ二人がくっ付いた後の子供に収まろうとする考えは逆に関心したと言うか、また新しい百合に目覚めそうになりました!(笑)

何と言うか「その手があったか!?」みたいな(笑)

ライトなノリですが、これって逆に重くね?みたいな感じで、この二人には終始楽しませて貰った感じですね。

そして物語は九占塾編へ続くも、アニメはここで一区切り

原作では九占塾編に続き、新キャラも登場しますが、アニメはここで一区切り。

アニメ単体で見れば、お話としてはやや中途半端ですが、百合的に楽しかったですし原作とはまた違った趣があって非常に楽しかったです!

是非、第2期が実現して九占塾編がアニメとして見れる事を期待したいですね!

当サイトの次の記事

うらら迷路帖 – 百合ゲーム時々、他事語り

当サイトの以前の記事

「うらら迷路帖」第1-6話 百合的感想

公式サイト

うらら迷路帖 公式ホームページ|TBSテレビ

「うらら迷路帖」第1-6話 百合的感想

さてさて、ゲームを優先していたので視聴が遅れているアニメ作品。

2017年冬アニメの視聴第1弾は訪問者様から「百合的にどうでしょう?」という質問を受けた事もあり、本作からスタートです!

千矢の出生に謎はあるもの、基本は日常ほのぼの

占の都である迷路帖へ母親を捜すために訪れたという千矢は出生が丸っきり謎・・・生まれた時から母親に会っていないため名前も顔も分からない上、父親に関する話も無し。分かっている事は千矢はずっと山で母親の友人というセツに育てられていた事だけ。

しかも千矢は母親を捜す手掛かりが全く無いため、占い師「うらら」の最高峰である”一番占”になり”伝説の一番占”に占ってもらう(もしくは自分で占えるだけの実力を付ける)事に。

冷静に考えると結構へヴィーな設定かつストーリーなのですが、そこはきらら系作品。

基本的には同じく占い師である「うらら」を目指す紺、小梅、ノノと共にニナ先生から占いを学びつつ、イチャイチャな穏やかな日常を過ごすという展開。

たまに千矢の出生の謎が垣間見えるようなエピソードも有りますが、肩の力を抜いて見れる作品ですね。

うらら迷路帖 第5話より
迷路町の神様?と出会う千矢
本当に迷路町の神様なら選ばれた者しか見る事が出来ないのですが・・・千矢の出生と関係あり?
百合的には安定のきらら節 千矢のたらし力もとい主人公力が嬉しい(笑)

個人的には千矢とのカプは紺がイチオシですが(笑)、主人公パワーのせいか小梅やノノとの絡みも多く、妄想し甲斐が有ります!

紺、小梅、ノノいずれの娘とも秘密を打ち明け合ったり、励まし合ったり。千矢は一歩間違えばたらしキャラまっしぐらですね(笑)

うらら迷路帖 第2話より
流れ星を見つけようと二人で夜空を見上げる千矢と紺
百合好きとしては、この構図だけで萌えます(笑)
うらら迷路帖 第3話より
千矢が髪を切りたくない理由など、お互いの事を知って距離が縮まった千矢と小梅
個人的な趣味ですが、女の子が女の子の髪に触れるって萌えるんですよねぇ(笑)
うらら迷路帖 第4話より
ほくろ占いの授業を通して、ノノがなりたい自分になれるよう”おまじない”をする千矢
見ている方も、そして恐らくノノもドキドキするシチュですね!

ああ、そう言えば紺に憑りついたお狐様も籠絡していたなぁ・・・千矢。

あの時の手練手管を使いこなせば、本当にたらしキャラになれる・・・かも知れません(笑)

うらら迷路帖 第6話より
すっかり千矢にメロメロになり、終いには「嫁入りじゃー!」とまで言っていた”お狐様”
最終的にはお帰りになった訳ですが、こんなシチュを見た後だと再登場願いたいところですね
百合的には千矢達以外もポイント高し!

とまぁ千矢を始めとしたメイン4人も素晴らしいのですが、他の面々・・・ノノの姉にして先生のニナ先生やその友人の在久。そして佐久の部下である大島&塩沢も見所多し!

ん?冷静に考えるとキャラ全員が百合百合しいって事か?(笑)

でも本当にそうだから仕方ない!(爆)

特に大島&塩沢の佐久隊長ラブは訓練され過ぎぃぃ!!

優しくされようが、ぞんざいに扱われようが「佐久隊長、素敵!!」ですからね~。しまいには変装しているせいで正体不明の不審者と化している佐久にもときめく有様。

原作を読んではいますが、アニメになってもっともインパクトが増したのはこの二人なんじゃなかろうか(笑)

うらら迷路帖 第2話より
毎回のように差し込まれる大島&塩沢の佐久隊長ラブ(笑)
千矢はよく騒動を起こして怒られたり、追いかけられていたりしますが、本当にお巡りさんにお世話になりそうなのはこの二人なんじゃ・・・と言う気も(笑)

まぁ個人的には佐久とのカプではニナ先生が好みですが!

お約束かも知れませんが、おっとりしている人からの無意識攻めでタジタジになるというシチュがね、もうね!(笑)

うらら迷路帖 第1話より
ニナ先生から「お願い」をされる佐久
まぁこれをやられたら佐久じゃなくても参りそうですが(苦笑)
穏やかかつ百合度の高いお話が多く、安心して見れる作品

きらら系は安定していると先述しましたが、本作もその通りの作品ですね。

原作を読んでいたので、その辺りは心配していませんでしたが、動いて声が有ると火力が更に高くなるエピソードも有り、やはり楽しい!

上記では書き切れませんでしたが、ニナとノノの姉妹関係も良いですし、今後も楽しみな作品と言えますね!

当サイトの次の記事

「うらら迷路帖」第7-12話 百合的感想

公式サイト

うらら迷路帖 公式ホームページ|TBSテレビ