« 1月 2017 2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 3月 »

Monthly Archives: 2月 2017

「魔法少女育成計画 F2P」 第13話公開!

「魔法少女育成計画 F2P」第13話が公開されました!!

掲載ページ

魔法少女育成計画 F2P  |  このマンガがすごい!WEB

今回も各勢力の思惑や陰謀が交錯した回でしたが・・・一番の驚きは吉岡さん!!

この人のお蔭で序盤のシリアスストーリーが全部吹っ飛んだわ!!

まさか、ここでコイツが出て来るとは・・・こりゃあどう転んでも碌でも無い結果にしかならないなぁ(--;)

原作の「QUEENS」を読んだ方しか吉岡さんの正体は分からないと思いますが(本作のコマの中にヒントは出ていますが)、分かっている人には管理人のこの気持ち、察して貰えるかと。

「まほいく」なので後味が悪いEDになる覚悟は出来ていましたが・・・こりゃあほぼ確実に過酷な結末になりそうですね(苦笑)

「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」公式サイト更新 デートイベントもあるとか!

公式サイトが更新され、システムやイベントの一部が公開されました!

公式サイト

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣

今回も色々と情報が公開されましたが・・・当サイト的にはデートイベントが注目ですね!

いやまぁ要は放課後に一緒に遊びに行くという物なんですけど・・・百合好きとしては女の子が二人で遊ぶというシチュエーション自体が重要な訳ですよ!(爆)

公式によるとヒロイン毎に固有のイベントがあるみたいですし、これはかなり楽しみ♪ 戦闘で有利になるというのは勿論ですが、百合的にも交流値アップに励みたいところです(笑)

戦闘と言えば今回、ボスである原種との戦闘が詳しく紹介されていますね。

色々とな要素が有りますが、個人的に面白かったのはサポートしてくれるヒロイン達にもHP・MPがあるらしいということ。

てっきり固有のサポート効果を回数分使えるだけかと思っていたので、びっくりです。

これは思った以上に頼もしく、そして大変なシステムかも?ですね。

何せサポートメンバーのリソース管理も必要って事ですから。う~~ん、主人公である以上、日菜子には落した相手をしっかりと守る義務があるって事でしょうか(笑)

ざっと原種との戦闘解説を見た限り、エーテルとタイムラインの管理が重要そう。特にエーテルが無いとガードや回復がおぼつかなくなるようなので、しっかり管理しないと思わぬピンチになるでしょうね。

色々と慣れるまでが大変そうですが、その分やり込みだしたら面白くなりそうでますます楽しみになりました! フラグメントなどの装備・育成の要素も有りますし、ヒロイン達と百合百合しつつ(笑)戦闘も楽しみたいですね!

発売予定 : 2017/3/30
対応機種 : PS4/PSVita
ジャンル : ヒロイックRPG
プレイ人数 : 1人

PV 第2弾

プレイムービー02

PS4版 各種バージョン

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 プレミアムボックス (初回封入特典(オリジナルテーマ&ゲーム内コンテンツ「フリスペ! 」着せ替えテーマ ダウンロードシリアル) 同梱)

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 (初回封入特典(オリジナルテーマ&ゲーム内コンテンツ「フリスペ! 」着せ替えテーマ ダウンロードシリアル) 同梱)

PSVita版 各種バージョン

【Amazon.co.jp限定】 BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 スペシャルコレクションボックス (初回封入特典(オリジナルテーマ&ゲーム内コンテンツ「フリスペ! 」着せ替えテーマ ダウンロードシリアル) 同梱)

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 プレミアムボックス (初回封入特典(オリジナルテーマ&ゲーム内コンテンツ「フリスペ! 」着せ替えテーマ ダウンロードシリアル) 同梱)

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 (初回封入特典(オリジナルテーマ&ゲーム内コンテンツ「フリスペ! 」着せ替えテーマ ダウンロードシリアル) 同梱)

「Fate/EXTELLA」プレイ日記03

さてさて今回はタマモ編を語っていこうかと。

まだアルテラ編はプレイしていませんが、タマモ編はかなり好みでした!ネロ編も十分楽しませて貰いましたが、個人的には悶える展開の連続でニヤニヤを抑えるのが大変でしたよ、ええ(笑)

私利私欲と言われようと主人公との愛に生きるのがタマモ編

ネロが主人公と愛し合いながらも舞台となる”セラフ”を守ろうと奮闘していたのに対し、タマモは徹頭徹尾 主人公との愛に生き、それが以外は不要とすら言い放ちます。

スタートした直後は良く分かりませんでしたが、タマモは本性が玉藻前である事も有り主人公と愛し合いながらこの世の享楽を求める暴君として君臨している模様。

「Fate/EXTELLA」より
暴虐極まる発言ですが、主人公への一途な愛の裏返しとも言える訳で、ヤンデレ好きな身としては悶えます(笑)

個人的にはタマモと一緒に酒池肉林するルートも見たい気もしますが(笑)、タマモがこうした言動を取るには理由があるはずと主人公はタマモと添い遂げる覚悟を持ちつつ、行く末を見守ります。

そう、見守るのですが・・・タマモがグイグイ来て堪りません!(笑)

ネロも結構イチャついてくる方でしたが、何だかんだでネロは押されると弱いタイプでした。

が!!

タマモは押せ押せ。お蔭で夜這いされる事もしばしばで、管理人が何度ガッツポーズしたか分かりません(笑)

「Fate/EXTELLA」より
夜這い~からのお邪魔虫に邪魔されるまではラブコメのお約束(笑)
でも、ちゃんと夜這いが成功する展開があるのが本作の素晴らしいところです
・・・残念もとい当然ながら、詳しい描写は有りませんでしたが(苦笑)

とまぁ、こう書くとタマモが傍若無人な振舞いをしているだけみたいですが、その裏には鬱屈した感情があるからなんですね。

まずネロに対しては、ネロが主人公のメインサーヴァントであるという設定になっているため、今度こそ自分が主人公の愛を勝ち取るという一途ながら悲壮とも仄暗いとも感情を見せており、それが普段の明るい言動との対比もあってかなり萌えました!

「Fate/EXTELLA」より
ネロに勝利し、今度こそ自分が報われる番だと言わんばかりのタマモ
ネロを殺害するような事は有りませんでしたが、こういう一途ながらも暗い面を見せる娘に管理人は弱いのです

でもってアルテラに対しては暗に「これは三角関係で自分は絶対に負けないぞ」といった事を言う。

うん、もう管理人のツボをこれでもか!っていうくらい突いてくる展開に悶死するかと(笑)

「Fate/EXTELLA」より
アルテラの想いを察し、主人公の制止を振り切って戦闘に臨むタマモ
愚かかも知れないけど、こういった狂おしさが垣間見れる展開は個人的に大好きです
重い愛を受け止めて二人で幸せになる 管理人の大好物展開で大満足(笑)

とまぁ上記のように、こういう一途を通り越して重く狂おしい愛を見せるキャラって不幸になったり、今ひとつ報われないパターンが少なくないじゃないですか。

が!!

今回のタマモ編に関してはブッチギリで幸せになってくれます!!

いやもう今回のタマモ編を大絶賛してしまうのは、この辺りが管理人の好みにジャストミートだからなんですよね!

特に最終決戦前のタマモが自分の想いを吐露し、主人公がそれを叱り愛を持って受け入れる流れがもう大好き!

この項のタイトルでも書いていますが「重い愛を受け止めて二人で幸せになる」展開が大好物な身としては震える物が有りましたヨ!

「Fate/EXTELLA」より
タマモの真意を知り、それを叱りつつも一緒に生きようとタマモを受け入れる主人公
タマモがよく主人公を「イケ魂」と呼んでいますが、こんな事をされたら確かに惚れますわ(笑)

でもって、ラストがまた良いんですよ!!

いやネロ編も決して悪く無かったのですが、タマモ編が良かったのは主人公とタマモが幸せそうにしている&イラストが良かったのと、他のサーヴァントに対する言及があった事ですね。

直接登場しなかったのは寂しかったですが、メドゥーサがバイトしているとか、カルナが時々顔を見せに来て美味しいお店を教えてくれるとか、とても楽しい気分にさせてくれます。

タマモはメインサーヴァント設定では無いため不遇という話も聞きましたが、この”タマモ編”に限って言えば個人的には大満足で文句無しでしたね!

「Fate/EXTELLA」より
流石にラストのスクショを公開するのはどうかと思うので、主人公とタマモを良く表したシーンを一つ
EDの展開&イラストももまさにこんな感じでした
タマモ プレイアブルキャラとして

ゲーム的な面・・・タマモのプレイアブルキャラとしての感想も少し。

ネロが全般的に盛大に動き回り、敵を斬りまくれるのに対してタマモは「強力だが足が止まる」「攻撃範囲が狭いが強力」といったコンボ(技)が多くクセがある印象。

ですが、その分、ザコ敵やサーヴァントに対してコンボを使い分ける事によって有効に戦えるようになり、そういう意味ではネロより面白かったかも、ですね。

「Fate/EXTELLA」より
火炎放射(笑)は足が止まるものの強力で、序盤はお世話になりました
大きく動くコンボ技に乏しいのはネックですが、ダッシュ攻撃を活用すれば十分以上に戦えます

あと、あくまで体感ですが、パワーアップ状態である”ムーンクランチ”はタマモの方が強力な印象が有ります。まぁ一つにはネロのムーンクランチが使い辛かった(飛び跳ねる攻撃が多く、的が定まり辛かった)せいもあるかも知れませんが(苦笑)

タマモは序盤こそ上手く使いこなせず、副官のカルナさんに頼ったりしましたが、慣れれば上記の通りコンボの使い分けなどでかなり楽に戦えました!

まぁタマモ自身がよく言っているように紙装甲だと感じた事もちょくちょく有りましたけどね(苦笑)

「Fate/EXTELLA」より
実際にHPが低いかは検証していませんが・・・もし本当に紙装甲だとしても、そこは愛でカバーすれば良いのです(笑)

対応機種 : PS4/PSVita
ジャンル : ハイスピードサーヴァントアクション
プレイ人数 : 1人

当サイトの次の記事

「Fate/EXTELLA」プレイ日記04

当サイトの以前の記事

「Fate/EXTELLA」プレイ日記02

公式サイト

Fate/EXTELLA(フェイト/エクステラ) 公式サイト

フリップフラッパーズ

活発なパピカと内向的なココナ、対照的な二人が異世界冒険をしていく日朝アニメ路線(笑)と見せかけて様々なネタ、百合要素を盛り込んだ作品。

百合要素はてんこ盛り

パピカとココナが百合百合は当然として(笑)、ココナの横が自分の居場所であるともがくヤヤカ、ココナを溺愛する人格が登場する母親ミミと、王道な親友百合から親娘百合?な要素までてんこ盛り。

しかも途中でパピカはココナより実年齢ではずっと年上と判明したりと驚きの連続でしたね。

お話がやや難解な所は有りますが、百合要素の多さと意外性のお蔭で終始ニヤニヤさせて貰ったお話でした(笑)

お話はやや難解

様々なネタや人間関係を盛り込んでいる事もあって、後半はやや難解に感じる所も有りました。特にパピカが途中で若返ってしまった前後が管理人の頭では上手く整理できないですr(^^;)

まぁこの辺りは雑誌「メガミマガジン」のインタビュー記事で監督自身も認めている所なので、管理人の頭が弱いというだけではない・・・と思いたい(苦笑)

余談ですが、そのメガミマガジンの記事で物語が難解でも楽しめる要素の一つとして百合を取り入れ、盛り込んでいったという趣旨の回答があったんですよね。

これはつまり百合要素が人を楽しませるに足る要素である、と判断された訳で、散々「百合は売れない」なんて聞かされてきた身としては嬉しく感じました。

完全に百合を主軸にしていないのは、ちょっと残念ですが、作品に盛り込む要素の一つとして百合が有力な候補になっているという事は喜ばしい事ですね。

個人的に苦手な要素も有ったが、百合的に大満足&オススメ

個人的に苦手な要素・・・以前の記事でも言及したようにココナの出生に関して親の身勝手な部分を感じた部分も有りましたが、お話として暗くなり過ぎない程度のシリアスさ加減でしたし、毎回と言って良いほど百合要素をぶち込んでくれるので大満足(笑)

〆もココナとパピカの幸せを予感させる物でしたし、結果としては楽しめた作品だったと思います。

当サイトの関連記事

フリップフラッパーズ 各話感想 – 百合ゲーム時々、他事語り

公式サイト

TVアニメ「フリップフラッパーズ」公式サイト

「あにめたまえ!天声の巫女」 第十四話 15ページ目現況 公開

第十四話 15ページ目現況が公開されています。

公式ページ

『あにめたまえ!天声の巫女』 【オンラインで無料連載中!】

さてシャルリーヌの夢の導入部分といった感じですが・・・ここで火凛の名前が!

心火にはツンケン-と言ってもツンデレですが(笑)-していましたが、火凛の事はママと呼んでよいか悩むなど、かなり慕っている様子。

まさかの年の差百合?という感じで、二人の関係性が気になるところ。これまでにも書いていますが、シャルリーヌはまだまだ分からない所が多いので続きが楽しみですね。

当サイトの関連記事

※これまでのニュース記事

Category Archives: あにめたまえ!天声の巫女

公式サイト

あにめたまえ!天声の巫女

単行本特設ページ

『あにめたまえ!天声の巫女』第一巻・特装版 - あにめたまえ!氏子会

「単行本化プロジェクト」企画参加ページ(参加終了しています)

目指せ独力で連載&出版! 『あにめたまえ!天声の巫女』単行本化プロジェクト

PV 【はららのご挨拶編】

ドラマCD-試聴版-

単行本 超オススメです!

kindle版

ドラマCD

「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」 ”キャラクタームービー 蜷川 麻央”公開

”キャラクタームービー 蜷川 麻央”が公開されています。

キャラクタームービー 蜷川 麻央

今回のキャラムービーは蜷川 麻央のムービーですね。

元天才子役でリーダー気質の娘という設定ですが、確かにケンカの仲裁をしたり、凛々しく宣言したりとカリスマを感じさせる言動が多い印象です。

こういうタイプは良くも悪くも人間関係が多いので、日菜子が特別になる・・・百合的に楽しめる関係性になるかは未知数かな。

とは言え、メインキャラの一人という事でイベントも有るようですし、スクショを見る限り絡みも多そう。芸能界という闇も深そうな業界にいるため日菜子が助ける場面も多いでしょうし、そこに期待したいところです!

公式サイト

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣

PV 第2弾

プレイムービー02

PS4版 各種バージョン

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 プレミアムボックス (初回封入特典(オリジナルテーマ&ゲーム内コンテンツ「フリスペ! 」着せ替えテーマ ダウンロードシリアル) 同梱)

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 (初回封入特典(オリジナルテーマ&ゲーム内コンテンツ「フリスペ! 」着せ替えテーマ ダウンロードシリアル) 同梱)

PSVita版 各種バージョン

【Amazon.co.jp限定】 BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 スペシャルコレクションボックス (初回封入特典(オリジナルテーマ&ゲーム内コンテンツ「フリスペ! 」着せ替えテーマ ダウンロードシリアル) 同梱)

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 プレミアムボックス (初回封入特典(オリジナルテーマ&ゲーム内コンテンツ「フリスペ! 」着せ替えテーマ ダウンロードシリアル) 同梱)

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 (初回封入特典(オリジナルテーマ&ゲーム内コンテンツ「フリスペ! 」着せ替えテーマ ダウンロードシリアル) 同梱)

DLsite様で同人作品20%ポイント還元セール中(2017/3/1 12時まで)

DLsite様でセールをしているので話題に。

DLsite様同人作品トップページ

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

タイトルで既に書いていますが、(恐らく全ての)同人作品が20%ポイント還元されていますね。

正直、20%ポイント還元もしくは20%OFFならばDMM様でしょっちゅうやっているのでお得感は薄めなのですが(苦笑)、全年齢向け作品では断然DLsite様の方が充実しています。

そのため全年齢向け同人作品で興味がある物があればチェックしておくと良いかと。特に先日DL版が発売されたばかりのアストロメイデン/アポストロ (DLsite様ページ)は2017/3/4までの10%OFFセールと合わさるので、かなりお得になりますね。

あとは・・・あとりえ雅(藤枝雅先生のサークル) の同人誌は価格が控えめながらページ数が多めな物が多いので、作風が合えばかなり楽しめるんじゃないかと。

期間がちょっと短めなので慌てず、しかし出来るだけお得にお目当ての作品を購入できるようにしたいですね。