« 2月 2017 3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 4月 »

Daily Archives: 2017年3月8日

最後にして最初のアイドル

「ラブライブ!」の2次創作として発表されつつも第4回ハヤカワSFコンテスト特別賞を受賞したという異色作。

経緯が特殊だからか、物語がぶっ飛んでいるからなのか、受賞作という栄誉に浴しながら紙書籍化していないというのも、また異色な作品。

物語がぶっ飛んでいると先述したが、凄まじい勢いで物語を読ませるパワーを持っており、最後に「・・・アイドルって何だったっけ?」と思わせる事請け合いな作品です(笑)

物語としてはSFらしい壮大なスケールで展開

最初の意味深な文章から古月みかと新園眞織(「ラブライブ!」におけるにこちゃんとマキちゃん)の出会い、そして古月みかのアイドルへの憧れとそれに対する挫折と苦悩・・・。

ここまではある意味で普通のアイドルを目指す女の子のストーリーと言えるでしょうが・・・途中からどんどんと衝撃的な展開―おかしな展開とも言います(笑)―へ向かって行きます。

何せ比喩でも何でもなく人類は滅亡して行き、みかと眞織は人間を辞めますからねぇ。

そしてお話は宇宙や生物の成り立ちの域にまで達する事に。

う~~ん、SFってあまり良く知らないけど、何となく”SFらしい”壮大なスケールのお話で楽しい&笑えましたし、冒頭と最後の文章が纏まっていく様は圧巻。

途中に色々とツッコミ所・・・「それ絶対、アイドル活動じゃねぇだろ!」とか「バイオハザードも真っ青だよ!これ!!」とか有りましたが(笑)一気に読ませるパワーのある面白い作品だと思います。

百合としては悪くは無いけど、やや物足りない

百合としては・・・中々微妙な所では有りますね。

確かに百合要素を阻害する要素は有りませんし、眞織の異常とも言える愛がみかを「最後にして最初のアイドル」足らしめる切っ掛けを作ったのは好印象です。

ですが中盤辺りで眞織は退場してしまい、それ以降はみかも”アイドル活動”だけに専念してしまうため、物足りないというのが正直なところ。

みかが人間を超越した”アイドル”になっていくのがお話の本筋なので、そういった人間的感情の最たる物である”愛”が段々と脇に行ってしまうのは仕方ないかも知れませんが・・・もう少し百合要素を掘り下げて欲しかったところでは有ります。

最後に注意点

ネタバレると面白さが半減するタイプの作品なので、あまり言及しないようにしていますが苦手な人が多そうな要素があるので少し補足。

「バイオハザード」、「永い後日談のネクロニカ」、「ゾンビ屋れいこ」etc・・・こういった内容の作品の表現を想像して「無理!」と思う方は読むのを避けた方が良いかも?です。

まぁ挿絵は無いので視覚的にいきなりショックを受ける事は無いでしょうが・・・作中にもある通り”アイドル活動”は過酷で厳しいのでファンたる読者もまたそれなりの覚悟が要る、と言う訳でしょうね(笑)

閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH」 公式サイト更新 キャストメッセージ公開(レジェンド&司会進行メンバー)

キャスト(声優さん)メッセージが公開されました。

公式サイト

『閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH』公式サイト

順当に月閃、蛇女メンバーかと思いきやレジェンド&司会進行メンバーのキャストメッセージが公開されましたね。

キャラクターがレジェンド&司会進行という大物ポジションなせいか、声優さん達も踏み込んだ発言(「おっぱい」とかw)が多くて面白いです。

特に浅川さんとか「自分に息子が居たらとして、もし(今回の「閃乱カグラPBS」を)VRを付けてプレイしてたら後ろから引っ叩くと思う」なんて事を言ってますが、それ言っちゃってよいの!?みたいな(笑)

今回のメンバーは他のキャラと絡む機会が少なめなので、どうしてもお色気要素に注目したメッセージが多く、百合=キャラの関係性を楽しんでいる身としてはちょっと寂しかったですが、今回も楽しそうな雰囲気が伝わる面白いメッセージでした!

発売予定 : 2017/3/16予定
対応機種 : PS4
ジャンル : 爆乳ウォーターバトル
プレイ人数 : 1~10人

プロモーション映像第2弾

オープニングアニメーション

Amazont特典付き
超限定にゅうにゅう5周年DXパック/にゅうにゅうDXパック/通常版

Amazont特典無し
超限定にゅうにゅう5周年DXパック/にゅうにゅうDXパック/通常版

「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」OPムービーなどが公開

OPムービーなどが公開されています。

公式サイト

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣【ブルリフ】

OPムービー

今回は限定版の同梱物情報とOPムービーが公開されていますね。

特にOPムービーはアニメのような演出が非常に綺麗で好印象。

ただ・・・日常シーンはともかく戦闘シーンも入っているので、歌がちょっと合わない感じはあるかなぁ。

まぁOPムービーがゲームの面白さに直結する訳じゃないですし、この辺りは個人の好みですからね。

発売予定 : 2017/3/30
対応機種 : PS4/PSVita
ジャンル : ヒロイックRPG
プレイ人数 : 1人

PV 第2弾

プレイムービー02

PS4版 各種バージョン

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 プレミアムボックス (初回封入特典(オリジナルテーマ&ゲーム内コンテンツ「フリスペ! 」着せ替えテーマ ダウンロードシリアル) 同梱)

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 (初回封入特典(オリジナルテーマ&ゲーム内コンテンツ「フリスペ! 」着せ替えテーマ ダウンロードシリアル) 同梱)

PSVita版 各種バージョン

【Amazon.co.jp限定】 BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 スペシャルコレクションボックス (初回封入特典(オリジナルテーマ&ゲーム内コンテンツ「フリスペ! 」着せ替えテーマ ダウンロードシリアル) 同梱)

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 プレミアムボックス (初回封入特典(オリジナルテーマ&ゲーム内コンテンツ「フリスペ! 」着せ替えテーマ ダウンロードシリアル) 同梱)

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 (初回封入特典(オリジナルテーマ&ゲーム内コンテンツ「フリスペ! 」着せ替えテーマ ダウンロードシリアル) 同梱)

「FLOWERS秋篇(PC版)」プレイ日記03

さてさて少しずつ進めている「FLOWERS秋篇」ですが今回は推理も無く、主人公である譲葉先輩は大変だったものの百合的に美味しいイベントも多く楽しい展開でした!

譲葉先輩の悩みは尽きないもののコミカルなイベントのお蔭で楽しい

沙沙貴姉妹からの好意、ネリネ先輩への慕情。主人公たる譲葉先輩は悩みを誰にも相談出来ぬままのため悶々としているためか変な夢を見たり、周囲から気遣われたり。

譲葉先輩自身は悶々としていますが、プレイヤーからすると中々に楽しい状況でも有ります(笑)

特に夢の内容が。まるで譲葉先輩が沙沙貴姉妹とネリネ先輩の多角関係の中心となっているかのようで、大変なようで意外に楽しんでいるんじゃないか、この人?という気にもなってきます(苦笑)

Copyright Innocent Grey/gungnir All Rights Reserved.
URL:http://www.gungnir.co.jp/innocentgrey/
「FLOWERS秋篇」より
夢の中という事で性格が悪いネリネ先輩
でも譲葉先輩が「気が多い」というのは表面上は然りですし、こういう高圧的なネリネ先輩も悪く無いという気も(笑)

またコミカルと言えば、譲葉先輩の髪型チェンジのシーン。

三つ編みおさげ、サイドポニー、ツインテールと様々な譲葉先輩を見れるファンサービスたっぷりのシーンで個人的にも大満足。

まぁ譲葉先輩はどれも似合わないなぁ・・・と不満&悲しそうでしたが、サイドポニーとツインテールは中々良かったと思います。

三つ編みおさげは・・・ちょっと厳しい物があるかな、と思いましたが(苦笑)

まぁネリネ先輩からの評価を気にしていた所へバッチリのタイミングで入って来るネリネ先輩に関しては 「タイミング良過ぎだろ!いい加減怖いよ、この人!?」 と思っちゃいましたが(笑)

ネリネ先輩、譲葉先輩に何か変化があると100%的確に気付いて来るし、今回は今回で別室なのにタイミングバッチリで表れるしで、一歩間違うとホラーですよ、この人(笑)

Copyright Innocent Grey/gungnir All Rights Reserved.
URL:http://www.gungnir.co.jp/innocentgrey/
「FLOWERS秋篇」より
ツインテールの譲葉先輩
これはこれで新鮮&可愛いと思いますが、ネリネ先輩があまりに良いタイミングで表れるので、その印象が吹っ飛びました(笑)
譲葉先輩のネリネ先輩を好きになった経緯が明かされる うん、こりゃ惚れるわ

コミカルな展開で誤魔化されてはいますが、譲葉先輩の悩みと問題自体は一向に解決されていません。

そんな中、譲葉先輩は紅葉狩りをしている最中に足を挫いて一人動けなくなるという状態に陥いる事に。

そんな状況の中、過去の回想が語られるのですが・・・それがネリネ先輩との出会いだったんですね。

これまでにも時折語られていましたが、昔は内向的だった譲葉先輩が転んだ際に活発なネリネ先輩に助けて貰ったこと。これが譲葉先輩がネリネ先輩に好意を持つ切っ掛けだったようです。

些細な切っ掛けと言えばそれまでですが、心細く悲しい時に助けてくれる、しかも颯爽とも言える姿で助けられればときめかない方が不自然というもの。

Copyright Innocent Grey/gungnir All Rights Reserved.
URL:http://www.gungnir.co.jp/innocentgrey/
「FLOWERS秋篇」より
転んでしまい、一人で悲しみと痛さに耐えている所に差し伸べられた手
小さな事かも知れませんが、辛く苦しい時に差し伸べられる手ほど嬉しい物は有りませんよね

で!!

お約束かも知れませんが、今回も譲葉先輩を救ったのはネリネ先輩な訳ですヨ!!

元々好きだった所にこんな昔の慕情をくすぐるようなシチュエーションをやられたら、ますます好きになる決まっています!

一度はその辛い想いに心が揺れていた譲葉先輩ですが、これはやっぱり諦めれるものじゃあないですね。

Copyright Innocent Grey/gungnir All Rights Reserved.
URL:http://www.gungnir.co.jp/innocentgrey/
「FLOWERS秋篇」より
一度はネリネ先輩への想いが揺れた譲葉先輩ですが・・・この後、ネリネ先輩に救われ改めて自らの想いを再確認する事に
が、ストーリーとしてはまだ動きは無い

とまぁ以上のように譲葉先輩はとてもじゃないですがネリネ先輩を諦めるなんて出来ない様に思えますが、今の管理人がプレイしている時点では結局、お話自体は動いていない・・・譲葉先輩は何も決断できていない状態です。

譲葉先輩が足を挫いてしまったのは沙沙貴姉妹が原因である部分も有りますし、状況的にはネリネ先輩とのルートになりそうですが・・・。

とは言え、選択肢がまだあまり出ていない事も有り、まだまだどんな展開になるか分かりません!

ネリネ先輩とのEDを目指しつつ、今後の展開を楽しみたいと思います!

今回の立花さん

はい、今回も蛇足を語ります(笑)

と言っても今回は珍しく嘆きでは無く(笑)、立花さんの可愛いシーンが見れた喜びを語りたい!

そう、プレイ済みの方ならお察しのあの「おヒゲ!」のシーンです!

いやまぁ立花さん本人からすれば凄まじく恥ずかしい場面だった訳で、不遇と言えば不遇ですけど・・・リアルゾンビやるよりは遥かにこっちの方が良いよね!?と言う訳です(笑)

Copyright Innocent Grey/gungnir All Rights Reserved.
URL:http://www.gungnir.co.jp/innocentgrey/
「FLOWERS秋篇」より
思わず「そうそう!プレイヤーはこういうのを求めているんだよ!!」と叫びました(笑)

あと印象的だったのは「立花さんが上級生にシンパを増やしつつある」という譲葉先輩の評があった事でしょうか。

プレイヤー目線からすると不遇感ばかりが目立つ立花さんですが(苦笑)、作中ではちゃんと評価して貰っているようです。

・・・こういった評価と同時に「(一緒に居た蘇芳も含めて立花さんへは)羨むもどこか嫉妬の視線が潜んでいる。そう観えた。」という評があるのが気になりますが。

う~~~ん、蘇芳もセットでの評ですが、なんでこう結局は不遇な感があるんでしょうね、立花さん(。´Д⊂)

恐らく今後、蘇芳の選挙の事も有るでしょうし、今回の譲葉先輩の見立てが刺さるような事が無いと良いのですが・・・。譲葉先輩の恋情も含めて気になるところです。

対応機種 : PC(Windows)/PSVita
ジャンル : 百合系ミステリィADV
プレイ人数 : 1人

当サイトの次の記事

「FLOWERS秋篇(PC版)」プレイ日記04

当サイトの以前の記事

「FLOWERS秋篇(PC版)」プレイ日記02

PC版公式サイト

FLOWERS

PSVita版公式サイト

FLOWERS秋篇

PC版

PSVita版

成人向け百合アンソロジー「Lガールズ」が5巻で終了らしいとのこと・・・

訪問者様から寂しい情報・・・牛乳リンダ先生のツィートで成人向け百合アンソロジー「Lガールズ」が5巻で終了らしいと呟かれていると教えて頂きました・・・。

該当ツィート

おおう・・・定期的かつ安定して百合アンソロを供給してくれた本がまた一つ消えてしまう(。´Д⊂)

色んな所でちょくちょく百合要素のある作品は増えて来ましたけど「これ買っとけば質、量ともに安心」と言うか、丸ごと1冊百合という本が安定して続くのは厳しいんでしょうか・・・。

まぁ訪問者様から頂いた情報によると今回の終了は売上云々と言うよりは会社の都合が原因?みたいな話もあるらしく、一概に売れなかったから(人気が無かったから)終了とも言えないようですが。

何にせよ「Lガールズ」が今月で一区切り付く可能性は高いようですね。

ただ詳細は分からない事や本シリーズは名称を何度も変えて続いてきた事を考えると、一時的な終了になる可能性はゼロでは無い・・・と思いたいところです。(売上が原因では無いのなら尚更)

また形を変えて復活する事を祈りつつ・・・今後の単行本などを楽しんで行きたいところです。