« 2月 2017 3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Daily Archives: 2017年3月13日

「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」 ゲームの流れや序盤のストーリーが公開

ゲームの流れや序盤のストーリーが公開されています。

記事掲載サイト様

電撃 - 『ブルーリフレクション』で重要な3つのパートやメインストーリーの序盤が判明。ゲームのポイントもお届け

公式サイト

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣【ブルリフ】

ゲームの流れは今までのプレイ動画等である程度分かっているので、おさらいといった感じですね。

とは言え、新しいスクショが公開されたりと、今まで以上にゲーム内容や日菜子の日常がどんな感じが掴み易くなっているのはグッド。

まぁ「下着を1回私に貸して!」と宣うしほりに関しては何事!?Σ( ̄■ ̄;;って感じですが(笑) 一体全体、何の話をしているのやらr(^^;)

そして驚くと言うか予想以上だったのが早苗の日菜子への感情ですね。

以前から日菜子に憧れていたという早苗ですが、スクショを見る限り相当重いと言うか、ヤンデレレベルに達してるような・・・。

いやまぁ個人的にはメチャクチャ好みですけどね!

まぁ病み要素は日菜子達が解決するのでしょうが・・・日菜子からすると早苗の強烈な感情を垣間見た上で友達付き合いをする訳ですが、これって結構気恥ずかしいというか、中々”来る”物が有りそうな気がしますねぇ・・・見方によっては薄い本が捗りそう(笑)

しかし・・・ストーリー(エピソード)がかなり紹介されていますが、これかなりネタバレしている気がしないでも無いですねぇ。

「よるのないくに」も公式サイトでかなり情報公開されていましたが・・・どんな内容か分かり辛いと手を出し辛いって人がそれだけ多いっていう事なんでしょうか? まぁリサーチ不足で俗に言う”地雷”を多々踏んだ事が有る身としては有難いと言えば有難いのですが(苦笑)

発売予定 : 2017/3/30
対応機種 : PS4/PSVita
ジャンル : ヒロイックRPG
プレイ人数 : 1人

OPムービー

PV 第2弾

PS4版 各種バージョン

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 プレミアムボックス (初回封入特典(オリジナルテーマ&ゲーム内コンテンツ「フリスペ! 」着せ替えテーマ ダウンロードシリアル) 同梱)

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 (初回封入特典(オリジナルテーマ&ゲーム内コンテンツ「フリスペ! 」着せ替えテーマ ダウンロードシリアル) 同梱)

PSVita版 各種バージョン

【Amazon.co.jp限定】 BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 スペシャルコレクションボックス (初回封入特典(オリジナルテーマ&ゲーム内コンテンツ「フリスペ! 」着せ替えテーマ ダウンロードシリアル) 同梱)

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 プレミアムボックス (初回封入特典(オリジナルテーマ&ゲーム内コンテンツ「フリスペ! 」着せ替えテーマ ダウンロードシリアル) 同梱)

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 (初回封入特典(オリジナルテーマ&ゲーム内コンテンツ「フリスペ! 」着せ替えテーマ ダウンロードシリアル) 同梱)

「Fate/EXTELLA」プレイ日記04

今回は一気にアルテラ編に突入!・・・とは行かず、少しばかり寄り道してサブストーリーであるメドゥーサ、アルトリアをプレイして見ました。

事前に伺っていた通り、と言うか予想以上に短ったのは残念ですが、本編に絡めつつ細かい設定を無視して主役となったサーヴァントのお話が展開されたのは非常に楽しかったです!

またメドゥーサ編は百合的にも楽しめましたしね!

メドゥーサ編 ある意味で予想通りながら非常に楽しいオチ

”メドゥーサ”という反英雄設定も然る事ながら、暴君として振る舞うタマモに心から忠誠を誓っているはずもなく。(これは本編でも仄めかされていました)

プレイヤー視点では思いっ切りメドゥーサが怪しい動きを見せていたので、お話という意味では意外性は薄かったかな。

まぁ先述した通り、このサブストーリーは非常に短いので、あまり込み入ったお話は出来ないのでしょうが・・・。

「Fate/EXTELLA」より
タマモに忠誠を尽くしている訳では無い事を敵サーヴァントに説くメドゥーサ
この辺りは本編でも分かっていましたが、まさかああいうオチになるとは(笑)

とは言え、メドゥーサ編はラストが意外&百合的ご褒美でしたヨ!!

ここまでの流れで、メドゥーサが下剋上をかます事はお察しですが、ついでに主人公まで強奪する流れになりますからね!(爆)

お蔭で主人公に迫りつつ顎クイするメドゥーサという眼福イラストを拝めます。(因みにタマモは後ろで封印されて悔しがりつつ、その様を眺める羽目にw)

メドゥーサ曰く「(主人公について)キャスターとは話が合いませんが、趣味は合うようです。」との事で、結構本気で主人公を落としにかかっている感じですね(笑)

アルテラが絡まないなど、お話としてはあくまでサブストーリー、箸休めな感が有りますがオチで百合的に大いに楽しめたので良し!です(笑)

・・・タマモ編でキュンキュン来た身としては、ちょっとだけ心が痛みましたけどもr(^^;) 特に戦闘中は「んもう!頼りになるんですから!」みたいな事を言われてましたからねぇ(苦笑)

プレイアブルキャラとして メドゥーサ

蹴りを主体としつつ、チェーンによる攻撃や突進、目からビーム(笑)など面白い攻撃が多いですね。

やや変則的ですが、目からビームこと魔眼による攻撃が攻撃範囲が広めで使いやすく慣れて来ると楽しかったです。

あとタマモも・・・と言うか全キャラかもしれませんが(苦笑)、ダッシュ攻撃で何とかなる場面が多いですしね。

「Fate/EXTELLA」より
目からビーム出したり、鎖で捕まえてぶん回したり
正統派では無いが故に変わった攻撃が多くて楽しかったです
アルトリア編 色んな意味であっさり風味。あくまでゲスト参戦という事かな

アルトリア編はアルトリアがセラフの平和のために各勢力と戦い対話していく、という物なのですが・・・そういったテーマはあくまで本編で語られる事であるため、かなりあっさり風味で見所に欠ける感は有りますね(苦笑)

「Fate/EXTELLA」より
ネロ、タマモ、アルテラ 各勢力と刃を交えつつセラフの平和のために戦うアルトリア
シチュエーションとしては王道ですが・・・

結局オチとしてはネロが決着を付けたものの、アルトリアは影でその手助けをした形になった言う物。

戦闘シチュエーションもいきなり各陣営のサーヴァントと戦うため良くも悪くもすぐに決着が付きますし。

タイトルでも書きましたが、Fateシリーズの看板キャラがゲスト参戦しました、という意味合いが強い印象です。(出現/使用可能条件も特殊ですし)

まぁラストで大食いかますアルトリアの横で財布の心配をする主人公は可愛かったですが(笑)

プレイアブルキャラとして アルトリア

クセがある・・・と言う訳では無いのですが、突進する攻撃や舞い上がる攻撃が多く、的を外す事が多かったですね(苦笑)

いきなりサーヴァント戦になるシチュエーションばかりなので、慣れない内に猛攻に晒される事もあり、使い辛い印象になっちゃいました(苦笑)

「Fate/EXTELLA」より
強力だけどしっかり当てないと隙がある、そんな印象の攻撃が多かった印象です
まとめ

サブストーリーはあくまで番外編というポジションのようですね。

まだ女性キャラのサブストーリーが上記2キャラ以外出ていないので百合的にどのくらい楽しめるか分かりませんが、本編の設定にあまり頓着しない分面白い話も有りそう。

時間を見つけて男性サーヴァントのサブストーリーもやって行きたいと思います。まぁ勿論、優先するはアルテラ編と女性キャラのサブストーリーですが(笑)

対応機種 : PS4/PSVita
ジャンル : ハイスピードサーヴァントアクション
プレイ人数 : 1人

当サイトの以前の記事

「Fate/EXTELLA」プレイ日記03

公式サイト

Fate/EXTELLA(フェイト/エクステラ) 公式サイト