« 4月 2017 5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

訪問者様より「このはな綺譚」アニメ化決定との情報を頂きました!

訪問者様より「このはな綺譚」アニメ化決定との情報を頂きました!(情報ありがとうございます!)

ツィッターによる告知ページ

イヤッフーー!!!

おおう、今年に入って百合漫画のアニメ化決定はこれで4本目ですよ、奥さん!!(錯乱)

いやぁ、つい先日「あさがおと加瀬さん。」のアニメ化決定の情報を頂いたばかりだというのに、もうこんな朗報が飛び込んで来るとは・・・!

この調子でゲーム方面も「よるのないくに2」の発売日決定の報が飛び込んでこないかなぁ(遠い目)

と、話が逸れました(苦笑)

しかし・・・古参の百合好きさんはよくご存知でしょうが本作は長らく変遷した(苦境を味わったとも言う)作品ですが、こうやって大々的な展開になった事は喜ばしい限りです。

・・・管理人は本作がコミックバーズ様で連載再開した時に「これで”このはな綺譚”がアニメ化でもしたら百合姫の方は目も当てられないな」と思ったものですが、それが実現してしまうとは(苦笑)

そういう意味では百合姫編集部は反省して「百合姫S」で打ち切りにした作品をキチンと完結して欲しいなぁ。特に「flower*flower」に関しては今でも続きを読みたいぞ!

・・・何かまた話が逸れましたね(苦笑)

まだ詳細は公開されていないようですが、元の内容が良い事を考えれば不安要素はほぼ無し。じっくりと楽しみに待ちたいと思います!!

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

※半角文字が含まれると、その種類や組み合わせによってはファイアウォールによってエラーが出る(サイトへの攻撃と誤認される)事が有ります。
その際はお手数ですが、半角文字を使用しないようにするなどして再度コメントして頂くようお願いします。

2 thoughts on “訪問者様より「このはな綺譚」アニメ化決定との情報を頂きました!”

  1. 秘村シキです。またまたコメントを!
    …………といっても、遅くなり過ぎた
    FLOWERSとウィクロスのコメントをしようかと
    思っていたのですが、(忙しくて、ちまちまとコメントを書いていました(苦笑))
    心惹かれたので、ここにコメントをしようかとw

    まあ、恥ずかしながら「このはな綺譚」シリーズは、ノーチェックでした(苦笑)
    何となく、一度ほど管理人様が記事にしていたような記憶があるのですが………(汗)
    このサイトを見ていると、自分のチェックの甘さを時々、感じますね(苦笑)

    興味を惹かれたのはツイッターの紹介漫画ですね。
    話やキャラ、絵柄が好みに合致しそうな感じと、
    あと作者さんの頑張りが、とても好感触だったのでw

    早速、新装版の「上」からアマゾンで注文してみました!

    さて、あと、ここから、FLOWERSのコメントです。
    なんか、分割っぽくなって、すみません(苦笑)

    確かに、事件が多い学校ですよね(苦笑)
    また、推理物語なわけですから、どこかの名探偵の如く
    呪われていても仕方ないのかもしれませんね(苦笑)

    モブキャラの演出の薄さは、やっぱり辛いですよね(苦笑)
    他の同級生の方々の担当声優さんが頑張ってくれれば、
    声くらいは、何とかなりそうな気もするのですが。
    (ネタバレ回避の畳む使用は、なかなか良いですね!)
    特に、今回の重要人物は設定を見る限り、掘り下げていけば、
    良いキャラになりそうな気がするというか
    好きになれそうな感じだったのが、より残念でしたね。

    えりかと千鳥のイチャイチャは本当にいいですよねw
    こう、軽い毒の吐きあいが、強い信頼関係を感じさせるというか、
    安定感を感じさせるというかw
    反対に、ダリア先生とえりかのイチャイチャが少ないのが寂しい(苦笑)
    今回のプレイ場面のように、一応はあるのですが、千鳥の比べると
    少ないんですよね………。

    そういえば、満を持して、ウィクロスの視聴記事ですねw

    千夏、いい意味で拗らせ過ぎてますよね!
    序盤は、よくある「無理に合わせてただけで本当は好きじゃなかった」みたいな
    関係性なのかな、と思っていましたが、
    まさかの愛憎が強すぎたキャラだったとは!
    今までの所業が吹き飛んで、好感が持てるようになりましたねw

    そういえば、前作も好き拗らせているキャラいましたよね。
    イオナさんの、るう子に対する「好き」が抑えきれなくなっていく
    ところとか好きでしたwというか、るう子とイオナさんの組み合わせが好きでしたよ!
    だから、タマが帰って来て、イオナさんが消えてしまったのが悲しかったですね。

    あと、アキラブリーさんでしょうか?まあ、彼女はネタキャラになってましたが(苦笑)

    しかし、よくよく考えてみたら、おっしゃる通り、千夏への愛の重さだけは
    るう子と同等の強さを見せていましたよね。
    あらためて考えてみると、あそこまで暴言をぶつけられて、好きで
    あり続けるって、中々なものですよね。
    そう考えると、何だか視聴時より、すず子が好きになってきた気がしますw

    あとは、うらら迷路帖ですね。現在の放映分に追いつきましたね!
    ほのかな、百合風味かなと思っていたのですが、結構、直球描写がありますよねw
    特に千矢と紺。この二人のイチャイチャが印象的過ぎて、気付かなかったですが
    確かに、千矢って、タラシですねw特に、お狐様に対してはw

    書きためていたコメントを一気に繋げたので、長文になり
    読みづらくなって、申し訳ないです(苦笑)
    軽く、一読していただければ、幸いですw
    今後も色々と楽しみにしていますw
    それではw

    1. コメントありがとうございます!
      またお越し頂けて嬉しいです!

      「このはな綺譚」シリーズは記事でも少し言及したようにブランクがあった事も有って、やや知名度が欠けるのは仕方ない事かと。
      情報チェックの事を言い出すと当サイト(管理人)も結構、情報を落していますからね(苦笑)

      百合的にはイチャイチャ度は控えめですが、お話が温かく穏やかなエピソードが多くて安心して読めるのが良いですね。
      設定にファンタジー要素がある事もあって、お話のバリエーションも豊かですし。お勧めしやすい作品なのは確かです!

      いやもう何で毎回毎回、曰く付きの事件ばかり起こすかな、もう!って感じです(笑)
      自分が学校に居た頃の事件と言えば、馬鹿なヤツがはしゃぎ過ぎてガラス割ったとか、そんなんばっかりだったのになぁ(笑)

      一応モブキャラもセリフ喋ったりするくらいはしていますけど・・・今回はもうちょっとはっきりキャラ付けがあっても良かったかなぁ、と。
      ただ、プレイを進めていく内にわざとこうしているのかな?と思う部分もあったので、そこは後日記事にしたいですね。

      まぁダリア先生との絡みが増えると本気で修羅場になりかねないのでしょう(笑)
      千鳥からすれば蘇芳に対しても警戒しないといけませんし(笑)

      いや、千夏に関しては本当にそれですよ! すず子からの想いが重くて嫌だったのかとばかり思っていたら、好き過ぎてダメという展開でしたからね~。

      イオナ(ユキ)は消えたかどうか、ちょっと判然としない感じだったような気がします。
      あ~でも確かに劇場版では、たましかはっきり出て来なかったし・・・。
      でも本作第12話の駅看板ではイオナさん写っていたような・・・あっちは伊緒奈さんって事でしょうか。
      どうも前期は入れ替わりが激しかったので、混乱しちゃいますね(苦笑)

      アキラブリーさん、個人的にはかなり好きでしたよ!
      もう少しお相手が愛情を向けてくれたら良かったんですけどね・・・。

      いや~千夏も色々とアレでしたが、すず子も大概ですよ。仰る通り、あれだけボロカス言われて全く退こうとしませんでしたからねぇ。
      一歩間違えばストーカーになりかねない(汗)

      原作をうろ覚えになっていたので、逆に新鮮な気持ちで見れましたね(笑)
      改めて見ると千矢は最初はタラシっぽいですが、段々と紺とのフラグが目立つようになった感じです。
      まぁ仰る通り、お狐様に関してはずっと手玉に取っている感じですが(笑)

      いえいえ~いつも書いていますが、お話を振って頂けるのは楽しいので大歓迎です!

      コメントありがとうございました!
      またお暇な時にでもお越し下さいませ。
      それでは失礼致しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。