« 4月 2017 5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Category Archives: は~ほ行

FLOWERS秋篇(PC版)

要約

「FLOWERS」シリーズの第3作目となる作品で、譲葉先輩を主人公にネリネ、沙沙貴姉妹との関わりが中心にお話が進みます。

譲葉先輩がこれまでの主人公(蘇芳、えりか)より年上という事もあってか、恋愛感情などに関してより踏み込んだ表現・・・自身の感情、性自認を劣情、同性愛者と言ったりとする事が印象的。

また蘇芳、えりかと比べて上級生である事は勿論、社交的にしている事もあって、ヒロイン以外のキャラ(ゲーム的にはモブキャラ)とも接触も多い感じですね・・・”交友”は薄い印象ですけども(苦笑)

基本的な部分は以前の作品を踏襲しつつも、ラストに向かって期待を盛り上げてくれる

推理要素、ウィンドウに表示された百合の花が選択肢の目安となる事など基本的な部分は以前の作品を踏襲しており、良くも悪くも大きな変更は有りません。

が、シリーズとして実績を重ねた分、細かな演出(吹き出しの表示や音声の使い方など)が活かされている事は勿論、蘇芳が探り続けていた学園の真実が見え隠れする、クライマックスへ向けて静かな盛り上がりを見せてくれる作品となっています。

Copyright Innocent Grey/gungnir All Rights Reserved.
URL:http://www.gungnir.co.jp/innocentgrey/
「FLOWERS秋篇」より
蘇芳視点はこれまでのシリーズの”本筋”が語られるパート
蘇芳のマユリへの恋情(百合)を軸としながらも学院の謎に迫る、ミステリィらしい展開を楽しませてくれます
百合的には今回も大満足 ただ、えりか&千鳥の出番が良くも悪くも多い

今回も恋愛としての百合がしっかりと描かれ大満足。

まぁサブヒロイン扱いとなっていた沙沙貴姉妹のEDはやや早足でしたが・・・それは以前のシリーズ作品も同様なので、仕方ないところ。(それを言うなら立花さんの不遇を何とかして欲しいですし・・・!)

また要約の項でも触れた通り、譲葉先輩が以前の主人公である蘇芳、えりかとは色々と違った立場である事もあって、二人とは趣の異なった百合を楽しめた点も大満足。

譲葉先輩という個人的に好きなキャラが主人公だった点も含めて好印象でした。

翻って、作品のテーマが新しく始まる恋では無く譲葉先輩が長年温めていたネリネ先輩への想いという既に咲いていた恋であったせいか、意外にネリネ先輩と接する時間が短く感じたのも事実。

と言うか、ぶっちゃけえりか&千鳥と接してた時間の方が長かった印象が(苦笑)

プレイ日記でも散々突っ込みましたが、譲葉先輩って同学年でまともに交友があるのはネリネ先輩だけか!?と思えてきます(苦笑)

まぁこれはある意味で、ネリネ先輩の過去の発言が尾を引いているのかも知れませんが・・・。

何にせよ、一時は「これは夏篇アフターか!?」と思えてきたほどで、えりか&千鳥のイチャラブが楽しい反面、ヒロインであるネリネ先輩や沙沙貴姉妹の印象がやや薄まってしまった感があるのも事実。

えりか&千鳥は譲葉先輩をEDへと導く重要な役どころであった事を考えると当然の流れではあるのですが・・・モブであるにしても、もう少し同学年キャラの存在感があっても良かったのでは?とも思えますね。

Copyright Innocent Grey/gungnir All Rights Reserved.
URL:http://www.gungnir.co.jp/innocentgrey/
「FLOWERS秋篇」より
しょっちゅうえりか&千鳥の部屋へ行く譲葉先輩
他に行く所が無いのか?と心配になってきます(苦笑)
次回の冬編で遂にラスト 次で今回のTrueEDの事も含めシリーズの評価が左右される

と言う訳で次回の冬編でシリーズも遂にラスト。

今回のTrueEDの事も含め(後日談はドラマCDが語られていますが)、先輩ズの出番やストーリーの大筋がどう転ぶのか?など、シリーズの評価がどうなるのかは冬篇で答えが出るでしょう。

特に”学院の真実”に関しては今回で散々思わせぶりな事をやって来たので、相当にハードルが上がっています(苦笑)

その期待に応える”真実”が浮かび上がって来るか否か・・・。それによって期待値を盛り上げたゲーム(ストーリー)としての本作の評価もまた分かれるでしょう。

ドラマCD 今回も充実のドラマそして怪談

今回のドラマCDは、PC版はTrueED後の後日談+怪談、PSVita版は沙沙貴姉妹の喧嘩を描いたエピソード+怪談。

PC版は思いっ切りネタバレなので、後で少し語るとして、ここは沙沙貴姉妹の喧嘩となるエピソードや怪談について少し。

時間軸としては秋篇本編中の一幕という事で、雨降って地固まるという展開であり、そういう意味では結末は予想出来ますね。

ただ、この二人が喧嘩をするというシチュエーションは勿論、その原因が譲葉先輩へ良い所を見せようと独唱パート担当を巡って、という所など聴き所は満載。

弄り役のえりか&千鳥も手伝ってコミカルでありながら、〆は非常に爽やかな楽しいエピソードでした!

怪談はPC版が譲葉先輩を聞き役にしてネリネ先輩が蘇芳から聞いた怪談を語るというもので、内容は蘇芳が虫を嫌いになった理由である蝶にまつわるエピソード。

内容を詳細に語ると実際に聴く時につまらなってしまうので、あまり語りませんが・・・「アカイイト」のユメイさんを思い出した、とだけ言っておきましょう(笑)

PSVita版の怪談は聴き手がえりか&千鳥、語り手が沙沙貴姉妹・・・苺は過去に自身が体験したエピソードを、林檎は譲葉先輩から聞いたエピソードを披露。

どちらも背筋が寒くなるようなエピソードでしたが・・・最後の最後でゾクッと来る辺りが、また・・・。

今回も気合の入った怪談だったと言えますね。

後日談の話 ネタバレるので畳みます

作品の方向性

作品での百合的要素の重要度

軽い    重い

百合の方向性

友愛    恋愛

作品の雰囲気

コメディ    シリアス

男性の(百合的な)重要度

軽い    重い

こんな人にオススメ

  • これまで「FLOWERS」シリーズを楽しんで来た方
  • 恋愛寄りの百合が好きな方

百合的な見どころ

  • 譲葉先輩のネリネ先輩への想い
  • ネリネ先輩の譲葉先輩への複雑な想い
  • 沙沙貴姉妹の感情
  • 安定のイチャイチャを見せるえりか&千鳥

ゲーム的な見どころ

  • 譲葉、ネリネ先輩の過去
  • 見え隠れする学園の”真実”
  • 充実のオマケ要素

注意した方が良いかも?な点

  • 以前に比べると楽になったものの、推理が難しい
  • サブヒロイン扱いである沙沙貴姉妹はEDがやや早足
  • シリーズ作品なのでお話の大きな筋は冬篇まで完結しない

対応機種 : PC(Windows)/PSVita
ジャンル : 百合系ミステリィADV
プレイ人数 : 1人

当サイトの関連記事

「FLOWERS秋篇」プレイ日記 – 百合ゲーム時々、他事語り

PC版公式サイト

FLOWERS

PSVita版公式サイト

FLOWERS秋篇

PC版

PSVita版

Fate/EXTELLA (PS4版)

要約

人気AVGの派生作品であり、RPGだった「Fate/Extra」をアクションゲーム化した作品。

元々がストーリーに力を入れた作品であった事もあって、今作でもそれは健在。

ネロ編、タマモ編、アルテラ編そして3編をクリア後に新たなネロ編が解放され、計4編という大ボリュームのストーリーを楽しめます。

また本編以外にもサブイベントやメイン以外のサーヴァントの物語である”サブストーリー”を含めれば、更にそのボリュームは増します。

アクションが爽快感重視である事に加えて、救済措置・・・難易度選択やHPがゼロになって復活できる要素などが多く、アクションが苦手な人でもストーリーを楽しみ易い事もポイントですね。

肝心要の百合要素は?

主人公が男女選択制ですが、ここで女性主人公を選べばブッチギリの百合ゲームと化します。

作中で主人公はメイン3人のサーヴァントとそれぞれ絆を育みますが、その様は完全に恋愛のそれ。

タマモ編に至っては行く所まで行っちゃった事が暗に示されたりと、フルスロットルでかっ飛ばしてくれます(笑)

「Fate/EXTELLA」より
各本編のデータをロードする事で後日談的なエピソードを見る事が出来るのですが・・・タマモ編は後日談でも百合度と言うかピンク度は非常に高いですね(笑)

勿論、タマモ編以外のネロ編、アルテラ編も百合度高し。

特にアルテラ編は色々と状況が特殊だった事も有り、ネロとタマモとはまた違った風味の百合を楽しめます。

アクションゲームとしては?

アクションゲームとしては何よりも爽快感を重視した、という印象ですね。

この手のアクションゲームとしてはやや大味・・・ガードが全方向対応だったり、必殺技と言える”エクステラマニューバ”や戦闘中のパワーアップの仕様が画一的だったり、という点は有るものの動きが非常にスピーディーなのは好印象。

「Fate/EXTELLA」より
各サーヴァント固有の必殺技”宝具”は基本的に1戦闘に1回しか使えないため実質的な必殺技となる”エクステラマニューバ”
モーションはともかく、効果としては全員ほぼ同じなのはちょっと寂しい

特にこの手のゲームではストレス要因となりやすい移動が全く気にならなかったのは◎

真逆の位置から救援要請を受けても、助けに行くのがあまりストレスにならないのは素晴らしいの一言。

こう言っては何ですが、この手のゲームでは戦闘より移動の時間の方が長く感じる事もちょくちょく有ったりするしますからね(苦笑)

そういったストレスをプレイ中にほとんど感じなかったのは、重ねて素晴らしいです。

また救済措置とも言える要素が多く、アクションが苦手でも十分プレイ出来るのも良いですね。

これまでに1~2度敗戦しましたが、自分がやられて敗戦というパターンは無かったですし。

「Fate/EXTELLA」より
戦闘終了後などに手に入り、各サーヴァントに装備できるインストールスキル
特に”三度、落陽を迎えても”はHPが尽きても復活できるのでアクションが苦手な方には重宝するでしょう

物足りなければ高難易度をプレイしてみれば良いですし、この辺りはプレイスタイルに合わせて、ですね。

問題点は?

問題点、という程では無いですが、面白かったからこその細かい不満点はいくつか有りますね。

まず必殺技と言える”エクステラマニューバ”と”宝具”。

どちらも敵に大ダメージを与える強力な技ですが、エスクテラマニューバは先述した通り画一的、宝具はアイテムを3つ入手してようやく一度だけ放てるという制限付きで気軽には使えません。

そのため通常の攻撃はともかく、ここぞという時に各サーヴァント固有の見せ場を中々見れないのはちょっと寂しい。

宝具は設定的にも気軽には使えないので仕方ないにしても、エスクテラマニューバにも各サーヴァント固有の”何か”が欲しかったかな。

ストーリー面では”サブストーリー”は各サーヴァントのストーリーであり、本編の設定をあまり考えない面白い物でしたが、ちょっとボリュームが少なかったのが寂しい。

本編が充実しているので仕方ないかも知れませんが、メイン以外のサーヴァントは本編では基本的に使えない&あまり出番が無かった事を考えると、ここはもう少し頑張って欲しかったとも思います。

またストーリーに関しては前作シリーズをプレイ済みというのが前提という感がある事でしょうか。

一応、お話の折々で触れられるものの、細かい点でプレイしていないと分からないかも?な所が有り、そこは気になる方は気になるでしょう。

特に主人公がネロやタマモと既に出来上がっているのに関しては、前作をプレイしていないと「何で最初から、この二人熱々なんだろう?」と思ってしまうかも?ですね。

まぁこの辺りは主人公が天然タラシだから、でOKな気もしますが(笑)

細かい点まで挙げるとギャラリーでイラストを見れない事が不満でしょうか。

イベントムービーを全て回想出来るのは非常に素晴らしいのですが、個人的にはEDなどで表示されるイラストをゆっくり見れるモードも欲しかった!!

百合的に非常に素晴らしいイラストも有った事を考えると、ここは非常に惜しい・・・!

あとは・・・個人的にはあまり気にならなかったですが、3Dモデルのクォリティが物足りないという声が有りますね。

確かにアトリエシリーズなどに比べると、1歩及ばすな所は有りますが基本的にイラストも合わせてお話が進行するので、キャラクターの感情を表現するという意味ではほとんど問題無かったです。

それにアクションゲームとして全く問題無い・・・むしろ気持ち良く動いてくれている事を考えると、さしてマイナスでは無いかと思います。

「Fate/EXTELLA」より
3Dモデルは綺麗に越した事は無いですが、アクションは全く問題無いですしストーリー中はイラストがあるので、ほとんど気になりませんでした

3Dモデル云々という事なら個人的には女性主人公がイラストだとクール系に見えて、3Dモデルだと可愛い系に見れるのが違和感が有った事が気になったと言えば気になったかなぁ。

最初に見た時、「可愛いけどイメージが違うくない!?」と叫んだので(笑)

「Fate/EXTELLA」より
イラストだとクールな印象なのですが、3Dモデルだと可愛い印象だった女性主人公
いやまぁどっちも好きですけどね(笑)
結論 百合ゲームとして非常に楽しかった!!

細かい不満点は有りましたが、そんな事は些末な事です。

何せメインストーリー全てがオール百合百合でしたからね!!(爆)

特にタマモ編に関しては一線を越えました的な言及も有りましたし、正直興奮が止まりませんでした(笑)

少々大味だったとは言え、アクションゲームとしても充分に楽しかったですし!

前作を未プレイ状態だとちょっと分かり辛い所があるのが難点と言えば難点ですが、安心して楽しめる良い百合ゲーでした!

作品の方向性

作品での百合的要素の重要度

軽い    重い

百合の方向性

友愛    恋愛

作品の雰囲気

コメディ    シリアス

男性の(百合的な)重要度

軽い    重い

こんな人にオススメ

  • 恋愛寄りな百合が好きな方
  • 切ない展開があっても良い、むしろそれが良いという方
  • アクションは爽快感が一番重要という方

百合的な見どころ

  • メイン3人のサーヴァントと主人公の関係

ゲーム的な見どころ

  • スピーディーな移動による爽快なアクション
  • アクションが苦手でもプレイしやすい(救済措置が多い
  • 各サーヴァントのストーリー

注意した方が良いかも?な点

  • アクションは爽快感は有りつつも、やや大味
  • 戦術要素は有るものの味方CPUは基本的に攻めに行ってくれない
  • サーヴァントの見せ場とも言える必殺技”宝具”は制限が厳しめで頻繁には使えない
  • 3Dモデルは、ややクォリティが低い(人形っぽさがある)
  • メイン3人以外のサーヴァントは扱いが軽め
  • 作中である程度触れられるものの、プレイヤーが前作に当たる「Fate/Extra」及び「CCC」をプレイ済みという前提で話が進む所が有る

対応機種 : PS4/PSVita/Nintendo Swith(記事執筆時点では予定)
ジャンル : ハイスピードサーヴァントアクション
プレイ人数 : 1人

当サイトの関連記事

Fate/EXTELLAプレイ日記 – 百合ゲーム時々、他事語り

公式サイト

Fate/EXTELLA(フェイト/エクステラ) 公式サイト

Nintendo Swith版 公式サイト

Fate/EXTELLA(フェイト/エクステラ) Nintendo Swith™版 公式サイト