« 3月 2017 4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

クオリディア・コード|QUALIDEA CODE

3人のラノベ作家さんによる"同一の世界観を用いて共同で物語を作る"という、一風変わった企画が元のアニメ化作品。

そのため百合要素はある・・・橘公司先生が担当する神奈川勢力に関しては全く問題無いものの、他の2勢力である東京、千葉に関しては(管理人が把握している範囲では)百合要素は無いという、少々複雑な作品でも有ります(苦笑)

そのため今回のTVアニメに関しても神奈川のメインキャラである天河 舞姫&凛堂 ほたるのカプは百合的に大いに楽しめるものの、この二人はあくまでメインメンバーの内の二人という位置付けなので百合的な質はともかく、量に関しては特別多めとは言えません。

お話としては異能力としての"セカイ"そして目に見える"世界"をテーマに意外な展開や謎が有り、普通に面白かったと思います。

ただ・・・各話感想でも散々こき下ろして来ましたが(苦笑)、東京勢・・・特に壱哉に全く感情移入や共感を覚えなかったのは辛いところ。

いや、彼の言動は決しておかしくは無い・・・ある意味で普通の言動では有るとは思うのです。・・・彼が一兵士の立場だったらば。

そう共感できないのは壱哉が東京という組織のトップに居るからなんですね。 同じような立場である舞姫が毅然と自分の職務をこなしているのを見ると、ある意味で身勝手とも思える言動を繰り返した壱哉には共感し辛い・・・r(--;)

まぁ舞姫&ほたるにしても、千葉の千種兄妹にしてもパートナーを失う場面に遭遇した訳では無いので、壱哉ばかりを非難するのはフェアでは無いと思いますけどね。 うちは百合サイトだから仕方ないけどね!

あと言及するとすれば、やや作画のクォリテイに難があった事でしょうか。

絵心が全く無い管理人ですが、そんな素人の管理人でも分かるくらい崩れている場面がチラホラ有ったのは辛いところ。 ビジュアル的な面ばかり指摘するのはナンセンスですが、明らかに崩れていると分かるシーンが散見されたのはやっぱり厳しい点だと思います。

総合すると舞ほたという百合要素や大筋の話の流れとしては決して悪い作品では無かったと思います。

ですが、細かな点を描写し切れていないと感じる点-終盤は早足になってしまった事や小説版の設定やキャラが描写&活用されずに終わってしまったり-や作画の崩れなど残念も点も多かったです。

3人の先生方が合同で一つの作品を作り上げるという豪華な企画だったので、神奈川勢 要は百合要素(笑)は勿論、東京勢や千葉勢、管理局などの勢力もじっくり丁寧に描写して欲しかった作品ですね。

当サイトの関連記事

クオリディア・コード|QUALIDEA CODE各話感想 – 百合ゲーム時々、他事語り

当サイトの関連記事

「いつか世界を救うために -クオリディア・コード-」 – 百合ゲーム時々、他事語り

公式サイト

クオリディア・コード|QUALIDEA CODE

BD/DVD

※個人的には新規書き下ろし小説が気になるかな?
神奈川勢の新しいお話なら読んで見たいけど・・・

第1巻第2巻第3巻第4巻第5巻第6巻

CD

OP1st ED2nd ED3rd EDサウンドトラック

神奈川勢 小説版

あらすじだと百合かどうか分かり辛いですが、最後まで読めば「百合しか無かった」という感想になるはず!

感染×少女 - DMMオンラインゲーム
にじよめ - 二元美少女専門ブラウザゲーム&ソーシャルゲーム

※半角文字が含まれると、その種類や組み合わせによってはファイアウォールによってエラーが出る(サイトへの攻撃と誤認される)事が有ります。
その際はお手数ですが、半角文字を使用しないようにするなどして再度コメントして頂くようお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。