« 3月 2017 4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「魔法少女育成計画」第10-12話 百合的感想

さて、超絶に遅れての「まほいく」感想です(苦笑) まぁ遅筆が当サイトのデフォルトですからr(^^;)

さて、後半戦に入ったので、もう人が死ぬ、死ぬ。原作を読了しているので(記憶が薄れているとは言え)、大体は分かっていたのですが・・・やはりキツい!!

特に個人的にイチオシのハードゴア・アリスの件はもう・・・!(。´Д⊂)

スノーホワイトのあの時の心理状態を考えると仕方なかったのかも知れませんが、あの冷たいとも言える反応はやはり恨めしくも有ります。

「魔法少女育成計画」第10話より
打ち解けたかのように見えたスノーホワイトとハードゴア・アリスですが、ケンカ別れのような形になってしまい・・・

まぁそれでも好きな人の腕の中で死ねただけハードゴア・アリスはマシな方だったかも知れません。

訳分からないままに死んだキャラの方が圧倒的に多いですからね、「まほいく」シリーズは(苦笑)

「魔法少女育成計画」第10話より
最期の最後でスノーホワイトに想いを伝える事が出来たハードゴア・アリス(亜子)
悲しい結末でしたが、ある意味でマシな最期だったのかも知れません

ちなみにハードゴア・アリスの心情や魔法少女になった経緯も語られましたが、この辺りは原作の方が好みかな。

特に「人(マジカロイド44)を殺してしまった罪悪感よりも、スノーホワイトを助けられた高揚感の方が勝る」みたいな事を思っていた辺りが個人的に萌えていました(爆)

「魔法少女育成計画」第10話より
スマホをねだって「魔法少女育成計画」をプレイし始めた事は語られましたが、原作だと確か魔法少女になるために文字通りぶっ倒れるまでプレイしたと語られていました
スノーホワイトへの愛を感じられる一幕だったので、そこはもう少し詳しく描写して欲しかった気も

他の百合的な面ではリップルとトップスピードの仲を感じられるシーンがあった事かな。

元々の性格もあってリップルからトップスピードへの親愛は分かり辛い所も有りましたが、今回はそれがかなりストレートに表現されている感じです。

「魔法少女育成計画」第11話より
トップスピードを想うリップル(華乃)
この時、既にトップスピードは死亡しているのでドライな事を言えば、これはリップル(華乃)が生んだ幻
ですが、その言動はトップスピードその物で、それだけリップル(華乃)がトップスピードを理解していたとも言えます

死亡組(苦笑)ではルーラ&たまも有りましたね。

原作を読了した直後はルーラにあまり良い印象は有りませんでしたが、各種外伝を見た後でこうして見直すとルーラが結構良い娘に見えて来ます(笑)

「魔法少女育成計画」第11話より
口や態度は悪いものの、決してたまの相手を諦めないルーラ
素直に感謝してくれるたまにルーラも満更でもなさそう

ルーラは何だかんだで面倒見も良く能力も決して低く無かったので、相手を見下す癖さえ無ければ本当の意味で女王になれたのかも知れませんね

そして外せない・・・トリを飾るのは、この事件を経て強い友情を交わすスノーホワイトとリップルですね。

まぁこの辺りは続き(原作)の世界になりますし、それにしても二人セットでの出番はそれほど無いのですが・・・お互いに想い合っている描写は結構萌えます。

色んな意味で大変な目に遭っているのが、何とも言えませんが・・・(苦笑)

「魔法少女育成計画」第12話より
この後、二人揃って相当に性質の悪いストーカー(女性です)に目を付けられるのですが・・・気になる人は「スノーホワイト育成計画」を読もう!

お話としてはバトルがメインになって行きましたが、バトルに関しては個人的にはコミック版の方が好きかな。

今回のアニメ版も決して悪い訳では無いですが、コミック版の方が駆け引きの要素が強くて好みでした。(特にスイムスイムチーム VS クラムベリー戦)

「魔法少女育成計画」第11話より
アニメ版はアニメ版で熱い戦いだったと思います
ただ、クラムベリーの最期はちょっとだけお間抜けだったかも(苦笑)
※確か他の媒体だとたまの攻撃が掠った瞬間に「まずい!」と思っていたので

と言う訳で、「まほいく」視聴完了です。

思っていた通り血みどろで、でも百合要素も楽しめた原作通りの作品だったと思います。所々で印象が変わったシーンも有りましたが、それもアニメならではの"味"で、それも楽しかったですね。

こうなってくると「restart」以降も見てみたい気がしてきますが・・・続き物が故に後味が悪いエピソードも有りますし、どうなんだろう?と言う気も。

今回は第1作という事で黒幕がキッチリ始末されましたが、そういう展開にならない事も多いですからね(苦笑)

「魔法少女育成計画」第12話より
黒幕たるファヴはきっちり始末されましたが・・・
余談ですが、ファヴの声が「はやて×ブレード」のはやてと一緒のせいで、この辺りは綾那にアイアンクロー食らう直前を連想してしまって仕方なかったです(笑)

当サイトの以前の記事

「魔法少女育成計画」第7-9話 百合的感想

当サイトの関連記事

魔法少女育成計画 小説感想 – 百合ゲーム時々、他事語り

公式サイト

TVアニメ「魔法少女育成計画」公式サイト

BD/DVD/CD

BD/DVD 第1巻BD/DVD 第2巻BD/DVD 第3巻BD/DVD 第4巻CD
にじよめ - 二元美少女専門ブラウザゲーム&ソーシャルゲーム
にじよめ - 二元美少女専門ブラウザゲーム&ソーシャルゲーム

※半角文字が含まれると、その種類や組み合わせによってはファイアウォールによってエラーが出る(サイトへの攻撃と誤認される)事が有ります。
その際はお手数ですが、半角文字を使用しないようにするなどして再度コメントして頂くようお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。