« 4月 2017 5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Category Archives: 注目作品

2017年5月 注目百合本

さてさて今月も注目したい作品が多いです。「私は君を泣かせたい」、「君死にたもうことなかれというなかれ」、「イノセントデビル」等々・・・。

その中で管理人の好み-要は病み百合ですね(笑)-を狙って来たのは「イノセントデビル」ですね!

塔子と赤音、年の差コンビ・・・年下である赤音の方が色々と年上っぽいというギャップが萌えるのは勿論ですが、お互いに歪みと矛盾を抱えながら想い合っているのが良い!!(o^-')b グッ!

特に塔子の感情・・・生きる事に倦んでいた時に赤音と出会った事で生きる意味を見つけた-赤音のために生きて死にたいと思った-という辺りは、管理人の好みドストライクですヨ!!

帯でコメントを寄せている鍵空とみやき先生の「ハッピーシュガーライフ」と同じく二人の未来がどうなるか予測がつかないのは不安要素でも有りますが、だからこそ二人の行く末を見て行きたい作品ですね。

公式紹介ページ

INNOCENT-DEVIL イノセントデビル - 連載作品 - ガンガンJOKER -SQUARE ENIX-

連載(最新話掲載)サイト

INNOCENT-DEVIL イノセントデビル - 無料マンガサイト pixivコミック

2017年5月 注目百合ゲーム

今月の注目・・・と言うか、現時点で当サイトで把握している予定作品は「戦国の黒百合~ふたなり姫と忍ぶ少女達~」だけですね(苦笑)

まぁ月に1本ペースで百合要素が期待できる作品がある事自体が僥倖と呼べる状況なので、それはそれで良いのですが・・・問題はちゃんと5月に出るかどうか(汗)

予定通りにリリースされるかどうか?は商業作品でも心配事項の一つではあるのですが、同人ゲームは基本的に個人製作であるため、その懸念が更に色濃いのが辛いところです。(先月注目していた「野に咲く工房と黒き竜」も4月中にリリースされませんでしたし)

「戦国の黒百合」シリーズはフタナリ要素は人を選ぶものの内容自体は百合的にかなり良い(特に朔姫の鬱屈とした感情が)ので、そこは無問題なのですけども・・・。

今作は朔姫の懐刀でありながら、その心情などはあまり語られなかった蔓がメインの一人になっているのは気になるところ。

今まで朔姫に(ルートにも依りますが)結構キツい物言いをされる事も珍しくない身の上でありながら、忠義を尽くすのは何故か?

忍びの者としての矜持なのか、はたまた別の感情があるのか・・・。予定取りにリリースされ、その辺りが詳しく語られる事を期待したいですね。

製作サークル様公式サイト

同人サークル「言葉遊戯」戦国の黒百合~ふたなり姫と敵国の姫君~

DL販売予告ページ

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

過去作 販売サイト様

言葉遊戯 サークルプロフィール | DLsite Maniax - 成人向け

言葉遊戯 - 同人ダウンロード - DMM.R18

2017年4月 注目百合ゲーム

さてさて4月リリースの注目作品ですが・・・当サイトで把握している新作は「ガンガンピクシーズ」「野に咲く工房と黒き竜」ですね。

(「咲-Saki-全国編Plus」は衣装が追加されている程度のリニューアル版であるため新作とは言い辛いと思うので除外)

となると・・・百合要素という点で「野に咲く工房と黒き竜」に軍配が上がるでしょうか。

「ガンガンピクシーズ」も主人公の一人である”ビーたん”が百合認定されている、百合ゲーでは比較的珍しいアクションゲームである事など見所は多いですが・・・百合要素がどのくらい盛り込まれているか未知数なので。

その点「野に咲く工房と黒き竜」は成人向け作品なので18才以下の人はプレイ出来ませんが、ラブラブな100%百合作品なのは大きいです。

また体験版をプレイした限りではバトルのシステムが特徴的でシンプルながら奥深く面白かったのが好印象。

アイテムや敵とのバランスなどがきっちり取れていれば、かなり面白くなりそうな作品です!

当サイトの関連記事

ちょっと気になるゲーム「野に咲く工房と黒き竜」 – 百合ゲーム時々、他事語り

DLsite様該当(予告)ページ

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

2017年4月 注目百合本

さてさて4月も注目作品が多いですが・・・個人的には「将来的に死んでくれ」「ブラックリリィと白百合ちゃん」「フレームアームズ・ガール」が初見かつ気になる作品ですね!

で、その中で特に推すとすれば・・・「将来的に死んでくれ」でしょうか。

試し読みでチェックした限り百合度が高いのは勿論、作者である長門知大先生が、「柚子森さん」の作者である江島絵理先生のアシスタントをしていたという点もポイント。(「柚子森さん」第1巻の後書きで言及されていました!)

お話としても微妙にゲスい菱川からのアプローチを「嫌だ」「最低」とあしらいつつ、デートには行って上げたりする小槙とのやり取りと付かず離れずな距離感が軽妙で楽しい(笑)

取り敢えず第1話ラストで菱川が購入したダブルベッドに出番があるか確認したいところです(笑)

・・・住んでいる所によっては部屋に入らないというオチになりそうな気もしますが(笑)

公式ページ(試し読みあり)

マガメガ MAGAMEGA | 将来的に死んでくれ

2017年3月 注目百合ゲーム

2017年3月で注目したい作品は・・・やはり「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」でしょうか。

勿論、他の作品も捨て難い魅力があるのですが「BLUE REFLECTION」を注目作にしたいのは”ヒロイン達との交流がボス戦において力となる”というシステム。

つまり百合百合すればするほど有利になるという仕様なんですよ!

いやまぁ百合作品という前提では無いので、どこまで百合百合するかは未知数です。

が!

仲良くなればなるほど有利になるというのは確かですし、キャラムービーなどの情報を見る限り百合的に楽しめそうなキャラが多数いるのも確か。

確実に百合ゲーである「よるのないくに」シリーズをリリースしているガスト様発の作品という事もあり、期待したい作品です!

発売予定 : 2017/3/30
対応機種 : PS4/PSVita
ジャンル : ヒロイックRPG
プレイ人数 : 1人

公式サイト

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣

PV 第2弾

プレイムービー02

PS4版 各種バージョン

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 プレミアムボックス (初回封入特典(オリジナルテーマ&ゲーム内コンテンツ「フリスペ! 」着せ替えテーマ ダウンロードシリアル) 同梱)

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 (初回封入特典(オリジナルテーマ&ゲーム内コンテンツ「フリスペ! 」着せ替えテーマ ダウンロードシリアル) 同梱)

PSVita版 各種バージョン

【Amazon.co.jp限定】 BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 スペシャルコレクションボックス (初回封入特典(オリジナルテーマ&ゲーム内コンテンツ「フリスペ! 」着せ替えテーマ ダウンロードシリアル) 同梱)

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 プレミアムボックス (初回封入特典(オリジナルテーマ&ゲーム内コンテンツ「フリスペ! 」着せ替えテーマ ダウンロードシリアル) 同梱)

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 (初回封入特典(オリジナルテーマ&ゲーム内コンテンツ「フリスペ! 」着せ替えテーマ ダウンロードシリアル) 同梱)

2017年3月 注目百合本

さてさて2017年3月の注目したい百合本ですが・・・これまた悩みますねぇ。

「あの娘にキスと白百合を」第6巻は鉄板ですが、強力過ぎるのでもう殿堂入りしている感が有りますし。

それに以前にも書きましたが、出来るだけ初見の作品を推したい。

となると・・・注目は「百合百景」でしょうか。

ショート漫画集という、ちょっと変わった形式もさることながら「百合百景」という直球も直球のタイトルがまた素晴らしい! 形式的にはガッツリ楽しむ形では無いものの、ページを捲っても捲っても百合ップルの話が続くと言うのは悶絶ものでしょう(笑)

ショート漫画集であるため試し読みで作品の雰囲気をすぐにつかめる事や連載による路線変更を心配しなくて良いのもポイント。

安定して楽しめる1冊になりそうです!

公式ページ(試し読み可能)

百合百景 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

2017年2月 注目百合ゲーム

今月注目したいゲームは「魔女と百騎兵2」です!

公式サイト

魔女と百騎兵2 -マジョトヒャッキヘイ2- |日本一ソフトウェア

正直に言えば公式サイトの情報を見る限り、百合的に期待できそうなのは妹であるミルムを守ろうとする姉 アマリエのみで根拠が弱いと言えば弱いです。

では何故に注目作としているかと言うと、同じメーカー 日本一ソフトウェア様の作品で百合的にノーマークだった「ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団」が百合的に良いという情報を頂いた事があり、日本一ソフトウェア様には百合ブームが来ていると期待しているからです!(爆)

(o ̄∇ ̄)=◯)`ν゜)・;'

スミマセン・・・でも真面目な話、「ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団」は百合じゃなくても良い作品だった訳で、それに百合要素を入れ込んだという事は百合に対して思い入れがあったんじゃないかな~という気はしています。

で、今回の「魔女と百騎兵2」にはある意味で分かり易い百合要素であるアマリエ→ミルムという関係性を持って来たんじゃないかと。

まぁこの辺りは完全に管理人の憶測なんですが(苦笑)

とは言え、それらを抜きにしてもミルムのためには形振り構わない・・・恩義ある組織とその同僚達すらも裏切ろうとするアマリエは個人的に非常に好み。

百合的にどこまで楽しめるかは難しい所ですが、アマリエが好みである事と純粋にアクションゲームとして面白そうなので是非プレイしたいと思っている作品ですね。