« 3月 2017 4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ノノノ・ワールドエンド

※旧サイト(FC2ブログ)より転載

訪問者様から教えて頂いた作品で、人を"気化"させる霧に世界中が閉ざされていき、人類滅亡が不可避な状況の中で二人の少女-ノノと加連-の交流を描く物語です。

百合的にはノノと加連の交流がメインと言うだけあって、かなり良いですね。

世界観が世界観だけにイチャラブ、と言う訳では有りませんが、ただ寂しかったというだけで加連と同行しようとしていたノノが加連を掛け替えの無い存在として求めていく様は、かなり来るものがあります。

特にその過程で、加連の言動に一喜一憂-加連に自分が認めて貰えているのかどうか-する心情や加連との交流-軽い口付けといったスキンシップも含めて-に喜ぶ心情は非常に素晴らしい。

滅び行く世界における少女二人の世界、というシチュエーションは昔の悲劇的な百合・・・いわゆる百合心中的な展開を思わせる面も有りますが、本作の場合は

  • 二人の想いは結局、誰にも邪魔される事は無かったこと
  • 滅びはほぼ全ての人類に等しく訪れている状況だったこと

という事もあり、切なくはあるものの、そこまで悲劇的な印象は無く個人的には思ったよりも楽に楽しめました。それに、あのエピローグは-受け取り方次第ではあるものの-希望を持たせる物でしたから。

翻ってストーリー的な面を見ると、完全にタイトル通りの内容「ノノノ・ワールドエンド=ノノの世界の終わり」であり、良くも悪くもノノの視点の物語で終始しており、そこは好みが分かれるかも知れません。

と言うのも、加連が世界を滅ぼす一因を作ったのは確かですが、それを実行に移した人間は別に居る。

だが、ノノからすれば「いかに最後の瞬間までより良く加連と過ごせるか」「いかに加連の想いや願いに応えていけるか」だけが大事で、そういった世界観や物語の真相はどうでも良いわけです。

そのため、ノノはそういった真相に限り無く近づくものの「加連への想い」が原因で衝動的に読者がその真相に触れる機会を永遠に奪ってしまう。

百合的にはかなり美味しい展開と言えるのですが(笑)、ややモヤモヤしたのは事実な訳でr(^^;)

また世界が滅ぶ原因も加連の口から説明はされるものの、"霧"については不明な点が多い感が強いです。

まぁ不明な点が多いからこそ、対策される事もなく世界が滅ぶ状況に陥った訳でリアルと言えばリアルですし、この手の解釈は管理人の理解力の低さが原因な事も多いので(汗)

纏めると
恋愛と明言されている訳では無いが、百合作品としてノノと加連の関係性は非常に良い。 ただ、物語として見るとあくまで二人の物語であり、「人類滅亡」という状況(物語)に対して二人が特別に活躍する訳では無く、そういう意味では盛り上がりに欠けるかも知れない。
といった所でしょうか。

一つのお話としては好みが分かれるかな?とも思いますが、個人的には二人の少女の物語・・・つまり百合作品として非常に楽しめました!

強いて何か言うとすれば、ハヤカワ文庫なので挿絵が全然無い事かな(笑)

他のライトノベル文庫だったらノノと加連の入浴+キスシーンは絶対にイラスト化されただろうに!(爆)

いやまぁ文章で情景を楽しむのが小説なので、挿絵が無いのが当たり前と言えば当たり前なのですが・・・そこは、ねぇ?(笑)

魔法少女育成計画 restart

※旧サイト(FC2ブログ)より転載 追記、修正

さて、非常に楽しませて貰った「魔法少女育成計画」の続編「魔法少女育成計画 restart」についての感想です。

キャラクターは一新されたものの時系列的には続編であり基本的なコンセプトも変わらないため、前作を楽しめた方は引き続き楽しめるかと思います。

ただ前作はストーリーの主旨が"生き残りを賭けたバトルロワイヤル"だったのに対し、今作は"魔法少女達がゲーム内に閉じ込められ、あくまで脱出が目的"がストーリーの主旨となっています。

そのためお互いを明確に敵と認識して戦うというシチュエーションは減り、どちらかと言えば不審な死を遂げた魔法少女について考える、誰が犯人かを考えるといった、ある種の"サスペンス"や"ミステリー"な要素が強くなったように思います。

また戦死というよりも闇討ちや謀殺によって死亡するキャラが増えたため、戦闘による盛り上がりが減り派手さはやや欠ける面があります。

とは言え、前後編になりボリュームが増えたことや最後まで黒幕が分からないことなども相まって心理的な動きは前作以上に面白くなったと思います。

この辺りは好みが分かれるかとは思いますが、面白い作品である事は変わらないですね。

では、肝心な百合要素に関してはどうでしょうか。

個人的には、分かりやすい関係性や描写が無いため百合要素を楽しむと言う観点においては前作よりハードルが上がったように感じます。 ・・・こう書くと百合を楽しめないように思われるかも知れませんね。

ですが、ここは誤解しないで欲しいのですが、本作は百合要素が"無い"のではなく"分かり辛い"のです。

まぁ描写が少ないのは否めないところではありますが・・・ただその分、その少ない言動が強く印象付けられました。

特に、冷酷ささえ感じさせて冷徹に事を進めてきた魔法少女プフレが終盤で
「護(相棒の魔法少女)さえいればなんだっていいと思っていた私が」
といったようなセリフをさり気無く言う辺りとか!

また別の魔法少女のエピソードでは、男性キャラに惹かれていたのはその男性がかつての友人である魔法少女と似ていたからなど、非常に変化球な百合要素もあります。

以上のように百合要素に関しては決して分かり易いとは思えません。

ですが、キャラの言動を吟味していくと百合的な感情が潜んでいるのでは?と強く思わせる描写が所々にあり、その描写について百合的にどうなのかと考えるのはとても楽しいです。 いわゆるスルメ的な味わいのある作品だと思います。

当サイトの関連記事

魔法少女育成計画 小説感想 – 百合ゲーム時々、他事語り

アニメ公式サイト

TVアニメ「魔法少女育成計画」公式サイト

ドラマCD公式サイト

「魔法少女育成計画」ポータルページ

関連作品

原作原作 restart原作 limited原作 JOKERS原作 ACES & QUEENS原作 短編集コミック版ムック
続きを読む...→

「ATOM GRRRL!!-The O-EDO Uprising!-」 DL販売開始!

キャッチコピーが”世界一治安の悪い百合ゲー”という素敵作品「ATOM GRRRL!!-The O-EDO Uprising!-」のDL販売が開始されています!

DLsite様ページ

ATOM GRRRL!!-The O-EDO Uprising!

公式サイト

ATOM_GRRRL!!-The_O-EDO_Uprising-

夏コミ(C90)で頒布された百合ゲー「ATOM GRRRL!!-The O-EDO Uprising!-」のDL販売が開始されていますね。

旧サイト(FC2ブログ)時代にも話題にさせて頂きましたが、前作同様(それ以上?)に非常にぶっ飛んだ作風(褒め言葉)なので一風変わった百合を楽しみたい方には最適かと!

ちなみに製作サークル様であるCosmillica様は次回作も百合作品を予定されているとの事。
次はどんな作品を製作されるのか気になるところですね。

製作サークル様公式サイト

「恐るべき少女たち~Les filles terribles~」応援バナー

OPムービー

サークル様 過去作品DL販売ページ

Dahlia-ダーリア- ATOM GRRRL!! 恋と、ギターと、青い空。

百合ゲーかも?「森とエルフと仲間たち」

DLsite様で百合ゲーと思われる作品を見かけたので話題に。

DLsite様ページ

森とエルフと仲間たち

サークル様公式サイト

Whiteapple:Web

紹介文で 人間のお姉さんとエルフ娘の百合カップル中心、お手軽短編RPGです。 とあり、百合要素があるのは、ほぼ確実なようです。

ただ
・シーン内訳
:主人公カップル 6
:その他キャラ 4
その他キャラについては百合描写はありません。
(男×女もしくは女×男)
また双頭バイブを使用したプレイがありますので、苦手な方はご注意ください。
という表記もあり、100%百合作品という訳ではないようです。

まぁ紹介文を読む限り、主人公であり百合カプであるルシル&ミレイに百合的に邪魔するという意味で絡む可能性は無さそうなので、そこまで問題では無いと思いますが。
(というか、これで周りが変に主人公カプに絡む展開だったら、ちょっと悲しい)

ゲーム的には主人公のルシルが着せ替えできる上に、それが立ち絵や歩行グラフィック、イベントCGに反映されるというのが良いですね。

良くあるエロゲ・・・要は男女のゲームだと、結構見かけるシステムですけど百合ではそんなに見かけないですし。

・・・百合ゲーの絶対量がまだ少ないと言うのは言っちゃダメですヨ(涙)

制作サークル様の公式サイトを覗いてみると、これまで男女モノが中心だったようで、どうやら百合ゲーはこれが初の模様。

作風が合うかどうかは個々人によって違うでしょうが、こうして新規に百合ゲーを製作される方が増えるのは嬉しいですね。

「カタハネ ―An’ call Belle―」公式サイトにて修正パッチVer.1.03公開

公式サイトにて修正パッチVer.1.03が公開されています。

公式サイト

カタハネ ―An' call Belle― | 10mile

Ver1.02ではプレイに支障が無い・・・みたいな事を言っていた気がするのですが、ルートに入れないみたいな情報が(汗)

ま、まぁこうして修正されるのなら良いんじゃないかな(苦笑)
何にせよ、心当たりがある方は早めの適用をお勧めします。

対応機種 : Windows7/8/10
ジャンル : ADV
プレイ人数 : 1人

OP

※げっちゅ屋様にてクロハネ編体験版DL可能

 

旧版PC版/DVDPG版

Webコミック誌「COMIC メテオ」更新!(2016/9/7)

今回の注目作は「放課後アサルト×ガールズ」、「ニーナさんの魔法生活」です。

公式サイト

COMIC メテオ

「放課後アサルト×ガールズ」前回から引き続き戦闘回ですね。

しかし・・・綾子達、アサルトの支援があるからでしょうけどハルカ(工兵)、活躍しまくりですね~。
ロケットランチャーまであるし。

そんなハルカ達の活躍で敵拠点を制圧、ようやく一息付けそうな感じです。
(ラスト、謎の敵が出ましたけど 汗)

戦闘回はハラハラさせてくれて、それはそれで面白いですけど、百合的にはある程度平和じゃないと、ですね(笑)

「ニーナさんの魔法生活」は「ニーナは他人に興味ないから」というセリフが意味深。
ぱっと見は人懐こさの塊みたいな人ですが・・・。

その言葉に対して、気にしないようとしている=気にしまくりなアイリス。
この時点でアイリスに取ってニーナがそれなりのウェイトを占めるようになっている訳で、これが百合好きの邪な目線だと美味しい(笑)

と、冗談はともかく。
アイリスの過去にも少し触れていましたし、色々と気になる事が多い回でした。

中々、この辺りの謎は明かされないでしょうが、じっくり読んで行きたいですね。

メテオコミックス新刊

デストロ246

筋肉が躍動し、銃弾が飛び交い、血の花が咲く。

百合要素があるのは確かですが、お話を端的に書けと言われたらこういう表現しか思い浮かばない(苦笑)

まぁキャッチコピーが
「クソ凶暴な女子がメイン」
ですからね(笑)

%e3%83%87%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ad246-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1_02 %e3%83%87%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ad246-%e7%ac%ac4%e8%a9%b1_01
「デストロ246」第4話より 本作の雰囲気を端的に表したシーン 思わず「怖っ!」と言ったのは良い思い出(笑)
「デストロ246」第4話より
本作の雰囲気を端的に表したシーン
思わず「怖っ!」と言ったのは良い思い出(笑)

百合的な見所としてはクソ凶暴ながら(苦笑)女子がメインというのは勿論、"893"で組長の苺、その側近である南天、蓮華を始めとした万両組。

もうこの娘達、奔放というか好きあらばセッ○スしようとしますからね(笑)
(特に南天、蓮華が苺に迫るパターンが多いです)

「デストロ246」第6話より 万両達のノリが良く分かるカット(笑)
「デストロ246」第6話より
万両達のノリが良く分かるカット(笑)

とまぁこう書くと身も蓋も無い感じですが、相手が誰でも良いという訳では無く単に快楽と欲望に素直というだけですね。
(自分達でもそれを認めていますし)

苺の盟友であるせつなも百合だし、改めて見ると百合しか無いな、万両組(笑)

他にも苺達や後述する翠、藍と敵対する伊万里と葉子との友情も悪く無く、友情的な百合要素も楽しめますね。

冒頭こそ青年実業家 "透野 隆一"が翠、藍を武力として購入するという百合要素が見つけ辛いスタートを切るものの、上述したように百合要素は多め。

※ちなみに透野 隆一が翠、藍を買ったのは妻子の敵討ちのため。
翠、藍もこれまでに無い高待遇で自分達を迎えてくれた透野 隆一を敬愛しているものの、あくまで主従関係。
翠、藍が恋愛(と言うか、人間的な愛情その物)に対して興味が希薄な事もあって、百合要素を邪魔する要因にはならないですね

ベクトルは一般的に好まれる百合要素とはちょっと違うと思いますが(苦笑)、安心して読める作品と言って良いかと。
深見 真先生の作品が好きな方などはかなりお勧めですね。

あ、あと女子の腹筋が好きな方にも超オススメです(笑)