« 2月 2021 3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「ラブライブ!サンシャイン!!」第04話 百合的感想

前回のライブ成功を受けて順調に進むスクールアイドル結成。
そんな中の第4話は
ルビィちゃんと花丸ちゃんの結婚話でした!!

話が飛び過ぎだろ、オラ(o ̄∇ ̄)=◯)`ν゜)・;ゲフゥ

いや、でもね!今回は本当にそんな印象しか無いですよ!!

だって今回の流れを簡単に書くと
花丸ちゃんは、他人や周囲にばかり気を使って輝けないルビィちゃんをスクールアイドルとして輝かせて上げたい、その後押しをして上げたい。

花丸ちゃん、ルビィちゃんをスクールアイドル部へ入部させ、かつ問題が起きないように根回し。

自分にスクールアイドルは似合わないからルビィちゃんを見送りつつ去ろうとする

そんな花丸ちゃんに対して、ルビィちゃんは「一緒にスクールアイドルやりたい」と引き留める!
ですよ!!

お互いを思い合って、最後には一緒に同じ道を歩む。
正に婦妻じゃないですか、これは!!!

ラブライブ!サンシャイン!!」第04話より ルビィちゃん、そしてスクールアイドルから去ろうとする花丸ちゃんを引き留めるルビィちゃん。 第2話の千歌、梨子ちゃんに匹敵する名シーンになりそうです!
ラブライブ!サンシャイン!!」第04話より
ルビィちゃん、そしてスクールアイドルから去ろうとする花丸ちゃんを引き留めるルビィちゃん。
第2話の千歌、梨子ちゃんに匹敵する名シーンになりそうです!


もう途中から顔のニヤニヤが止まらなくて苦労するレベル!(笑)
前作では言えば凛ちゃんと花陽ちゃんポジな二人ですが、あの二人同様に公認婦妻と言える仲で大満足でした!

前回が直接的な百合要素が少なかっただけにメチャクチャ楽しく、もうこれでお腹いっぱいと言える内容でしたが、相変わらず三年生ズも何やらゴソゴソやっているようで、こちらも今後が楽しみですねぇ。
ラブライブサンシャインep04_01_01鞠莉&果南

「ラブライブ!サンシャイン!!」第04話より やはり果南と面識があった鞠莉 どんな関係を魅せてくれるのか・・・興味が尽きません
「ラブライブ!サンシャイン!!」第04話より
やはり果南と面識があった鞠莉
どんな関係を魅せてくれるのか・・・興味が尽きません

まぁ次回はヨハネちゃん回なんですけどね!(笑)
百合的には未知数な娘だけど、ピンとしては充分過ぎる程楽しい娘なので、こちらも楽しみデスヨ!


当サイトの次の記事
「ラブライブ!サンシャイン!!」第05話 百合的感想

当サイトの以前の記事
「ラブライブ!サンシャイン!!」第03話 百合的感想


公式サイト
ラブライブ!サンシャイン!! Official Web Site


BD

OP/ED


「ラブライブ!サンシャイン!!」第03話 百合的感想

基本はアイドル青春アニメながら、着実に百合要素も入れ込んでくれる本作。

今回は
ユニット結成に向けて大きく動き出した回
百合要素はやや控えめながらストーリー的な面も含めて大きく発展しそう!
といった感じですね。


前作同様に2年生チームによるライブが大きな山場となる訳ですが、このライブによって未来のメンバー達との繋がりが出来る=百合へ発展していく訳で、そういう意味では直接的な百合要素は少ないながら百合的には大きいエピソード。
ラブライブサンシャインep03_01_01停電しつつも・・・大成功! ラブライブサンシャインep03_01_02停電しつつも・・・大成功!

「ラブライブ!サンシャイン!!」第03話より 停電しつつも皆の協力を得て大成功! この時点で伝説的ライブであり、惹かれる娘が出るのも当然と言えば当然
「ラブライブ!サンシャイン!!」第03話より
停電しつつも皆の協力を得て大成功!
この時点で伝説的ライブであり、惹かれる娘が出るのも当然と言えば当然

また百合的な面では気になるのは理事長となった鞠莉を始めとした3年生ズ。
鞠莉はダイヤ、果南とも因縁があるようで・・・?
ラブライブサンシャインep03_02_01三年生ズ

「ラブライブ!サンシャイン!!」第03話より これまでの流れからダイヤ、果南とも面識があるらしい鞠莉 嫌い、とまでは行かずとも歓迎はされていない感が有りますが・・・?
「ラブライブ!サンシャイン!!」第03話より
これまでの流れからダイヤ、果南とも面識があるらしい鞠莉
嫌い、とまでは行かずとも歓迎はされていない感が有りますが・・・?

割合素直な印象がある1~2年生ズに比べて、ややこしそうな3年生ズ。
ストーリー的にも百合的にも山場になりそうであり、ここは注目所になりそうです!


と、楽しんでいる本作ですが客観的に見た場合、良くも悪くも前作を踏襲し過ぎている気がしないでも無いですね。

いや百合好きとしては変に方向性を変えない欲しい所では有るのですが、これまでの展開がかなり前作と似通っており、先述した通り"客観的に見た場合"2番煎じのように見えるのでは?という想いも。

個人的には充分に楽しませて貰っていますが、この辺りはちょっと心配かなぁ。
まぁどっちにせよ、この流れなら最後まで視聴するとは思いますけどね(笑)


当サイトの次のの記事
「ラブライブ!サンシャイン!!」第04話 百合的感想

当サイトの以前の記事
「ラブライブ!サンシャイン!!」第02話 百合的感想


公式サイト
ラブライブ!サンシャイン!! Official Web Site


BD

OP/ED



「クオリディア・コード|QUALIDEA CODE」第03話 百合的感想

舞姫&ほたるのイチャイチャを楽しみに視聴している本作。
メインが東京勢、千葉勢と来ての第3話ですが・・・
期待を思いっ切り裏切る東京勢回!
しかも百合要素薄い上にお話としても・・・OTL
でした・・・。


ちきしょう・・・この流れなら今回は神奈川勢回だろ・・・何で、ここで東京勢回なんだよ・・・。
しかもお話として面白くないとかダメ過ぎだろ・・・。

え?男が活躍するとすぐに愚痴るのは百合好きさんの悪い癖だ?
いやまぁ、それは否定しませんけどね(笑)


でも今回は本当に酷い。
と言うか、壱弥が酷い。

今回の壱弥の言動をざっと書くと

  • 本来の任務である哨戒任務を放って私用(負傷した部下への見舞い)に出かける

  • 哨戒任務中だった部下達がこれまで確認された事の無いド級の敵を確認、周辺の施設を制圧された事もあり現場不在を咎められる

  • 責任を感じたのか、3都市合同で討伐する予定だったのを一人で勝手に出撃

  • 案の定一人では手に負えず、援護に来たカナリアを始めとした仲間共々ピンチに
     (しかもカナリアは無理な能力使用が祟って負傷)

  • 最後には千葉さん、神奈川さん助けて~~

もうヤダ、こいつ・・・('A`|||)


哨戒任務を放っておいたのは哨戒任務がルーチンワークになる事が多い事や私用の内容が負傷した部下への見舞いという事で、まだ良いでしょう。

が!

一人で粋がって出撃し、諸々の予定、作戦を乱しまくった挙句に「カナリアが負傷したから助けてくれ~」ってアンタねぇ・・・。

と言うか、司令さん達が今まで確認された事が無い敵だって言ってたでしょ?
っていう事は未曾有の敵である可能性が高いって事でしょ?
そんな事も分からないの?


・・・まぁ悪い事ばかり言うのも何なんで一応フォローすると、自分以外に犠牲者が出ないように他人を遠ざけているんでしょう。

でもねぇ・・・結局は他人を巻き込んじゃっているし、霞お兄ちゃんじゃないけど万年4位がそんな言動を取っても無様なだけです。

正直、今回ばかりは視聴しているのが辛いレベルでした・・・。
唯一のオアシスは舞姫&ほたるの
「今夜は寝かせないぞ♪」
くらいでしたね、ハイ(笑)

「クオリディア・コード|QUALIDEA CODE」第03話より "そういう意味"でのセリフじゃないのですが、今のほたるちゃんが言うとシャレにならない感が有りますねぇ(笑)
「クオリディア・コード|QUALIDEA CODE」第03話より
"そういう意味"でのセリフじゃないのですが、今のほたるちゃんが言うとシャレにならない感が有りますねぇ(笑)

まぁ流石に今回のエピソードで壱弥は一皮むけるとは思いますが、今後もこんな調子だったら視聴を続けるのは辛いかも?ですr(--;)


当サイトの次の記事
「クオリディア・コード|QUALIDEA CODE」第04話 百合的感想

当サイトの以前の記事
「クオリディア・コード|QUALIDEA CODE」第02話 百合的感想

公式サイト
クオリディア・コード|QUALIDEA CODE


CD OP

CD ED



神奈川勢 小説版
あらすじだと百合かどうか分かり辛いですが、最後まで読めば「百合しか無かった」という感想になるはず!

「レガリア The Three Sacred Stars」第02話 百合的感想

予想以上の百合度でスタートした「レガリア The Three Sacred Stars」。


その第2話ですが・・・

相変わらずのユイレナ祭り

しかもダークホースも居るしでますます楽しみ!

という感じですね!


ストーリー的にはイングリッドさんが明確にユイの敵として登場・・・レガリアであるレナを引き渡せと要求するのですが、ユイが女皇としての矜持そして純粋にレナが大事であるという理由でイングリッド達と戦う決意を固める流れが、もうね!!

ニヤニヤが止まりませぬ(笑)

「レガリア The Three Sacred Stars」第02話より ユイがレナを守ると決意表明するシーン 手繋ぎする辺りが分かっていると言うか、心憎いと言うか!
「レガリア The Three Sacred Stars」第02話より
ユイがレナを守ると決意表明するシーン
手繋ぎする辺りが分かっていると言うか、心憎いと言うか!

が!


まぁこの辺りはお約束であり王道。

今回はそれ以外にも注目すべき点が二つ有ります!


まずはユイの側女ちゃん候補(笑)であるアオイさん。

他の臣下と比べて一歩ユイに近いと言うか、臣下以上の感情が有りそうな印象です。

うん、この人、「神無月の巫女」の乙羽さんと同じ匂いがするぞ(笑)

「レガリア The Three Sacred Stars」第02話より ユイを心配するアオイさん 一臣下以上の感情があるように思うのは管理人だけ?
「レガリア The Three Sacred Stars」第02話より
ユイを心配するアオイさん
一臣下以上の感情があるように思うのは管理人だけ?
「レガリア The Three Sacred Stars」第02話より ユイのレナを守ると言う決意表明中、何故か表情が見えないアオイさん その心中には一体どんな感情が渦巻いているのか・・・気になるところです
「レガリア The Three Sacred Stars」第02話より
ユイのレナを守ると言う決意表明中、何故か表情が見えないアオイさん
その心中には一体どんな感情が渦巻いているのか・・・気になるところです

そして・・・冒頭で言及したダークホース。それがレツちゃん!!

もう、この娘、絶対にユイが好きでしょ!


で、言い出せずに苦しんでいるっていう状況でしょ!!

アオイさんが乙羽さんボジなら、この娘はマコちゃんポジだね(*^-')ゞ

レガリアep02_004_01レツちゃん
「レガリア The Three Sacred Stars」第02話より 抱き付いてきたユイを抱きしめようとして思い止まるレツちゃん 「結婚しよう!」は冗談めかしていたけど、きっと本心だったのでしょう
「レガリア The Three Sacred Stars」第02話より
抱き付いてきたユイを抱きしめようとして思い止まるレツちゃん
「結婚しよう!」は冗談めかしていたけど、きっと本心だったのでしょう

とまぁ本編が百合塗れで嬉しい状況でしたが、今回で初お披露目となるEDもね、もうね!


ユイレナの成長記録みたくなっているお蔭で、これまた百合百合しい!

他のカプも少しとは言え、描写(イラスト)が有りますし、最後までニヤニヤが止まりませんでした(笑)

「レガリア The Three Sacred Stars」第02話より 今回は憎まれ役だったイングリッドさんですが、ケイの前だとこんな表情も
「レガリア The Three Sacred Stars」第02話より
今回は憎まれ役だったイングリッドさんですが、ケイの前だとこんな表情も
レガリアep02_007_01ユイレナED
「レガリア The Three Sacred Stars」第02話より ユイとレナ、成長の描写を入れてきて、二人寄り添うシーンが〆って・・・! 鼻血が出るかと思いました(笑)
「レガリア The Three Sacred Stars」第02話より
ユイとレナ、成長の描写を入れてきて、二人寄り添うシーンが〆って・・・!
鼻血が出るかと思いました(笑)

と言う訳で百合的には今回も大満足でしたが、ストーリー設定には気になる点も。

それはユイの女皇という設定。


御前会議が開かれていましたが、ユイの権力はどの程度の物なのか。

またアオイを始め、皆高い忠誠をユイ(王家)に示していましたが、その源は何処から来るのか。


そして・・・最大の謎であり不思議な点は(権力の有無に関わらず)"女皇"という高貴な身分であるユイに一人の護衛も居ないこと!!


今回、思いっ切り不審者であるイングリッドさん一味が接近しまくってたけど、これ相手に害意があったら完全にアウトだったと思うぞ・・・r(^^;)

レガリアep02_005_01不審人物ズ
「レガリア The Three Sacred Stars」第02話より 不審者ズのお二人(笑) 当サイト的には百合ップルにボコられて、爆発四散オタッシャデー!という役割しか期待されていないという事を考えると、ちょっと可哀想かも知れない(笑)
「レガリア The Three Sacred Stars」第02話より
不審者ズのお二人(笑)
当サイト的には百合ップルにボコられて、爆発四散オタッシャデー!という役割しか期待されていないという事を考えると、ちょっと可哀想かも知れない(笑)

百合的には女皇であるが故にレナの事だけを考える訳にはいかない、と思い悩むなど良い方向に作用している設定だと思いますが、純粋にストーリーとして見ると疑問が多いのも確か。

この辺りのフォローがあるか、ちょっと気になる所では有りますね。


当サイトの次の記事
「レガリア The Three Sacred Stars」第03話 百合的感想

当サイトの以前の記事
「レガリア The Three Sacred Stars」第01話 百合的感想


公式サイト

TVアニメ「レガリア The Three Sacred Stars」公式サイト

BD/DVD

BD/DVD amazon特典付

CD(OP/ED)



りりくる -LIly LYric cyCLE- Vol.2「bitter honey」

大人気百合ドラマCDシリーズの第2弾。
前作「恋心フレンズ」が親友百合がテーマだったのに対して、今作は姉妹百合がテーマ。


百合ジャンルとしては割合ポビュラーな姉妹百合ながら

  • 義理では無く実の姉妹
  • 姉妹愛では無く恋愛感情
だと言う点において、かなり踏み込んだ作品。


そんな近くて遠い関係性だからか序盤は姉である真優が真衣との距離と真意を測りかねて、ややヒステリックな面を見せるためりりくるシリーズとしては珍しく、ギスギスした雰囲気になる瞬間も。

まぁそこはりりくるシリーズ。
それはあくまで"一瞬"でやっぱりイチャラブになっていきますけどね(笑)


シリーズとしては、やや珍しい展開が有りつつも実の姉妹というリアルでは中々に難しい関係と、りりくるシリーズのイチャラブというコンセプトを両立させているのが本作の聴き所。

最初は妹の真衣をうざがる、嫌っているように見せかけて、それが「真衣は"私"ではなく立派な"姉"を見ているから」という誤解から来る反発だというのが分かり、和解&恋心を自覚した後は本当に甘い!

いわゆる"ツンデレ"全開の真優が
「アンタ(真衣)は私の事だけを見ていれば良いのよ!」 といったセリフを言うのは、相当に来る物が有ります(笑)

そして勿論、シリーズお馴染みの唇同士では無いキスシーンも有ります!
唇同士では無いとは言え二人の恥ずかしがる雰囲気が素晴らしくて、下手なキスシーンより悶えます(笑)


もう一つの聴き所はVol.2になって時間軸が進み、他シリーズの娘達との交流が進んで来ていること。
元々交流があった真衣と彩愛&陽菜は勿論、彼女達とアリス、そして他シリーズで有りながら一際存在感を放つイヴ。

今はもう完全に判明していますが(笑)、イヴがとんでもない飛び道具である片鱗を既に見せています。
その飛び道具振りに真優も
「この人、苦手だけど・・・」
と思わず内心呟くほど(笑)

まぁ個人的にはイヴ大好きですけどね!


以上でしょうか
冒頭でも書いたように"実の姉妹の百合"というシリアスになり勝ちなテーマを恋愛としてのラブイチャを前提にした、りりくるシリーズの一作としては勿論、姉妹百合好きとしても聴き所満載の作品。

りりくるシリーズ全般に言える事ですが、百合好きなら聴いて損無しの作品ですね。

※当サイトの関連記事
タグ:りりくる -LIly LYric cyCLE- シリーズ

公式サイト
りりくる ~LIly LYric cyCLE~」情報公開中!


試聴ボイス


「クオリディア・コード|QUALIDEA CODE」第02話 百合的感想

さて予想通り東京勢メイン=男性主人公だったものの、舞姫&ほたるは美味しかった本作。

続く第2話ですが・・・
ほたるちゃんの舞姫病が末期!Σ( ̄■ ̄;;
でした(笑)

第1話の時点でかなり症状が深刻だった印象でしたが、今回でそれが確定。
前回の記事で冗談で書きましたが、本当にヒメニウムが脳にまで達していたとは(笑)

「クオリディア・コード|QUALIDEA CODE」第02話より 「ヒメニウムが足りない、ヒメニウムが足りない・・・」 完全にヒメニウム中毒患者です(笑)
「クオリディア・コード|QUALIDEA CODE」第02話より
「ヒメニウムが足りない、ヒメニウムが足りない・・・」
完全にヒメニウム中毒患者です(笑)
「クオリディア・コード|QUALIDEA CODE」第02話より 無言でヒメニウム補給へ(笑) 百合好きとしては補給シーンは是非映してほしかった!
「クオリディア・コード|QUALIDEA CODE」第02話より
無言でヒメニウム補給へ(笑)
百合好きとしては補給シーンは是非映してほしかった!


まぁ逆向きに言うと百合的な見所はそのくらいしか無かったのですがr(^^;)
ただ、神奈川勢を中心に見ている身としては青生ちゃんの出番が有ったのはちょっと嬉しかったかも。

ヒメニウム中毒患者四天王の中では、今一つ目立たないですが裏方として頑張っているので報われて欲しい娘です。

「クオリディア・コード|QUALIDEA CODE」第02話より ヒメニウム中毒の症状が一番軽いせいか、今一つ前に出れない不憫な娘です
「クオリディア・コード|QUALIDEA CODE」第02話より
ヒメニウム中毒の症状が一番軽いせいか、今一つ前に出れない不憫な娘です


・・・壱弥に無能呼ばわりされたけどな!\(`Д´)/

第1話の時点で好感度低かったけど、今回の件で更に下がったわ!
と言うか、コイツよく他人を無能呼ばわりしているけど、ライバル都市を実質的に運営している人間の事すら知らないで、よくそれだけ大口叩けるなと思う。

※小説版を読む限り舞姫は神奈川のトップだが、組織として神奈川を実質的に運営しているのは青生。
人体で言えば舞姫は頭で青生は首に当たり、神奈川という身体が舞姫の意志に沿って動いてくれるのは青生のお蔭。

そういう意味では他の四天王(ほたる、銀呼、柘榴)は強力な手足(戦力)ではあるけど、居なくても組織としては困らない。
勿論、舞姫(と百合好きの)の精神的な要素を考慮すれば、ほたるは必要不可欠だけども。


そういう意味では千葉勢の方が、まだ好感が持てるなぁ。
霞お兄ちゃん、ちゃんと"お兄ちゃん"してますからね(笑)


と言う訳で、水着回だったので一般的な見所はともかく(笑)百合的な見所はやや少なかった今回。
流れとしては東京勢メイン、千葉勢メインと来ているので次回は是非神奈川勢メインとなる事を期待したいです!

当サイトの次の記事
「クオリディア・コード|QUALIDEA CODE」第03話 百合的感想

当サイトの以前の記事
「クオリディア・コード|QUALIDEA CODE」第01話 百合的感想

公式サイト
クオリディア・コード|QUALIDEA CODE


CD OP

CD ED



神奈川勢 小説版
あらすじだと百合かどうか分かり辛いですが、最後まで読めば「百合しか無かった」という感想になるはず!

COMICメテオ

作品カテゴリに"百合"が設けられるなど、百合に対して比較的意欲が高いWebコミック誌です。

※作品カテゴリが整理された際に百合カテゴリは無くなった模様(カテゴライズされていた作品が無くなった訳では無いですが・・・) 残念(--;)

百合カテゴリに分類されていなくても百合要素のある作品がチラホラあるのもポイント。
商業系のWeb作品公開サイトの中では是非押さえておきたいサイトの一つです。

公式サイト
日本最大級の無料Webコミック[COMICメテオ]

管理人が百合要素が有ると感じた作品