« 3月 2017 4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Category Archives: プレイ日記

「Fate/EXTELLA」プレイ日記07

さて、メインストーリーは終了し、女性キャラのサブストーリー・・・残ったジャンヌとエリザベートをプレイしてみました!

ジャンヌ お話としては投げっ放しだが、アルテラを守るジャンヌはカッコイイ!

サブストーリーなので、3ステージしか無くお話としては短く物足りないボリュームでは有ります。

EDも「私がアルテラを守ります!」と高らかに宣言する辺りは色々と昂るのですが(笑)、そこでエンディングですからねぇ(苦笑)

とは言え、終始アルテラを気にかけ、ギルガメッシュからは「姉妹のようだ」と言われたりと、妄想のネタとしては十分に楽しませて貰いました(笑)

「Fate/EXTELLA」より
常にアルテラを気にかけるジャンヌ
アルテラの態度は素っ気無いですが、ギルガメッシュに取っては姉妹のように思えた模様
プレイアブルキャラとして ジャンヌ

武器が旗であるめか、振り回す攻撃が多く使いやすかったです。

「Fate/EXTELLA」より
旗を振り回しながら突進
それなりの攻撃範囲と移動を両立させた、中々使いやすい攻撃でした
「Fate/EXTELLA」より
タケコ○ター~♪
正直、ネタ攻撃でしかないですが(笑)、使っていて楽しかったですね

また、旗による攻撃以外にも跳んで跳ねての攻撃や剣による攻撃も有り、意外にもバリエーションに富んだ戦闘スタイルでした。この辺りは流石トップサーヴァントという事でしょうか。

「Fate/EXTELLA」より
時には剣による攻撃も

まぁ宝具を使用すると絶命するというのは、どうかと思いましたが(苦笑)

ライフゼロになっても復活手段は色々とあるので、そこまでデメリットでは無いかも知れませんが・・・それでも、ねぇ?

エリザベート 予想通りとは言えオチが酷かった(笑)

続いてはエリザベート。

こちらも3ステージしか無いので、早足&細かい設定は気にしちゃいけません(苦笑)

まぁそれでもエリザベートは色々と酷いのですが・・・まぁオチが”あのオチ”だったから仕方ないねr(^^;)

「Fate/EXTELLA」より
各勢力を潰して回るエリザートの力に屈服するサーヴァント達
まぁ言葉の端々にネタっぽさがある訳ですが(笑)

と言う訳で、エンディングからしてオチ要員=基本的にネタキャラ街頭まっしぐらでしたが(笑)、エンディングでタマモに高圧的に出るエリザベート「こういうカプも有りかな」と思わせてくれたので、それはそれで楽しめました!!(爆)

プレイアブルキャラとして エリザベート

足を止める攻撃の多くが演出攻撃となっている事や移動しながらの攻撃が充実していたので使いやすかったですね。

威力の高い尻尾攻撃はアグレッサーに突進攻撃は雑魚に演出攻撃はサーヴァントに、と言う感じで使い分けるとスムーズに攻略出来ました。

「Fate/EXTELLA」より
槍に乗って突進
最後まで行くとコケちゃいますが、途中でジャンプすれば隙なく行動出来るので使いやすかったです
「Fate/EXTELLA」より
尻尾攻撃 隙は有りますが邪魔されない状況なら高威力なので頼りになりました
「Fate/EXTELLA」より
拷問の花形(?)アイアンメイデン
サーヴァントすら吸い込む、ダイ○ンも驚きの吸引力です(笑)

ストーリー中では散々弄られていましたが、プレイアブルキャラとしては普通に使いやすく実力もある印象。

いっつも三流の地下アイドルみたいに言われるのは、やっぱり普段の言動が問題だからなのかなぁ(苦笑)

非常に手のかかる娘って感じですが、だからこそ主人公がちゃんとマスターになった展開も見てみたかった気も。

大まかにはほぼ終了 細かいエピソードも拾えば百合要素は終わりかな

と言う訳で百合要素は大まかには終了。

メインストーリーのイベントムービーが埋まっていない箇所も有りますが、それはクリア後に再スタートしてトークすれば良いとの事で、さほど時間は掛からないでしょう。

次回辺りでまとめ記事にして、〆にしたいですね。

対応機種 : PS4/PSVita
ジャンル : ハイスピードサーヴァントアクション
プレイ人数 : 1人

当サイトの以前の記事

「Fate/EXTELLA」プレイ日記06

公式サイト

Fate/EXTELLA(フェイト/エクステラ) 公式サイト

「無双☆スターズ」プレイ日記01

さてさて今回は突然ですが「無双☆スターズ」の話です。

お前、今は「FLOWERS秋篇」と「Fate/EXTELLA」やってんじゃねーのか?とか百合ゲーサイトなら「BLUE REFLECTION」やれよ、とか言われそうですが、今回は「無双☆スターズ」です。

何故か?

「よるのないくに2」の情報がさっぱり来ないからストレス溜まってんだよ!!!(`Д´)

本来なら、もう手元に有る発売予定日だったのに、ずっと音沙汰無しですもん!

と言う訳で、そのストレスをクリストフォロスが使用可能という「無双☆スターズ」で発散していたので、話題にする事にした次第です(笑)

まぁ真面目な話、アーナスとクリスが使用可能という事で、どこかで話題にしようと思っていましたが、扱いの悪さから考えて(苦笑)アーナスとクリスはすぐには使えない=記事にするのは後になると思っていましたけどねr(^^;)

まさか最初からアーナスルートが解放・・・と言うか、ぶっちゃけ”ルート”がある事自体驚きでした(苦笑)

「無双☆スターズ」より
アーナスがいきなり使用可能とは思っていなかったので、驚き&嬉しい誤算でした

で、お話の筋は異世界召喚モノなので、アーナスが召喚されれば一緒の世界にいるクリスも当然一緒という事で使用可能に。

「無双☆スターズ」より
アーナスと一緒に召喚されたのはクリス、リオ
戦闘力という意味では一般人(だと思う)リオですが、クリスを前にしても物怖じしないのは職業の為せる技でしょうか

まだまだプレイ時間は少ないですが、クリスの友好度orお風呂イベントに番外編的とは言えEDにも到達できたので、百合的な要素に関しての考察を中心に語ろうかと。

「無双☆スターズ」より
クリスをリーダーにして、いざ出陣!
百合ゲーとして楽しむのは難しいものの、ネタとしては宝庫

百合的には友好度orお風呂イベントが”1イベント”と言うよりは”1シーン”といった方が良いくらいに短く、百合目的でプレイするのは正直厳しいです。

が!!

有り得ない組み合わせ、有り得ないシチュで交わされるやり取りは色々と妄想を刺激してくれる事も、また確か!

特にアーナスとクリスの友好度イベントは、百合脳人間には「え?これってリュリーティス×アーナス←クリスも有りって事ですか!?」みたいな気にさせてくれますし!(笑)

友好度イベントなので一応伏せます

またクリス関連だとリオとのやり取りが楽しいですね!

これは「よるのないくに」本編でクリスがアーナス以外とほとんど絡まない、「よるのないくに」本編に明るく楽しいお姉さんキャラが居ないという事もあって凄く新鮮。

特に態度がフランクと言うか、距離が近い感じがこれまた妄想を刺激するのが◎

まぁ異世界人とは言え人間を薙ぎ払うクリスに対して「キテるわね! 破滅のオーケストラ!」と褒めるセンスはどうかと思いましたが(笑)

「無双☆スターズ」より
フランクに褒めてくれるリオ
友好度/お風呂イベントでもそうですが、リオはクリスの素顔に興味が強い印象です

またクリス以外をリーダーにした状態での会話や他のキャラのちょっとした会話も妄想を刺激してくれるものがいくつか。

特に面白かったのがプラフタで、どっちかと言えばダークサイド寄りのキャラと会話を交わしている姿が多い印象が。

中立もしくは独自の価値観を持っているクリスはまだともかく、レグリナの行為はプラフタとは相容れないと思っていたので、これには結構ビックリ。

「無双☆スターズ」より
獣人を見たクリスから貴女も耳と尻尾をつけたら?と言われ、満更でもなさそうなプラフタ
百合脳人間からすると浮気ですか?って気分に(笑)
「無双☆スターズ」より
プラフタの駆動機兵に興味を示したレグリナに対し、罠に興味を示すプラフタ
レグリナの罠はどう見ても拷問、殺戮といった印象しかないのですが・・・(汗)

異世界人のする事だからと割り切っているのか、それともレグリナの罠の機構に純粋に興味が有るのか。

実はプラフタは過去にソフィーにはとても言えないような後ろ暗い研究・開発をやっていた・・・とか考えると中々面白いかも。

(研究者が兵器、拷問or処刑器具を開発するというのは結構普通にあるようなので)

クリスのストーリー上の立ち位置

先ほどアーナスルートと書きましたが、お話の基本的な軸は異世界の王族である環、志貴、刹那に召喚され、次期王を巡る権力争いに巻き込まれるというもの。

まぁ世界その物がピンチになっている事やこういったお祭り的ゲームで、本気でそんな生臭い展開にはならないでしょうが(苦笑)。

ともあれ、そんな感じなのでアーナスがメインと言うよりは召喚主である刹那がお話としてはメインになるため、あんまり”ルート”と言う感じはしないですね。

なので、一緒に召喚されたクリスもそこまで目立つ感じはしません。

が、本編の雰囲気同様に道化のような言動は健在。時にはレグリナ&ミレニアの罠罠ペアを焚き付ける場面も。

「無双☆スターズ」より
中々元の世界に帰れない事に業を煮やしたレグリナ達を焚き付けるクリス
この辺りはやはり妖魔と言う事でしょうか
「無双☆スターズ」より
人をからかうような、惑わすような言動は本編同様

あと、これは全キャラ共通ですが、本編での設定を感じさせる言動があり、そこはお祭りゲームとしてニヤリとさせてくれますね。

「無双☆スターズ」より
”父親”を大切に思うという点でレグリナと共感するクリス
この辺りは本編をプレイ済みだと「なるほど」と思わせてくれますね
「無双☆スターズ」より
黒猫が居る時にピンときましたが、予想通りの反応をしてくれるクリスにニヤリ
クリス プレイアブルキャラとして

公式サイトでも少し確認出来ますが、クリスの特徴は楽器を展開してからの強烈な攻撃。

射程や範囲が大きい攻撃も多く、攻撃を振り回している内に気付かず敵将を倒す事もしばしばです(笑)

が、攻撃モーションが全体的に遅く、移動速度も(あくまで体感ですが)遅め。

また管理人の腕では楽器を効率良く展開しながら戦うのが難しく、正直一般人設定のリオの方が使いやすかったり(苦笑)

「無双☆スターズ」より
楽器を展開してからの攻撃が強烈なクリス
しっかりと攻撃の特性を理解して使えば、かなり強いのですが・・管理人の腕ではその特性を使いこなしているとは言えず(汗)

要はテクニカルなキャラと言える訳で、使いやすい方では無いと思います。

ですが、そんなデメリットを全く気にさせない・・・と言うか、非常に楽しいのが必殺攻撃。

楽器(ホルン?)を呼び出してからの極太ビーム攻撃なのですが、これが強い強い。

クリスは高らかに「フィナーレだ!」と宣言していますが、正にティロ・フィナーレ級の威力で直撃させれば大抵のヤツはそのまま蒸発します(笑)

「無双☆スターズ」より
直撃させればほとんどの敵が沈む極大攻撃
敵将を手早く倒す事が求められる本作では重宝する必殺技です

特に三國無双シリーズでは毎度毎度 手を焼かせてくれる呂布が一撃で沈む様を見ていると「人間如きが・・・!」妖魔気分を満喫できます(笑)

まぁビーム=直接的な攻撃なので外したり、レベル差が大きいと耐えられたりしますが、そこはリオ&ほのかの合体スキル”女神たちの遊戯”で必殺ゲージを即チャージしてもう一発撃てば事足りますからね。

ちなみにサポートキャラスキルは防御力上昇、レベルが上がれば攻撃付加で手堅く使える感じ。

上記の”女神たちの遊戯”のデメリットである防御力低下を打ち消せるので、そういう意味ではサポートキャラとして使いやすかったです。

「無双☆スターズ」より
クリスのサポートスキル
合体スキル2はまだ誰と出すのか未確認
「無双☆スターズ」より
ついでにアーナスのサポートスキル
合体スキルが女性キャラとばかりと言うのは百合ゲー主人公の面目躍如でしょうか(笑)
ゲーム全体として

最後にゲーム全体としての印象を。

各キャラが”英雄”という事である事や戦闘不能回避のスキルをカードという形で付与する事も可能である事から高難易度で無ければ自分が負けるという事はあまり無いですね。

ただ戦闘中だけのレベルである”ブレイブ”という存在があるため、同じキャラでも強かったり弱かったりがあるので、状況によっては驚かされる事も。

(雑魚の敵将でもブレイブのレベル差が大きいとかなり強い)

まぁこれは戦闘に緊張感を持たせるという意味では良いかも知れません。・・・自分のブレイブが上がりきると掃討戦になっちゃいますが(苦笑)

あと気になったのは移動する事が多い・・・特に味方がやられると負けるというステージの場合は特に移動が重要なのですが、そういう時に馬などの乗り物が無いのは辛い!

ここは本気で乗り物が使えるようにして欲しかったなぁ・・・。特に最近は「Fate/EXTELLA」をプレイしていたので移動が遅いのが結構ストレスになったのでr(^^;)

とは言え、こういうお祭り的なゲームは好きなので、楽しめていますね~。

特に無双フィーバー中のカオス感はかなり好き(笑)

「無双☆スターズ」より
本作の雰囲気をもっとも表した攻撃「無双フィーバー」
もう何が何やら・・・って感じですよ(笑)

あとは・・・重要なシーン、例えばムービーや友好度イベントなど以外はセリフボイスが無いのはちょっと残念かも。

まぁキャラ数を考えるととんでもないボイス量になるので仕方ない事ではあるんですけどね。

先述した通り、百合ゲーとして楽しむのは難しいですが、ネタとしては色々と楽しめるので好きなキャラが居ればプレイしてみると新しい見方が出来るかも?です!

公式サイト

無双☆スターズ(PS4/PS Vita)

「FLOWERS秋篇(PC版)」プレイ日記04

譲葉先輩が改めてネリネ先輩への想いを再確認した前回。

今回は・・・遂に2回目の推理まで到達! 今回も勝ち目の薄い勝負を挑む事になりました(苦笑)

シェイプシフターの次はウェンディゴ 譲葉先輩の受難は続く

さてさて前回はシェイプシフター事件のお蔭でハロウィンパーティーが中止するかも?で奔走した譲葉先輩ですが、今回の事件は「森を彷徨うウェンディゴ」。

よくよく怪異事件が起こる学園ですねぇ・・・正直、プレイヤーの身としては「いい加減にしろよ、聖アングレカム (^--^#)」って気分です(笑)

とは言え、今回もまたケガ人(ウェンディゴを見た際に慌ててケガをした生徒)が居る以上、不審者事件という事になり放っておく事も出来ません。

しかも今回影響を受けるかも知れないイベントはネリネ先輩と想い出の歌を一緒に唄う合唱会。譲葉先輩の意地と想いのためにも、そして百合好きなプレイヤーの身としても調査は必須でしょう(笑)

が。

どうもバスキア教諭は合唱会を中止するつもりも延期するつもりも無い様子。

Copyright Innocent Grey/gungnir All Rights Reserved.
URL:http://www.gungnir.co.jp/innocentgrey/
「FLOWERS秋篇」より
力強いバスキア教諭のお言葉
毎回毎回ちっとも仕事をしてくれない教師陣ですが、流石に今回ばかりは働いてくれるという事でしょうか

プレイヤーの身としては「合唱会に影響が無いなら、それで良いじゃん」と思う所ですが・・・譲葉先輩の意地が、ネリネ先輩との合唱会にケチを付けられたくないと言う意地がそれを許してくれません!

百合的に非常に萌える/燃える展開ですが、難しい推理を強いられるプレイヤーの身にもなって欲しい!(。´Д⊂)

Copyright Innocent Grey/gungnir All Rights Reserved.
URL:http://www.gungnir.co.jp/innocentgrey/
「FLOWERS秋篇」より
事件解決後の譲葉先輩の独白
この譲葉先輩の”意地”は美味しかったですが、毎回推理は心が折れるので辛いです(苦笑)
あと一歩の所で一発解答は失敗 理不尽さは無いものの、演出的には不満も

タイトルにも書いた通り推理の一発解答はあと一歩の所で失敗・・・。

具体的に書くと4回の選択のうち3回は成功したのですが・・・ラストが(T.T)

今回に限ってイベント(合唱会)に影響が無いなんて言うから絶対にバスキア教諭が怪しいと思ったのになぁ・・・。

う~~ん、前半の2回は直前にほぼ解答と呼べるヒントが出ているから今回は実質2回、しかもちょっと分かり辛いとは言え作中にしっかりとヒントが出ている事を考えるとサービス回だったのに・・・これを落してしまったのは悲しい。

Copyright Innocent Grey/gungnir All Rights Reserved.
URL:http://www.gungnir.co.jp/innocentgrey/
「FLOWERS秋篇」より
今回の選択肢は作中にキッチリとヒントが出ていたので、一発解答出来なかったのが本当に悔しい・・・!

とまぁ推理その物には悔しい想いは有りつつも不満は無かったです。以前もそうでしたが、気持ちの良い悔しさでしたからね。

ただ・・・ちょっと演出的には不満も有りました。

今回も以前の事件と同じくモブに当たるキャラが事件に関わるのですが、そのキャラに対する演出が全く無いのはちょっと不満かなぁ。

前回の事件ではちょろっととは言え、イラストで顔も出ていたのに今回はそれも無しですからね(苦笑)

もうちょっと突っ込んだ感想はネタバレになるので一応畳みます
百合的にはウェンディゴ事件は解決したものの大きな進展は無し むしろえりか&千鳥の方が・・・(笑)

タイトルにも書いた通り、譲葉先輩の百合・・・恋模様に大きな進展は無し。

後顧の憂い無くネリネ先輩との合唱会に臨めるのは大きいでしょうが、沙沙貴姉妹への想いの回答も含め依然保留中。

これは合唱会が終わらない事には結論は出ない感じですね~。

で。

これもタイトルに書きましたが、百合的にはえりか&千鳥の方が頑張っている感じですね(笑)

特に千鳥はウェンディゴ事件について話し合っている時には、えりかにウェンディゴ捜索をおねだりしたり、蘇芳の事を思い出していたえりかを牽制するような事を言ったり。

通常運転と言えば通常運転ですが(笑)、やはりニヤニヤさせられます。

Copyright Innocent Grey/gungnir All Rights Reserved.
URL:http://www.gungnir.co.jp/innocentgrey/
「FLOWERS秋篇」より
ハロウィンパーティーの時といい、言動がストレートと言うか「私が彼女!」みたいなオーラが凄いですね、千鳥は(笑)

それよりも千鳥に合唱の指導を受けるなどの理由があるとしても、後輩しかもカップルの部屋に入り浸りな譲葉先輩の交友関係が本気で心配になってきますr(^^;)

毎度毎度二人のイチャラブっぷりを見るハメになる事を考えると、中々キツいシチュエーションだと思うんだけどなぁ(苦笑)

あとは・・・バスキア教諭ことダリア先生に相変わらず弱いえりかですかねぇ。

千鳥は嫉妬深いと言うか、面倒臭い女だと思いますが(笑)えりかのダリア先生への態度を見ていると心配になってくるのも分かります。

ぱっと見、メロメロですからね(笑)

Copyright Innocent Grey/gungnir All Rights Reserved.
URL:http://www.gungnir.co.jp/innocentgrey/
「FLOWERS秋篇」より
ウェンディゴ捜索へ出かけようとした所へダリア先生から用事を頼まれた譲葉、千鳥、えりか一行
普段のえりかを知っていれば、こんな表情で頼み事をしてくるには相当な想いがあると勘ぐるのはある意味で当然
「ダリア先生に恩が有るから」という理由だけは無いのか?と訝る千鳥の気持ちも分かろうという物です

う~~ん、こうして改めて見ると百合的には完全に「FLOWERS 夏篇」のアフターだわ、これ(笑)

早く本筋である譲葉先輩の百合になるよう進めないと、ですね(笑)

対応機種 : PC(Windows)/PSVita
ジャンル : 百合系ミステリィADV
プレイ人数 : 1人

当サイトの次の記事

「FLOWERS秋篇(PC版)」プレイ日記05

当サイトの以前の記事

「FLOWERS秋篇(PC版)」プレイ日記03

PC版公式サイト

FLOWERS

PSVita版公式サイト

FLOWERS秋篇

PC版

PSVita版