« 1月 2019 2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

TVアニメ「結城友奈は勇者である」第2期制作決定! 「鷲尾須美は勇者である」と続編の予定とのこと!

百合要素も楽しめたTVアニメ「結城友奈は勇者である」第2期制作が決定したとのことです!

公式サイト

TVアニメ「結城友奈は勇者である」公式サイト

「結城友奈は勇者である」新五箇条発表PV

おお~!!素直に嬉しい!

シリーズとしては「乃木若葉は勇者である」などが続いていましたが、友奈を主人公とした物語が続くのかどうは分からない状態でしたからね。

何にせよ、また東郷さんとの婦妻振りを見せて付けて欲しい(笑)

まぁ前半は「鷲尾須美は勇者である」なので、実質6話分しか無いのはちょっと残念かなぁ。

「鷲尾須美は勇者である」も好きではあるけど・・・どうしても暗くなっちゃうからねぇ。ゲーム版をプレイしていた時でも結構切なかったけど、TVアニメだと直球で来る訳ですから・・・楽しみでは有るけど、ちょっと身構えている自分がいます(苦笑)

何にせよ、来年の楽しみが一つ増えて良かったです!

当サイトの関連記事

結城友奈は勇者である – 百合ゲーム時々、他事語り

百合の世界入門

これまでにもちょくちょく出版されてきた"百合"をフィーチャーしたムック本。結論から言えば
丁寧な作りで名前通り"百合(漫画)入門"としては好印象。ただ思う所もあり
でしょうか。

まず紹介されている作品は百合姫コミックス、ひらりコミックス、KADOKAWA系の作品を中心に手堅く纏まっており、冒頭にも言及した通り百合漫画の入門を勧める作品として概ね問題は無いラインナップ。

まぁ偏りが有ると言うか、「何故○○が無いんだ!」という面は有りますが、それは後で述べます。

"入門"という事で、よく訓練された百合好きの方に取っては物足りなさもあるでしょうが、百合好き声優 橘田いずみさんや著名な百合漫画家である仲谷 鳰先生、 缶乃先生、くずしろ先生、森永みるく先生、玄鉄 絢先生のインタビューは見所。

特にインタビュー記事を読んでいて思うのは改めて「マリみて」の偉大さを感じさせられる(笑)のと、百合作品を作る上での拘りは有っても百合作品を楽しむ上での拘りは無いって事でしょうか。

この辺りはくずしろ先生のインタビューでうんうん頷きましたね~。「お前が作品を好きでいてくれたら、私はもう十分だよ」は至言だと思います。

あ、あと缶乃先生曰く「「あのキス」の好きなカップリングをツィッターで教えて貰えたら励みになる」との事なので、是非是非お伝えしましょう!

ちなみに管理人は雪奈&十和子ペアと紗和&いつきペアが首位争いをしている感じですかね(笑) 勿論、全てのペア(カプ)に良さが有りますが!

と概ね楽しめた「百合の世界入門」ですが、冒頭にも書いた通り、思う所も。

まず作品紹介のラインナップが"百合漫画の入門を勧める作品として概ね問題は無いラインナップ。"という気持ちに偽りは無いものの、やや偏りがあると感じられる点。

百合姫、ひらり系の作品を中心に組むのが手堅いのは十分に分かりますし問題も無いと思いますがきらら系作品・・・ぶっちゃけ芳文社系の作品がほぼ無いのは疑問を持たざるを得ません。

確かにきらら系作品は"百合"という単語を前に出している作品は意外と少ないですが、それでも芳文社はつぼみコミックスを出していましたし、「桜Trick」も有ります。

捻くれた見方をすると意図的に芳文社系の作品を締め出して構成したのでは無いか・・・そんな風に思えてしまうのは残念なところです。

もう一つ気になるのはタイトル。

冒頭で"百合(漫画)入門"という表現をしましたが、本当に漫画作品にしか言及が有りません。(インタビュー記事で多少、他媒体の作品が話題になりますが)

そのため「百合の世界入門」というタイトルから漫画以外の媒体・・・アニメ、小説(ラノベ)、ゲーム等々の様々な媒体の百合作品について幅広く知る事が出来ると思って読むと拍子抜けしてしまうでしょう。

本としてのクォリティは満足出来ますし紹介文などに詳細は書いてはありますが、誤解を招かないよう漫画作品に特化した内容である事を示すタイトルだった方が良かったのでは無いか、とは思いますね。

くらげバンチ

バラエティに富んだラインナップが魅力の無料Webコミックサイト。

2016年10月現在 特別に百合を推している訳では無いものの「私と彼女のお泊まり映画」の紹介として「百合×映画」な、のんびりお泊まりストーリー♪という文言を用いたり、百合要素もあるアニメ作品にしてサンリオのリーサルウェポン「SHOW BY ROCK!!」のスピンオフ作品を連載したり(連載開始を教えに来て下さった訪問者様、ありがとうございました!)と百合要素のある作品を掲載する事に対して抵抗は無い様子。

また読み切り作品もに2本ほど百合要素が含まれている作品がある事を考えると、今後の動向次第でラインナップが変化するとも言え、そういう意味では応援し甲斐のあるサイトとも言えますね。

管理人が百合要素が有ると感じた作品

ゆたさんはままならない!

全1巻

紹介文
不器用なヤンキー×天然による、真逆な2人の日常を描いた「ポンコツのうた」シリーズに加え、少女たちのちょっとこじらせた恋心を描いた「うそつきは」も収録。
にもあるようにメインはヤンキー娘"れき"と天然娘"ゆた"の日常。

内容としては本当に日常といった感じで良くも悪くも波が無いのが特徴。これを安心して読めると取るか、変化が無くて面白味に欠けると思うかで評が分かれると思います。

個人的にはたまに見せるゆたさんの笑顔にドキっとするれきさんという構図は好きですが(笑)

「ゆたさんはままならない!」"ポンコツのうた 1"より 他愛無いシーンですが、女の子が女の子にドキッとするシーンは萌えます(笑)
「ゆたさんはままならない!」"ポンコツのうた 1"より
他愛無いシーンですが、女の子が女の子にドキッとするシーンは萌えます(笑)

「うそつきは」はお互いに好意を持ちつつも嘘と感情が拗れて本当の意味で結ばれない二人のお話。

すっきりしない感はあるものの決して面白く無い訳では無いのですが・・・作風が「ポンコツのうた」シリーズとかなり違う上に巻末に来ているので、ちょっと後味が良くない感は有ります。

「ゆたさんはままならない!」"うそつきは"より 無理矢理に関係を持った後に強い好意を持つものの・・・二人が本当の意味で結ばれたかどうかは語られずに終わります
「ゆたさんはままならない!」"うそつきは"より
無理矢理に関係を持った後に強い好意を持つものの・・・二人が本当の意味で結ばれたかどうかは語られずに終わります

まぁこれは作品の問題というより単行本の構成の問題なのですが・・・個人的には頑張ってもっと「ポンコツのうた」シリーズを描き下ろして貰って、ゆたさんとれきさんのお話で単行本を構成した方が好みにはなりましたね。

「お嬢様物語・憐」 進捗公開 スクショやシステムなどについて言及あり

お嬢様物語シリーズ新作「お嬢様物語・憐」の進渉が公開されています。

公式ブログ該当ページ

みつなりの部屋:お久しぶりです

しばらく動きの無かった本作ですが、記事を拝見するとHDDのデータが吹っ飛んだとの事で、そのまま開発が頓挫・・・という事にならなくて本当に良かったと思います。

とは言え、スクリプトが以前より綺麗に組めたとの事でマイナスだけでは無かったのは不幸中の幸いですね。

管理人の場合、万一このサイトが吹っ飛んだら多分復活出来ない。一応バックアップは取ってありますけど・・・自信無いなぁ(苦笑)

システム的にはダンジョンを一定の条件でクリアすると熟練度を得られるという、一種のやり込み要素が実装されるようです。

まあ熟練度を獲得しなくても全クリできる仕様なのでその道を極めたい人向けですね。との事なので、余裕があったら挑戦したいシステムですね。

公式サイト

お嬢様物語・憐_バナー

※関連サイト

製作者様公式サイト

かみありずき

「百合ねいと!」 公式ブログにて進捗情報公開!

しばらく動きが無かった「百合ねいと!」 ですが、公式ブログにて進捗が公開され、キャラ画像が公開されています!

公式ブログ該当ページ

『百合ねいと』進捗!: なつこんブログ

公式サイト

百合ねいと!

百合+おしっこと言うトンデモナイ触れ込みでスタートしたゲームですが(苦笑)、キャラ(主人公+ヒロイン)を見ると、物凄く普通な感じですね~。

・・・それだけに一体全体どんな展開になるのかと!(笑)

まぁこれまでの実績を考えると、多少変化球でも百合的に心配は要らないかと思いますので、そういう意味では普通に楽しみです。

自分の中にまた新たな地平を見つけてしまいそうで、その点だけはちょっと怖いですが(笑)

サークル様公式サイト

なつこん web site.

製作サークル なつこん様作品一覧

「フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~」 プレイ動画○○編3本が公開!

各プレイ動画3本が公開されました!

プレイ動画「タウンイベント」編

プレイ動画「ボスバトル」編

プレイ動画「調合」編

今回も各機能に絞った動画ですね。

「タウンイベント」ではキャラ同士の会話イベント以外にもクエストなどの発生した事が見て取れますね。この感じだとお金など"必須では無いけどクリアすると有利、得になる"イベントがちょくちょく起こるという感じでしょうか。

今回は一所に定着するスタイルでは無いので、こうしたクエストをこなす事で資金を稼ぐ事も重要になるかも?ですね。

戦闘は「メルルのアトリエ」に近い感じですが、チェインなどの要素もあるのでそれを見込んで一気に攻勢をかけるなどの戦略が重要になりそう。

システム的には面白そうですが・・・動画で見ているせいか、ちょっと迫力に欠ける感も。気のせいだと良いのですが(苦笑)

調合は細かいデザインなどが変わりましたね~。

個人的には材料の"色"が分かり易くなったのは有難いです。「ソフィーのアトリエ」の時だと、あれ意外に分かり辛かったので(苦笑)

あとボーナスパネルの変動など様々な効果をもたらす"触媒"は色々と試し甲斐が有りそう!「ソフィーのアトリエ」では基本的に調合釜を変えないとボーナスパネルは変動しないようですからね。

ざっと見て行くとフィールドや調合などは面白くなりそうですが、戦闘がややしょぼい感も有りでそこが心配な点かな?まぁ当サイトとしては百合要素が一番なので、そこさえ担保されればあまり問題は有りませんが(笑)

発売予定 : 2016/9/29予定→2016/11/2予定
対応機種 : PS4/PSVita
ジャンル : 錬金術再生RPG
プレイ人数 : 1人

公式サイト

フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~

関連サイト

フィリスのアトリエ オリジナルサウンドトラック/ボーカルアルバム特設サイト

【フィリスのアトリエ】オープニングムービー

【フィリスのアトリエ】プロモーションビデオ第二弾