« 11月 2018 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「レガリア The Three Sacred Stars」第04話 百合的感想

・・・突然の放送延期(9月より仕切り直し)の報に驚きを隠せませんがクォリティアップが目的との事なので、それを信じつつ第4話の感想です。


まず今回のエピソードを簡単に纏めると
ユイレナの試練回!
絆を試された二人の今後、そしてようやくクローズアップされてきたイングリッドさん&ケイ
今後が気になるけど、続きとなる第5話は10月頃放送なんだぜ!・゚・(ノД`)・゚・
ですね(笑)


今回のエピソードでは、これまでの心労が堪えたのか、それとも暴走の影響かレナに相当な焦りが見えます。
「レガリア The Three Sacred Stars」第04話より 何だかんだで聞き分けの良いレナにしては珍しく、ユイの制止を振り切って戦闘へ

レガリアep04_001_02レナ、強引に戦闘へ
「レガリア The Three Sacred Stars」第04話より
何だかんだで聞き分けの良いレナにしては珍しく、ユイの制止を振り切って戦闘へ

「ユイを困らせるヤツはあたしが倒してあげる!」
等のセリフから察するに自分のせいでユイを苦しめている・・・立場を悪くしているからこそ、その原因であるイングリッドさん一味の襲撃は全て自分で退けたいという想いがあるのでしょう。


ですが・・・今回の襲撃者アーベルさんはこれまでの敵とは格が違うようで、文字通り手も足も出ません。
レガリアep04_002_01アーベルさん強し レガリアep04_002_02アーベルさん強し

「レガリア The Three Sacred Stars」第04話より 老練の戦士といった風格のアーベルさん そのいぶし銀的魅力に違わない実力者で、レナが手も足も出ません
「レガリア The Three Sacred Stars」第04話より
老練の戦士といった風格のアーベルさん そのいぶし銀的魅力に違わない実力者で、レナが手も足も出ません
絶対絶命のピンチといった状況ですが、サラ&ティアの助太刀でアーベルさんが撤退してくれ、何とか命拾いしたレナ。
ユイを助けるために戦ったはずが終わって見れば更にユイの立場を悪くする・・・戦場となった施設(橋)を壊しただけと言う結果に。


想いが強過ぎるが故に空回る、というのは百合的な醍醐味ですが・・・流石にこれはまずいんじゃ・・・と思う状況です。
ですが、国民は橋を破壊された責任をユイ(王家)に追及するどころか視察に来た形になったユイの笑顔を受け、更に奮起する結果に。

う~~ん、なんて善良&忠誠心の高い国民なんでしょう!
いつも政府(内閣)の支持率が半分程度しかない国とは大違・・・ゲフンゲフン!!

まぁ百合好きとしてはユイへ忠誠を捧げるのは当然として(笑)、励まされた形になったユイは改めてレナと共に歩む決意をして次回へという流れに。


お話としては雨降って地固まるといった感じで王道かつ収まりの良い展開だったのですが、気になる点も。
まずサラ&ティアとレナの会話を見るに、レナの戦闘力が今一つなのはユイの力を借りていない・・・契約していないのが原因の様子。

サラの様子を見るとデメリットは無さそうなのですが、レナはやはり乗り気でなくその原因が気になるところ。
管理人の予想としては以前にも言及したように不老になる事だと思うのですが・・・。
(ケイの契約者たるイングリッドさんも年を取っていないらしい事から、不老になるのはほぼ確実そうです)
ストーリー的にも百合的にもユイレナに関しては、この"契約"が焦点になりそうですね。


そして他に気になる・・・と言うか、明かされたことが。

それは
イングリッドさんがリムガルド王国の第一王女
だということ!!

おおう・・・イングリッドさんの目的は未だ判然としませんが、現状の構図は
亡国の王女と一国の若き女皇との対決
ですよ!!

なんですか、その萌える構図!!

しかもその戦いの内容は
幼女の奪い合い ですよ!!

やば、鼻血が出そう・・・(*´Д`)

ハイハイ、落ち着こうね(o ̄∇ ̄)=◯)`ν゜)・;'


・・・スミマセン。
いやぁでも真面目な話、非常に面白い展開だと思います。

イングリッドさんにはイングリッドさんの、ユイにはユイの臣下や大事な人が居る、背負う物がある。

「レガリア The Three Sacred Stars」第04話より 恐らくイングリッドさんに取ってケイは、ユイに取ってのレナのような存在なのでしょう
「レガリア The Three Sacred Stars」第04話より
恐らくイングリッドさんに取ってケイは、ユイに取ってのレナのような存在なのでしょう
それらを賭けて全力でせめぎ合う。
百合云々を差し引いても面白く、燃えますね!

う~~ん、そんな中で次回のタイトルは"反撃"であり、正にそれが行われようとする矢先で放送延期・・・。
やっぱり待ち遠しいですねぇ・・・。


最後に余談。
今回も安定してサラ&ティアは百合百合&仲良しでしたね!

もしかしたら本作のベストカップルはこの二人かも知れません。

「レガリア The Three Sacred Stars」第04話より 「ティアはいつもサラに力を貰っているよ!」 「ねー!」 癒されますね(笑)
「レガリア The Three Sacred Stars」第04話より
「ティアはいつもサラに力を貰っているよ!」
「ねー!」
癒されますね(笑)
更に余談(笑)
(恋愛的には)報われない人好き(笑)としてはアオイさんの動向は気になるところ。
献身的にユイを支えているアオイさんですが、その源がどんな感情なのか気になりますね。
「レガリア The Three Sacred Stars」第04話より ユイレナが王道であると思いつつも、アオユイを応援したくなる自分も居ます(笑)
「レガリア The Three Sacred Stars」第04話より
ユイレナが王道であると思いつつも、アオユイを応援したくなる自分も居ます(笑)

当サイトの次の記事

「レガリア The Three Sacred Stars」第05話 百合的感想

当サイトの以前の記事

「レガリア The Three Sacred Stars」第03話 百合的感想

公式サイト

TVアニメ「レガリア The Three Sacred Stars」公式サイト

BD/DVD

BD/DVD amazon特典付

CD(OP/ED)


百合ゲーかも?「WITCHandFLOWER」

DLsite様を眺めていたら百合ゲーと思われる作品があったので話題に

DLsite様該当ページ

WITCHandFLOWER

PV

公式の紹介ページが見つけられなかったのでPVとDLsite様の商品ページでしか情報が有りませんね(苦笑)。

とは言え
百合をベースとした現代ファンタジーノベルゲームです。
地の文・モブを除くキャラ音声は、フルボイスとなっています。
エンドは複数用意していますので、どうぞお楽しみください。
とあり、百合を意識した作品である事はほぼ確実なようです。

プレイ時間は1時間程と規模は小さめなようですが、

  • EDは複数
  • フルボイス

など、かなり力を入れているようです。
金額的には比較的安価ですし、短編作品と思えば中々良さそうな作品ですね。

小百合さんの妹は天使

全4巻

「私… おねえちゃんとセッ○スしたい…!」

「小百合さんの妹は天使」第8話より 美琴のセリフもそうですが、それを受けた小百合さんのこの表情も秀逸でしたね(笑)
「小百合さんの妹は天使」第8話より
美琴のセリフもそうですが、それを受けた小百合さんのこの表情も秀逸でしたね(笑)

色んな意味で度肝を抜いた、このセリフが印象的ですが(笑)、中身は伊藤ハチ先生らしい柔らかく温かな-そしてちょっとだけ切ない-素晴らしい物語でした!

ストーリーラインとしては小百合さんの妹にして恋人にして欲しいと迫って来る美琴の背中に羽がある時点で、ある程度の察しが付くのですが小百合さんや美琴の関係や心情が丁寧に描かれているが故に、そんな事は全く気にならなかったですね。

あっと驚く展開では無く、二人の関係性や小百合さんの変化をじっくり描写する恋愛漫画の王道と言え、個人的には百合漫画の教科書の一つと言ってくらいです。

まぁ恋愛漫画を読むと眠くなるタイプの管理人が最後まで楽しく読めたのは美琴のエキセントリックな言動によるお蔭も有りますが(笑)

※例

  • 「あっでも畳ってどこでもすぐ押し倒せるからいいかも・・・」
  • 「姉と妹が裸で密室ふたりきりとかなにも起きないはずがないよ!!」
  • 「おねえちゃんの処女は私のものよ」
  • 「おねえちゃんと同じ産道も通ってないくせに」

等々。

上記のような言動を取るキャラが居るとギャグ寄りになり勝ちですが、それを深刻になり過ぎない範囲でシリアスに持っていくのは流石。

また小百合さん&美琴のメインカプ以外にも"王子様"な女性 男鹿さんと姫子、小百合さんと美琴に急接近してくる草薙さんなど見所は多いですね。

強いて難を言うならば綺麗に纏まったが故に、もう少し小百合さんと美琴のお話を見ていたかったかな、と言う想いが有る事でしょうか。

まぁこういう名残惜しさは全ての良い作品に抱いてしまう物ですけどね(苦笑)

「オートドールは朽ちた世界で夢を見る」第43、44話公開

第43、44話が公開されています。

公式サイト

オートドールは朽ちた世界で夢を見る/葉月双(カドカワBOOKS公式) - カクヨム

おお・・・バカップルばかりだ(笑)
でも皆、幸せそうで楽しい。

正直に言うと
「いつ暗い方向に行くんだろう」
とビクビクしてましたからね(笑)

恐らく今回で終わりとなった本作ですが、基本的に明るく楽しく、〆も大団円でとても楽しかったです!

単行本化や次回作の予定分かりませんが、葉月双先生にはまた百合作品を書いて欲しいですね!

※同じカクヨム様掲載の百合小説

魔少女毒少女/著:みかみてれん、画:夜汽車、監修:桝田省治(エンターブレイン ホビー書籍編集部) - カクヨム

おっぱいちゃん(深夜太陽男) - カクヨム

「魔少女毒少女」は書籍化されていますね

本/kindle

百合要素があるかも知れないゲーム情報を頂きました!(Sakura Space)

訪問者より百合要素があるかも知れないゲーム情報を頂きました!
(情報ありがとうございます!)

steam該当ページ

Steam Greenlight :: Sakura Space

Sakura Space Trailer

海外製ゲームなので英語表記なので詳細は良く分からないですr(^^;)

ただ頂いた情報によると女性主人公らしいとの事で、百合ゲー「Sakura Fantasy」と同じ開発元である事を考えると百合作品である可能性は充分ありそうです。

英語に自信があるなら、参考作品としてチェックしておくのも良いかも知れませんね。

「あにめたまえ!天声の巫女」 第十四話 2ページ目公開

第十四話 2ページ目が公開されています。

公式ページ

『あにめたまえ!天声の巫女』 【オンラインで無料連載中!】

おお・・・強い。
小手調べ、とは言え不意打ちを無効化しつつ反撃まで行う辺り、シッケンケンの実力は確かなようですね。

能力としては凍結という雪女然とした能力に加えて縄?も使える模様。

う~~ん、ますます興味深い娘(妖怪)ですね~。
心火達にメロメロという百合的な楽しみも有りますが(笑)、バトル的な意味でも心火達と対峙する時が楽しみです!

当サイトの関連記事

※これまでのニュース記事

Category Archives: あにめたまえ!天声の巫女

公式サイト

あにめたまえ!天声の巫女

単行本特設ページ

『あにめたまえ!天声の巫女』第一巻・特装版 - あにめたまえ!氏子会

「単行本化プロジェクト」企画参加ページ(参加終了しています)

目指せ独力で連載&出版! 『あにめたまえ!天声の巫女』単行本化プロジェクト

PV 【はららのご挨拶編】

ドラマCD-試聴版-

単行本 超オススメです!

kindle版

ドラマCD

サイト移行についてのご挨拶

サイトご案内記事「はじめに」でも書いていますように当サイトはFC2ブログ(http://yurige.blog107.fc2.com/)より移転したサイトです。

「色々と改善したい」と言いつつ中々手が付けられませんでしたが、この度ようやくサイトを移行、これまで気になっていた部分に対して色々と手を加える事が出来ました。

・・・もしかしたらFC2ブログ時代の方が良かったと感じられるかも知れませんが、今後も手を加えていくのでご容赦のほどお願い致します_(-_-)_

今後は旧サイト(FC2ブログ)より少しずつ記事を移行させつつ、以前と同じように百合に関する記事を書いて行こうと思っています。
なにぶん新しい環境であるため-移行前から記事を書いて慣らしておいたとは言え-色々と不手際もあるかと思いますが、お付き合い頂ければ幸いです。

最後に謝辞を
今回のサイト移行、制作にあたって
夢幻飛翔 管理人:秘村シキ様
そこに百合がある限り (旧・百合ニュース) 管理人:たかあき様
よりサイトの不備や改善点のご指摘など多大なご協力を頂きました。

特に秘村シキ様には多数のイラスト提供して頂き、自分のサイトとは思えないほど見栄えが良くなりました。
ご厚意に甘えて、あれもこれもとお願いしたのに快く制作を引き受けて下さった事は感謝してもし足りません。

そして制作中に記事投稿に慣れるため&積み増しのために投稿していた記事にコメント頂いた事も。
百合トークを始めに(笑)色々とお話を振って頂いた事で、中々上手く行かない時も楽しく作業を進める事が出来ました。
改めて感謝です。

またサイトその物についても不備や改善点をご指摘頂く事で「まぁ良いかな・・・」と手抜きをしていた所や問題に気づいていなかった所に真正面から取り組む事が出来ました。

お二方のお蔭で非常に素晴らしい見栄えになったと思います。
・・・と言うか、当初公開を予定していたサイトは色んな意味で直視できません(笑)

その"見栄え"を損なわないよう、中身を充実させていく事でお二方のご協力に謝意とお返しをして行きたいと思います。