« 2月 2017 3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Category Archives: さ~そ行

終末のイゼッタ

"魔法"と"戦争"をテーマにした作品であると同時に、紛う事無き魔女イゼッタとフィーネの物語。詳細は順に書いて行きますが、百合要素に関しては完全に安心出来る百合アニメです。

恋愛であるとは言っていないが、トップクラスの百合度

まず肝心要の百合要素ですが、魔女である主人公イゼッタと親友であり主とも言えるフィーネの関係は―恋愛とは明言していないものの―百合と断言できるレベル。

特にイゼッタのフィーネへの献身は病的とも言えるレベルで、第11~12話は百合作品全般から見ても凄まじい物が有ります。

対するフィーネもイゼッタへの愛情を確かに持ち、為政者としての高潔さと冷静さを併せ持つフィーネがイゼッタの事に関しては冷静さを保てなくなる場面が多々有るのは百合的には好印象と言えるでしょう。

お話(純粋なアニメ作品)としては賛否が分かれそう

と、上述したように百合的には文句無しと言える作品でしたが、お話としては賛否が分かれそうな印象でした。

そう感じた原因は、もう一人の魔女にして古の伝説の白き魔女ゾフィーの存在。

これはゾフィーの扱いが酷く苦々しい印象を与えるという心情的な物に加えて、彼女の登場によってそれまでに有った魔女イゼッタVS近代兵器(ゲルマニア軍)という構図が根底から覆されたこと。

この展開は古の魔女ゾフィーの復活というインパクトは強烈で、それはそれで面白かったものの、それまでに築き上げて来た面白さ・・・「シン・ゴジラ」じゃないですが 魔法・魔女という虚構 VS 近代兵器・近代戦術というリアル という面白さを完全にひっくり返してしまいました。

特にそれまでの駆け引き・・・例えば

  • フィーネ(エイルシュタット)側はイゼッタが力を使えない"レイライン"外の場所をどう防衛するか

  • イゼッタの秘密(レイライン上でしか魔法を使えない)をどう守るか(どう奪取or分析するか)

  • "魔女"という武力を得たエイルシュタットの国際的な立場 特に作中ではアトランタ合衆国が不穏な動きを見せていたこと

といった要素がほとんど意味の無い物になってしまった。

またゾフィーが復活したのは―現代でも研究段階である―クローン技術、しかもゾフィー個人の記憶が戻ったのは同じ魔女であるイゼッタの血を飲んだからという不思議設定。

ここまで来ると最早、何でも有りの状態で当初の駆け引きは一体何だったんだという感が有ります。

そのためゾフィーの復活という急展開、カタルシスを面白いと取るか、緻密な駆け引きをぶち壊しにされたと取るかで賛否が分かれそうだと感じました。

何だかんだ言っても百合的には完全に問題無い

まぁ色々書きましたが、結局は見るべき!ですね(笑) 何せ百合的には全く問題は無いですもん(笑)

若干後味が悪い展開も有りましたが、それらを加味しても百合的には問題無し。

当サイトを訪れる方に取っては充分にお勧め出来る作品と言えるかと!

当サイトの関連記事

終末のイゼッタ 各話感想 – 百合ゲーム時々、他事語り

公式サイト

オリジナルTVアニメ「終末のイゼッタ」公式サイト – 西暦1940年… 少女は、戦場を翔ける

selector infected/destructed WIXOSS(第1期&第2期)

※旧サイト(FC2ブログ)より転載 追記、修正

遅まきながら映画上映に合わせて視聴を完了しました(汗)

正直に言えば百合的にもストーリー的にも序盤はやや退屈-遊月の香月への恋心やるう子の願い探しが中心となるため-に感じましたが、第1期終盤辺りから段々と加速し、第2期中盤辺りからかなり百合百合しい展開に!

当初はるう子、遊月、一衣の友情がメインですが、他のセレクター&ルリグペアの話や各キャラの思惑や感情が絡むようになると、もう!

特に驚かされたのは"蒼井 晶"ですね。登場当初は陰険&暴力的な悪役キャラという印象が強かったのですが、第2期でブッチギリの百合キャラに。

強い繋がりを示しながら基本的には友情-恋愛とは言わない-としているキャラ達の中で「愛してくれるから私は、あきラブリーになれたんだよ」と幸せそうに愛を語る姿は、以前の荒れた姿とのギャップも相まって印象的。

・・・引っ掛かった女が相当に性質が悪かったので、そのままハッピーエンドにはならないんですケドネ(汗)

そりゃ自業自得とも言える面も有りますし、これによって病み百合感情を炸裂させていく様はそれはそれで堪らないのですが(笑)、流石にちょっと可哀想に見える時も有りましたね・・・。

他にも荒んだ感情を燻らせていたキャラがるう子の純真さに触れて穏やかになっていく様は感動的でありつつ、百合的に美味しかったです。

ストーリー的には管理人は先に「selector infected WIXOSS─peeping analyze─」を読んでしまっていた為、意外性は薄れてしまいましたが(序盤がちょっと退屈だったのはこれも原因かも)セレクターバトルのルールを活用した展開は面白く、物語が加速する第1期終盤からは強く引き込まれました。

切なく苦しい展開も多かったですが、るう子達が最後まで希望を持って行動したこと。そして救いのある結末を迎えた事で後味も良く、非常に楽しめました!

気になった点としてはるう子の強さが、ほぼ才能だけで成り立っている印象が強い事でしょうか。

カードバトルは駆け引きも重要ですが運や相性の要素も強く、才能や技術だけで連戦連勝は難しい競技だと思うのですが・・・。

まぁそれを言い出すと「咲-saki-」とかオカルトだらけで見ていられないとも言える訳ですけども(笑)

真面目な話、管理人は「WIXOSS」をほとんど知らない事に加えてバトルの内容に関する解説がほとんど無いため、バトルの"結果"には興味を引かれても"過程"には-演出的な面はともかくとして-あまり楽しさを感じませんでした。

そのため緻密なバトルシーンを好む方は物足りなさを感じるかも知れませんね。

以上でしょうか。序盤はちょっと退屈さを感じましたが、最終的には百合的にもストーリー的にも楽しめました!

結果として色々なカプ妄想が出来る展開でしたし(笑) 映画も上映されていますし、そちらも楽しみです!

公式サイト

劇場版『selector(セレクター) destructed WIXOSS』公式サイト

DVD-BOX 価格的にはかなりお手頃ですね

アニメでは途中から全く出番が無かったピルルクのお話 百合的にも悪くなく面白かったです

オリジナルエピソード 改めて考えるとめきめき先生にはぴったりの作風の作品だったのかも。

天体のメソッド

※旧サイト(FC2ブログ)より転載

円盤とノエルという不思議要素を含ませつつ、百合要素が感じられた本作。

全話を視聴した感想を一言で言うと友情百合は充分に楽しめたものの、お話としてはやや退屈な所もでしょうか。

と言うのも、基本的には当人同士の気持ちの問題である事柄が多く、あまり劇的な展開をしない面があるからですね。

特に柚季の問題に関しては柚季の逆恨みに近いものがあり、正直「何だかな~」という感がありました。

またノエルや円盤という不思議要素に関しても、良くも悪くも皆がすんなり受け入れてしまっているので、これもまた劇的な要素に欠ける一因となっていると思います。

まぁ流石に終盤の展開は劇的でしたけどね。

と、ちょっと辛口な感想から始まりましたが、友情百合という観点で言えば充分に楽しめました!

特に乃々香と汐音の関係!

冒頭で"気持ちの問題"と書きましたが、汐音が乃々香とに冷たく当たっていたのは愛情(友情)の裏返しとも言える訳でニヤニヤしました!

まぁノエルから乃々香との事を聞いた時の「動揺し過ぎだろw」といった態度を見れば本気で乃々香を嫌っていないのは明々白々でしたが(笑)

あと終盤で乃々香以外には汐音だけノエルを覚えていたのが、また良かったですね~。こう特別感があると言うか!

それまで平手打ちしたりだの、言い争いになったりだの、結構シビアな描写が多かっただけに萌え萌えしました(笑)

欲を言えば完全に和解した後のイチャコラエピソードがもう少し欲しかった気もしますが・・・綺麗に〆た事を考えると、あれで良かったのかな、とも思いますね。

公式サイト

TVアニメ「天体のメソッド」公式サイト

BD Amazon限定特装版有り

OP/ED/イメージアルバム

コミック版 kindle版有り

劇場版 selector(セレクター) destructed WIXOSS

※旧サイト(FC2ブログ)より転載、修正

珍しく早めの記事投稿です(苦笑) まぁ偶には時流に乗った記事も良いでしょう。

さて、まずは本作の印象を簡潔に言えば百合度は間違いなくパワーアップ。またTV版では出番の少なかったキャラへのフォローも有り。

しかし新規ストーリー要素はそれほど多く無く、また非常に早足な展開でもあったため本作から「selector WIXOSS」を観るというのはお勧め出来ない。あくまでTV版視聴済みの方へ向けたファンサービス的作品。と言ったところでしょうか。

基本的な構成としてはTVアニメ版一期、二期の総集編にウリス視点のストーリーと後日談を追加したというもの。

重要キャラでありながら今ひとつ詳細がはっきりしなかったウリスの過去と心情が分かる事や直接会った訳では無いものの過去にるう子と接点があった事が分かるのは大きな見所。

TV版でも百合要素の強かったキャラですが、劇場版でもしっかり百合要素を持っている所はストーリー的なポイントであると同時に百合好きに取っても見逃せないポイントです。

後日談は救いが有りつつもすっきりしない所があったTV版ラストがしっかりとハッピーエンドとして描かれており後味は非常に良いですね。また出番に乏しかったキャラ達の出番や会話があったのも楽しかった。

と中々楽しめたのですが、その一方で気になる点もいくつか。上記のように新規ストーリーパートは非常に楽しいですが、総集編である事を差し引いても早足になっている感が強く1本の映画作品として見るとやや厳しい面も。

先述したようにフォローのあったキャラが居る一方で、本作では出番が少なかったり言及が少ないキャラも居るため、本作から「selecter WIXOSS」に入るのはちょっと厳しいと言うか、ストーリーが上手く分からないと思います。

個人的にはもう少し晶のその後が見たかった。一応描写はあったし、それなりに上手くやっているような雰囲気だったけど・・・セリフも特に無かったしなぁ。(と言うか、むしろ晶の出番は削られ気味だったような 苦笑)

恐らく立ち直ったのだろうとは思うけど、あそこまで精神的に病んだ状態からどう立ち直ったのか。この辺りはもう少し詳しく見たかったので、そこは残念。

あと個人的に気になったのは終盤のるう子のセリフ。あの時点でのるう子のセリフならイオナではなくユキと言う方が自然な気がするのですけども・・・?

と言う訳で、個人的に映画作品としては良い面と気になる面が半々といった感じでした。

ただ百合作品としては確実にパワーアップしていたため、観に行って損は有りませんでしたね! TVアニメ版を視聴し終わった後なら百合的に確実に楽しめると思います!

公式サイト

劇場版『selector(セレクター) destructed WIXOSS』公式サイト

TV版DVD-BOX

円まどか先生のノベライズ。「TWIN WING」は正直、今一つだったので新作「TWIN MEMORIES」には期待したい所です

アニメでは途中から全く出番が無かったピルルクのお話 百合的にも悪くなく面白かったです

改めて考えるとめきめき先生にはぴったりの作風の作品だったのかも。