« 2月 2017 3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Category Archives: アニメ

「Lostorage incited WIXOSS」第7-12話 百合的感想

話数が1クールだった事もも有り、怒涛の如く展開した後半戦。少々疑問に思った所が有りつつも、百合的に良い展開だった事もあり総合的には面白かったです!

百合的(すず子と千夏)には爽やかな結末に

色々と拗らせてまくっていた千夏ですが、結局はすず子が好き過ぎて”すず子を縛ろうとする自分”、”すず子が居ないと頑張れない自分”が嫌いで堪らなくなっていくという、正に自縄自縛状態に陥っていた事が第11話で判明。

「Lostorage incited WIXOSS」第11話より
千夏の本音と気持ちが溢れる、このシーンは百合的に必見!

そう!極論すると今回の「WIXOSS」はすず子と千夏の壮大な痴話げんかだったのです!!(爆)

(o ̄∇ ̄)=◯)`ν゜)・;'

ゴフ・・・いやでもちょっと考えてみて下さいよ!

すず子と千夏のやり取りって基本的に

千夏「私の前から消えて!」

すず子「ううん!私、諦めないよ!!」

って感じで、これ見方を変えると別れ話が拗れたカップルじゃないですか!!(爆)

でもって、思いっ切り元鞘ですし! 人騒がせに程があるだろうと!! いや百合的には素晴らしいですが(笑)

「Lostorage incited WIXOSS」第11話より
「すずを誰にも渡したくなかった」等々の本音をぶつけ合って遂に和解に至った千夏とすず子
百合的に素晴らしい展開ですが、一連の騒動を考えると人騒がせな・・・と言う気がしないでも無いです(苦笑)

とまぁ第3者な視点だと思う所も有りますが(笑)、和解も果たし、色々と問題を起こしていた里見もぶっ飛ばして大団円!

「Lostorage incited WIXOSS」第12話より
里見に勝負を挑む際に「大丈夫。負けないから」と千夏へ話しかけるすず子
非常に頼もしい表情です!
「Lostorage incited WIXOSS」第12話より
チートな能力を誇る里見に対して、千夏から貰ったコインによって新しい能力”レクイエム”を発動するすず子
11話終盤から、もう何から何まで百合塗れですよ(笑)

・・・と思いきや、時間経過によって記憶が消えるというルールは依然生きたままであり、千夏の記憶は消えてしまった様子。

ですが、そんな千夏に対してすず子は初めて出会った時のように声を掛けて・・・。

やや切ない〆でしたが、救いのある結末でもあり決して後味は悪く有りませんでした。

「Lostorage incited WIXOSS」第12話より
要は「私達はまた恋に落ちる」EDって事ですね!(爆)
まぁ作中では友情って事になってましたけど、このセリフを使っても違和感無い拗れ具合だったと思います(笑)
お話としてはややスッキリしない所も

前作ではセレクターバトルその物に決着を付けた展開になりましたが、今回決着が付いたのはすず子と千夏の問題だけであり、依然としてこの性質の悪いセレクターバトルが続いている事が示唆されました。

そういう意味では100%スッキリした展開とは言い難いです。勿論、そういった小さな視点の物語である事自体は悪い事では有りませんが、前作でるう子とタマが頑張って救いをもたらした事を考えると、やはり複雑。

また、もう一つスッキリしないと言うか、ちょっと分かり辛かったのが清衣の行動でしょうか。

確かにセレクターバトルにかつて参加した者として、里見のような純粋悪とも呼べる者の行動を止めるというのは理解出来ます。

ただ・・・コミック版の事を考えると清衣にはアミカが居る。本作では言及されませんでしたが、アミカは”すず子に取っての千夏”と言って良いくらい清衣には大切な存在。

そんな彼女の記憶を失うリスクを抱えてまで清衣はバトルし続けるのかな、とそう思ってしまう訳ですね。

劇中では里見を目の敵にしていましたが、里見を倒してもある程度の鎮静効果はあってもセレクターバトル自体はどうにもならない訳ですし・・・。

それにセレクターバトルその物に対してどうにかしようとする、という役割ならば、それこそるう子が一番相応しいと言える訳で。

清衣の大御所感や前作のセレクターが登場してくれたという点は嬉しいですが、その辺りの描写・・・例えば里見を目の敵にする理由など、もうちょっと時間をかけてやって欲しかったかなぁ。

「Lostorage incited WIXOSS」第8話より
ハンナちゃんをも下す清衣
流石に数々のセレクターバトルを経験してきただけの事はあると思わせてくれるシーンです
「Lostorage incited WIXOSS」第10話より
”ピーピング”で里見の心を覗いて思わずえずく清衣
この勝負は展開としては”噛ませ”的では有りましたが、里見の邪悪さが良く分かったという点で面白い勝負でも有りましたね
とは言え、すず子と千夏の二人の物語として見るならば大満足

と、上記のようにややスッキリしない点も有りましたが、すず子と千夏の二人の物語として見るならば、百合的に美味しい事も有り大満足。

男性キャラが結構居るので当初はどう転ぶのかなぁ~と思いましたが、全くの杞憂でしたね。

まぁ流石に白井君は可哀想でしたが・・・もう彼は第二のソーマと呼んで良いんじゃないでしょうか(苦笑)

「Lostorage incited WIXOSS」第11話より
千夏への想いを飲み込んで、千夏に「本当の願いだけは忘れるなよ」と言い残した白井君
管理人は百合スキーですが、この後の事を考えると流石に可哀想になりました・・・

また百合的に、と言えばすず子とリル、千夏とメルの関係性も好印象。

特にメルは千夏への想いが仄暗く見える所もあり、個人的にはかなり好きでしたね。そういう意味ではメルの描写が意外に少なかったのはちょっと残念でした。

「Lostorage incited WIXOSS」第12話より
千夏を想いながらも、だからこそすず子を意識せずにはいられなかったメル
最後には千夏にすず子の代わりでは無く、”メル”として友達だと言って貰えました

と言う訳で”セレクターバトルの闇”をどうにかする=世界を救うというお話では無いため、ちょっとモヤっとする感は有りますが百合的には非常に楽しめました!(ある意味、今回のお話はすず子と千夏の壮大かつはた迷惑な痴話げんかなのでw)

ちょっと人を選ぶ展開だったと思いますが、百合目的ならば十分楽しめる内容だったかと!

当サイトの以前の記事

「Lostorage incited WIXOSS」第1-6話 百合的感想

公式サイト

TVアニメ『Lostorage incited WIXOSS』公式サイト

「うらら迷路帖」第1-6話 百合的感想

さてさて、ゲームを優先していたので視聴が遅れているアニメ作品。

2017年冬アニメの視聴第1弾は訪問者様から「百合的にどうでしょう?」という質問を受けた事もあり、本作からスタートです!

千矢の出生に謎はあるもの、基本は日常ほのぼの

占の都である迷路帖へ母親を捜すために訪れたという千矢は出生が丸っきり謎・・・生まれた時から母親に会っていないための名前も顔も分からない上、父親に関する話も無し。分かっている事は千矢はずっと山で母親の友人というセツに育てられていた事だけ。

しかも千矢は母親を捜す手掛かりが全く無いため、占い師「うらら」の最高峰である”一番占”になり”伝説の一番占”に占ってもらう(もしくは自分で占えるだけの実力を付ける)事に。

冷静に考えると結構へヴィーな設定かつストーリーなのですが、そこはきらら系作品。

基本的には同じく占い師である「うらら」を目指す紺、小梅、ノノと共にニナ先生から占いを学びつつ、イチャイチャな穏やかな日常を過ごすという展開。

たまに千矢の出生の謎が垣間見えるようなエピソードも有りますが、肩の力を抜いて見れる作品ですね。

うらら迷路帖 第5話より
迷路町の神様?と出会う千矢
本当に迷路町の神様なら選ばれた者しか見る事が出来ないのですが・・・千矢の出生と関係あり?
百合的には安定のきらら節 千矢のたらし力もとい主人公力が嬉しい(笑)

個人的には千矢とのカプは紺がイチオシですが(笑)、主人公パワーのせいか小梅やノノとの絡みも多く、妄想し甲斐が有ります!

紺、小梅、ノノいずれの娘とも秘密を打ち明け合ったり、励まし合ったり。千矢は一歩間違えばたらしキャラまっしぐらですね(笑)

うらら迷路帖 第2話より
流れ星を見つけようと二人で夜空を見上げる千矢と紺
百合好きとしては、この構図だけで萌えます(笑)
うらら迷路帖 第3話より
千矢が髪を切りたくない理由など、お互いの事を知って距離が縮まった千矢と小梅
個人的な趣味ですが、女の子が女の子の髪に触れるって萌えるんですよねぇ(笑)
うらら迷路帖 第4話より
ほくろ占いの授業を通して、ノノがなりたい自分になれるよう”おまじない”をする千矢
見ている方も、そして恐らくノノもドキドキするシチュですね!

ああ、そう言えば紺に憑りついたお狐様も籠絡していたなぁ・・・千矢。

あの時の手練手管を使いこなせば、本当にたらしキャラになれる・・・かも知れません(笑)

うらら迷路帖 第6話より
すっかり千矢にメロメロになり、終いには「嫁入りじゃー!」とまで言っていた”お狐様”
最終的にはお帰りになった訳ですが、こんなシチュを見た後だと再登場願いたいところですね
百合的には千矢達以外もポイント高し!

とまぁ千矢を始めとしたメイン4人も素晴らしいのですが、他の面々・・・ノノの姉にして先生のニナ先生やその友人の在久。そして佐久の部下である大島&塩沢も見所多し!

ん?冷静に考えるとキャラ全員が百合百合しいって事か?(笑)

でも本当にそうだから仕方ない!(爆)

特に大島&塩沢の佐久隊長ラブは訓練され過ぎぃぃ!!

優しくされようが、ぞんざいに扱われようが「佐久隊長、素敵!!」ですからね~。しまいには変装しているせいで正体不明の不審者と化している佐久にもときめく有様。

原作を読んではいますが、アニメになってもっともインパクトが増したのはこの二人なんじゃなかろうか(笑)

うらら迷路帖 第2話より
毎回のように差し込まれる大島&塩沢の佐久隊長ラブ(笑)
千矢はよく騒動を起こして怒られたり、追いかけられていたりしますが、本当にお巡りさんにお世話になりそうなのはこの二人なんじゃ・・・と言う気も(笑)

まぁ個人的には佐久とのカプではニナ先生が好みですが!

お約束かも知れませんが、おっとりしている人からの無意識攻めでタジタジになるというシチュがね、もうね!(笑)

うらら迷路帖 第1話より
ニナ先生から「お願い」をされる佐久
まぁこれをやられたら佐久じゃなくても参りそうですが(苦笑)
穏やかかつ百合度の高いお話が多く、安心して見れる作品

きらら系は安定していると先述しましたが、本作もその通りの作品ですね。

原作を読んでいたので、その辺りは心配していませんでしたが、動いて声が有ると火力が更に高くなるエピソードも有り、やはり楽しい!

上記では書き切れませんでしたが、ニナとノノの姉妹関係も良いですし、今後も楽しみな作品と言えますね!

公式サイト

うらら迷路帖 公式ホームページ|TBSテレビ

「Lostorage incited WIXOSS」第1-6話 百合的感想

さてさて盛大に視聴が遅れていますが(苦笑)、今回はWIXOSSシリーズの新作「Lostorage incited WIXOSS」を見た感想を語ろうかと。

すず子と千夏の友情と確執が百合的に美味しい!

さて事前に得ていた情報では男性キャラの情報も多かったので、百合的にどうなるのかな~と思っていましたが、全然良かったです!

特にタイトルで書いたようにすず子と千夏の友情と確執が非常に良い!

・・・まぁこうして見ていると千夏の変遷と言うか、堕ちっぷりがキツいですけどもr(^^;)

最初の相思相愛振りが「どうしてこうなった!Σ( ̄■ ̄;;」な感が凄いです(苦笑)

「Lostorage incited WIXOSS」第1~3話より
しばしば挿入されるすず子と千夏の幼い頃の思い出
まさに親友と呼ぶにふさわしい関係性だったのですが・・・

3話過ぎた辺りからの千夏は顔芸連発するわ、すず子を切り捨てるために行動するわ、挙句の果てには自分の目的のために幼女を唆したりするわ、ですからねぇ。

自分の中でのすず子が重荷になっている事(すず子からの期待と憧れが負担に感じる)や周囲の状況がどんどん自分に取って拙くなっている事は理解できるし、共感もできますけど・・・自らの行為を嫌悪しつつも結局は子供と言うか年下を巻き込むのはどうかと。

「Lostorage incited WIXOSS」第6話より
セレクターバトルを斡旋するブックメーカー”里見”のリストにエントリーするよう莉緒に近付く千夏
自分の企みのために幼女に近付く女子高生って・・・

で、そこまですず子を自分から切り離したかった、すず子が嫌いだったかと思えば「嫌いだった。その笑顔を独占したくて歪な関係を築こうとした自分が」とか言い出しますし!

千夏さん、色々と拗らせ過ぎぃぃ!!

いやぁもう、こういう娘大好き!

もうね、結局はすず子のこと好きなんでしょ?みたいな(笑)

「Lostorage incited WIXOSS」第6話より
当時10才以下だったろう千夏を虜にしたすず子の笑顔
冷静に考えると色々と凄いな、この二人(苦笑)
対するすず子は折り返しにて、ようやく決意する

で、お相手であるすず子は自分がどうしたいのかも定まらず、かと言ってバトルも勝ったり負けたりでどうにも煮え切りませんでした。

まぁ以前のシリーズ同様にセレクターバトルが相当に性質が悪い・・・今作だと記憶が消えるだの、負け続けて手持ちの”コイン”が無くなるとルリグに体を乗っ取られるだの、があるので気持ちは分かりますが・・・。

以前に夢幻飛翔の秘村様とお話していた時に「前作のるう子は、実は大物だったですよね」といった趣旨の感想を頂きましたが、こうやって改めて考えると納得!(笑)

るう子は、当初は願い事のリスクを知らなかった事や経験者だった事も有りましたけど、終始強さを見せていましたからね~。

そう考えると、すず子は色んな意味で一般人ですね。

・・・千夏への愛が重い以外は(笑)

と、話が逸れて来ましたr(^^;)

上記のように色々とぱっとしない・・・端的に言えば鬱陶しい系の主人公だったすず子ですが(苦笑)、千夏との苦しい再会とバトルを何とか乗り切った後に、出会った当初は自分が千夏の手を引いていた事を想い出します。

「Lostorage incited WIXOSS」第6話より
一人ぼっちだった所にすず子に声を掛けられて嬉れしくも恥ずかしそうな千夏
最初に手を取ったのはすず子の方だったんですね

そして、はっきりと「もう、逃げない」と宣言します。それは千夏に負担を掛けない、もっと自分が強くなるという宣誓でもある。

ようやく行動する主人公になって来たという事は勿論、バトルでもその才能の片鱗を見せたすず子。今後のすず子が、千夏がどうなっていくかが非常に楽しみな展開です!

「Lostorage incited WIXOSS」第6話より
土壇場で千夏の攻撃を避けたすず子
カードバトルのルール上、それって有り!?な感じですが(苦笑)、それを実現する事こそが才能と言うヤツなのでしょう
そりゃあ千夏もコンプレックスを感じるってモンです
ストーリーとしても謎が多く、楽しみ!

最後に少しストーリー全体に関して言及を。

前作と同じくセレクターバトルには謎と不利益が多い・・・と言うか、最初の説明だと「バトルしないと時間経過でコイン(記憶)が消える。バトルしても負けたらコインが減る」と不利益しかないです。(最初聞いた時に「不利益しかねぇじゃねぇか!」と思いました 苦笑)

が、途中からバトルに勝ち続ければ自らの記憶を操作できるという”報酬”がある事が判明したり、前作同様にルリグに体を乗っ取られる事が判明したり、ブックメーカーこと里見が表れたりと、様々な謎が提示されて非常に興味を引かれますね。

「Lostorage incited WIXOSS」第4話より
ルリグであるグズ子に体を乗っ取られた墨田
今作のルリグはどういう設定かまだ分かりませんが、女が男の身体を手に入れても色々と大変だよなぁ・・・と思います(苦笑)

特に前作でセレクターバトルは終わったはずであること、そしてしれっと前作のセレクターが登場したりと、更に謎と興味は深まります。

「Lostorage incited WIXOSS」第2話より
前作を知っている方なら「アンタ、何でまたセレクターバトルなんてやっているの!?」って聞きたいところ

セレクターとルリグの関係性とその変化も色々と気になりますし、残りのエピソードも楽しみです!

「Lostorage incited WIXOSS」第4話より
「私は嬉しいんだ。だってこの痛み、ちーちゃんと同じだから」
さらっとトンデモナイ事を言うメル
今作のルリグはその由来や正体はまだ良く分からない事もあり、どんな関係を魅せてくれるのか期待したいところです!

当サイトの次の記事

「Lostorage incited WIXOSS」第7-12話 百合的感想

公式サイト

TVアニメ『Lostorage incited WIXOSS』公式サイト

2017年春 注目アニメ

アイドルマスター シンデレラガールズ劇場

公式サイト

TVアニメ「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場」 公式サイト

デレマス見れていないので何とも言えません!(滝汗)

ただ、デレマスはツィッターなどで見る限り2次創作で盛んに百合イラストなどが投稿されており(体感では本家「アイドルマスター」より多い印象)、そういう意味ではある程度は百合要素も楽しめそう。

見た感じ、こちらの方が気楽に見れそうですし、デレマス入門としても良いかもしれませんしね。

サクラクエスト

公式サイト

TVアニメ「サクラクエスト」公式

お仕事シリーズとの事で廃れた観光地で働く女性達のお話、ですね。

PVや公式サイトを見る限り、仕事の理想と現実や自分探し、がテーマになるのかな?

百合的にはメインが女性5人になりそうなので、その人間関係次第でしょうか。

テーマが”仕事”なので、そういった要素にどのくらい比重が置かれるかで評価や好みが分かれそうな作品だと思います。

PV

sin 七つの大罪

公式サイト

アニメ「sin 七つの大罪」公式サイト

コンセプト的には「クイーンズブレイド」の系譜であり、恐らく放送時には謎の光が大活躍するであろう(笑)お色気アニメ。

と言う訳で人を選びそうな要素もあるものの「クイーンズブレイド」の系譜であることに加えて、女性キャラが主人公(ルシファーor真莉亜)、公式の紹介でもレヴィアタンがルシファーを慕っている(第2話ではレヴィアタンの嫉妬がテーマになる模様)と中々好印象。

※「クイーンズブレイド」はお色気アニメながら百合要素がちょくちょく有り、特に「クイーンズブレイド リベリオン」はほとんど百合ハーレムアニメと化していました

「ヴァルキリードライブ」もお色気アニメ全開で百合要素もしっかり有りましたし、本作も同じ流れが来る事を期待したいです!

罪の告白 電脳グリモワール! 第1話

ツインエンジェルBREAK

公式サイト

TVアニメ「ツインエンジェルBREAK」公式サイト

「ツインエンジェル」シリーズの新作ですね。

「ツインエンジェル」シリーズは中々チェック出来ていないのですが、確か怪盗という設定があったと思いますが・・・どっちかと言うと今作では「二人はプ○キュア」な感が更に強くなった感が有ります(苦笑)

とは言え、それは百合的には悪く無い・・・例えばOPムービーでは合体技撃ったりしていますし(笑) 友情百合として充分に楽しめそうですし作風も明るく楽しい雰囲気で好印象です!

OPムービー

ひなこのーと

公式サイト

TVアニメ「ひなこのーと」公式サイト

最近アニメ化作品が多いコミックキューン発作品ですね。

きらら系と同じく女子オンリー&ほのぼの作品で安定かつ安心して見れる作品と言えるでしょう。

個人的には何だかんだでひな子の面倒を見るツンデレゆあちゃんが好き(笑) ゆあちゃんはちょっと時間が経ってからの登場でしたので、なるべく早く登場して欲しい所です。

PV第2弾

フレームアームズ・ガール

公式サイト

TVアニメ『FRAME ARMS GIRL【フレームアームズ・ガール】』公式サイト

「武装神姫」や「エンジェリックレイヤー」(例えが古い?)などに近いユーザーと人形、そしてバトルといった感じの作品ですね。

百合的にはユーザー(主人公)が女子高生である事に加えて人形・・・本作の場合ですと「フレームアームズ・ガール」同士の関係性も見所になりそう。

少なくともコミック版「フレームアームズ・ガール ラボ・デイズ」では轟雷とスティレットの関係性は好印象でしたし。

またバトル(ミリタリー)要素も楽しめそうな感じですし、「ストライクウィッチーズ」などが好きな方は要チェックですね!(勿論、管理人mですがw)

PV

フリップフラッパーズ

活発なパピカと内向的なココナ、対照的な二人が異世界冒険をしていく日朝アニメ路線(笑)と見せかけて様々なネタ、百合要素を盛り込んだ作品。

百合要素はてんこ盛り

パピカとココナが百合百合は当然として(笑)、ココナの横が自分の居場所であるともがくヤヤカ、ココナを溺愛する人格が登場する母親ミミと、王道な親友百合から親娘百合?な要素までてんこ盛り。

しかも途中でパピカはココナより実年齢ではずっと年上と判明したりと驚きの連続でしたね。

お話がやや難解な所は有りますが、百合要素の多さと意外性のお蔭で終始ニヤニヤさせて貰ったお話でした(笑)

お話はやや難解

様々なネタや人間関係を盛り込んでいる事もあって、後半はやや難解に感じる所も有りました。特にパピカが途中で若返ってしまった前後が管理人の頭では上手く整理できないですr(^^;)

まぁこの辺りは雑誌「メガミマガジン」のインタビュー記事で監督自身も認めている所なので、管理人の頭が弱いというだけではない・・・と思いたい(苦笑)

余談ですが、そのメガミマガジンの記事で物語が難解でも楽しめる要素の一つとして百合を取り入れ、盛り込んでいったという趣旨の回答があったんですよね。

これはつまり百合要素が人を楽しませるに足る要素である、と判断された訳で、散々「百合は売れない」なんて聞かされてきた身としては嬉しく感じました。

完全に百合を主軸にしていないのは、ちょっと残念ですが、作品に盛り込む要素の一つとして百合が有力な候補になっているという事は喜ばしい事ですね。

個人的に苦手な要素も有ったが、百合的に大満足&オススメ

個人的に苦手な要素・・・以前の記事でも言及したようにココナの出生に関して親の身勝手な部分を感じた部分も有りましたが、お話として暗くなり過ぎない程度のシリアスさ加減でしたし、毎回と言って良いほど百合要素をぶち込んでくれるので大満足(笑)

〆もココナとパピカの幸せを予感させる物でしたし、結果としては楽しめた作品だったと思います。

当サイトの関連記事

フリップフラッパーズ 各話感想 – 百合ゲーム時々、他事語り

公式サイト

TVアニメ「フリップフラッパーズ」公式サイト

「フリップフラッパーズ」第7-13話 百合的感想

さてさて、これまた超絶に遅れての「フリップフラッパーズ」残りの感想です。

相変わらずの超展開で怒涛の展開

いきなり訳分からん見出しですが(苦笑)、本当にこんな印象でした。

1話毎にココナ&パピカで冒険し、ヤヤカ達との組織と戦って、それで着陸していく・・・かと思いきや、ココナの母親(ミミ)との因縁が絡みだすわ、ミミ達を研究してきた組織が絡みだすわ、世界は危機になるわ、でもう大変な状況に。

第8話辺りでもネタ路線な感じだったので最後までネタっぽく行くと思ったんですがねぇ(笑)

「フリップフラッパーズ」第8話より
まるで戦隊ロボみたいなのに乗って(しかも挿入歌付き!)戦ったりしてたのが、あれよあれよと言う間にシリアス路線に

特に過去の因縁に関しては時系列が分かり辛い要素・・・特にパピカの若返りがあるお蔭で、管理人の頭ではちょっと上手く理解できない所も(苦笑)

「フリップフラッパーズ」第13話より
実は過去に出会っていたココナとパピカ
この辺りはパピカがピュアイリュージョンの影響で若返っている事もあり、ちょっとややこしい感も
百合的にはヤヤカの正統派百合が炸裂しつつ母娘百合やら、年の差百合も炸裂してこっちも訳分からん!(笑)

お話も色々と込み入っていましたが、百合的にも込み入りまくっていましたね、はい。

パピカがいきなり「ミミ」と言い出したので「え?昔の女ですか?(笑)」って感じでココナと喧嘩し出した辺りはお約束だなと思いましたが・・・ミミ=まさかのココナの母親!

で、しかもミミは「ココナは私だけの物!」とか「ココナさえ居れば、それでいい!」とか言い出すしで「え?これ母娘百合ものだったんですか?」って感じですヨ!

しかもパピカは実はミミと同世代で、どうやら若返ってしまっていた=ココナとの年の差百合!?で、管理人の頭はショート寸前でした(笑)

まぁミミに関してはココナに執着し溺愛する人格と、ココナを見守り真っ当に愛する人格とに分かれてしまっていたので、百合的にどう見るかは意見が分かれそうでは有りますが。

「フリップフラッパーズ」第11話より
娘であるココナに執着するミミ
管理人は本作のお蔭で今まで疎かった母娘百合という新しい扉を開きそうになりました(笑)
「フリップフラッパーズ」第12話より
妊娠したミミと彼女を支えるパピカ(この時はパピカナ)
身重のミミを連れて研究所から逃走するパピカの友情は篤いと思えるシーンの一つです

そういう意味ではヤヤカがやっぱり分かり易かったかな。

研究組織とのしがらみ・・・ココナを監視する目的で近づいたもののココナへ真の友情を持つ=ココナの横が自分の居場所と感じるという辺りは王道だと思います。

「フリップフラッパーズ」第12話より
ココナを自分の宝物と認めた事でヤヤカも変身できるように
お約束ですが、だからこそ百合的に萌えました(笑)

あ、王道と言えばパピカと喧嘩する辺りもお約束で美味しかったですね~。と言うか、ある意味で一番好みだったのはそのシーンかも、ですね(笑)

「フリップフラッパーズ」第9話より
「ぽっと出のぽっと野郎にココナの何が分かるんだよ!」
「こっちはな!お前が会うよりずっと前から一緒なんだ!」
この辺りのセリフ、大好きです!(笑)
ややこしい所が有りつつも、パピカ&ココナが成立してハッピーエンド

とまぁ色々と上手く理解できない所も多々ありましたが、最終的にはココナとパピカが和解して・・・具体的にはお互いに「大、大、大好き!」と言い合う仲になって無事ハッピーエンドで概ね満足でした!

「フリップフラッパーズ」第13話より
闇堕ちミミとの戦いは大変でしたが、お互いの気持ちを確認し合って大団円でしたね

まぁ個人的にはどうしてもヤヤカちゃん・・・と言うか、ああいうポジションの娘を応援したくなる性質なので(笑)、一件落着した後のヤヤカを詳しく描写して欲しかったですね。

ちょっと分かり辛い所も有ったけど百合的に美味しいシーンも多く満足。ただ個人的には苦々しく感じる展開も有ったかな

序盤からラストまでパピカが積極的にココナに好意を示しますし、ココナも最終的にはパピカを受け入れているので百合的には◎

ある意味でお約束とも言えるヤヤカちゃんの感情や母娘百合とも取れるミミの暗い気持ちも描写されており、その点でも百合アニメとして見ても十分楽しめる作品だったと思います。

分かり易いサービスショットも有りましたしね(笑)

「フリップフラッパーズ」第7話より
色々な世界を冒険するという設定のため、こういう”分かり易い”シーンも
艶やかなパピカが見れたという意味でも中々良かったシーンですね

ただ・・・これはあくまで個人的な感想なのですが、今回の事件の原因に関しては苦々しい物があり、そこは何とも言えない物が有りました。

今回の事件の原因・・・ココナが産まれた事、つまりソルトとミミの関係ですね。

え?男キャラが絡むから、やっかんでいる?

あ~百合要素のある作品を見る時に、そういう感情が有る事が否定しません・・・と言うか否定出来ません(苦笑)

が、今回はモヤモヤさせられたのは、そう言うのとは別の所に有ります。

端的に言えば「お前(ソルト)、なに孕ませるような事してんの?馬鹿なの?」ですね。

本作を視聴し終えた方ならお分かりでしょうが、ミミはモルモット一歩手前の生活をしていました。

そんな彼女が妊娠なんてしようものなら母子ともに過酷な状況に陥るのは目に見えていたでしょう。そんな状況下で子供が生まれるような事をするなよ・・・と、そういう気持ちにさせられる訳です。

この辺はミミの方から迫った可能性も有るのでソルトばかりを責めるのは酷かも知れませんが、ミミの妊娠を知った時に驚いてた事に対してはやはり微妙な気持ちにさせられました。先述した事を考えるなら、やるならやるで避妊くらいしろよ、と('A`|||)

ソルトは過ちを正そうと努力しましたし、ココナが幸せになれる予感のある終わり方をしたので、後味が悪い訳では無かったですが・・・管理人は親や大人の勝手な都合や軽率な行動で子供が苦しめられるという話は苦手なので、この辺りだけはちょっと苦々しく感じました。

当サイトの次の記事

フリップフラッパーズ – 百合ゲーム時々、他事語り

当サイトの以前の記事

「フリップフラッパーズ」第1-6話 百合的感想

公式サイト

TVアニメ「フリップフラッパーズ」公式サイト

魔法少女育成計画

人気ライトノベルの第1作のアニメ化作品。所々変更されている点はあるものの基本的には原作に忠実な展開であり、百合要素(ストレートに百合ップルも登場)もある作品。

その一方でほとんどのキャラが理不尽とも言える死を迎える事など苦々しい展開も多く、明るく楽しい作品を求める人やキツい展開が辛い人には厳しい内容とも言えます。

また百合要素や物語に悪い影響を与えている訳では無いものの、男性キャラが魔法少女に変身している点はそういう要素を嫌う人に取ってはマイナスかも知れません。(個人的に全く問題無い・・・本作でのこの設定の使い方はむしろ面白いと感じましたが)

恋愛、友情、憧れ・・・様々な百合要素がある作品

実に16人もの魔法少女が登場する本作ですが、後半になるつれて死闘が繰り広げられる事もあって女の子同士の強い繋がりを感じさせるペアが多数登場し、百合的に楽しませてくれます。

その物ずばり恋愛としてのカップル ヴェス・ウィンタープリズンとシスター・ナナ

反抗的な態度のリップルとその面倒を何だかんだと見て友情を育むトップスピード

病的とも言える憧れをルーラに向けるスイムスイム/スノーホワイトに向けるハードゴア・アリス

そのどれも描写の多寡など差異はあるものの、百合的に充分に楽しませてくれる関係性を持っています。

百合的には美味しい・・・だがほとんどのキャラが死亡してしまう

上記のように百合的にはかなり良い感じなのですが、ほとんどのキャラが死亡してしまうためお気に入りのカプを見つけても次回には死亡してしまう・・・といった感じになるかと思います。

冒頭でも書いた通り、その死に様は理不尽と言って良い物が多く、お話としては面白いとしても百合を見るという点では悲劇百合と思っておかないとダメージが大きいですね(苦笑)

他の媒体と比べると一長一短 だがだからこそ見比べる面白さがあるとも

最後に他の媒体の同名作品・・・原作小説やコミック版と比べると一長一短といったところでしょうか。

心理描写に関しては原作小説の方が詳しく楽しめるケースもちょくちょく有りましたし、バトルの駆け引きではコミック版の方が好みの面も有りました。

ですが、アニメ版ではリップルとトップスピードについて深く描写されていたり、番外編のエピソードが織り込まれて時系列的に分かり易く見れたりしました。

そして当然の事ながら魔法少女達が動いて喋るという魅力は他の媒体には無い魅力です。

小説、コミック、アニメと3拍子揃った作品なのでバトルや百合要素など様々な点を見比べるとまた違った魅力が見えて来る作品であり、アニメを見終えたら是非、他の媒体の作品も鑑賞して欲しいですね。

当サイトの関連記事

魔法少女育成計画 各話感想 – 百合ゲーム時々、他事語り

公式サイト

TVアニメ「魔法少女育成計画」公式サイト