« 3月 2017 4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Category Archives: ら~ろ行

Lostorage incited WIXOSS

WIXOSSシリーズの新作であり、時系列的にも続編とも呼べるお話。

今回は「自身の記憶を操作できる」という非常に微妙な勝利報酬な上にデメリットばかりのセレクターバトルに参加させられるという、かなりキツい展開。(最後に詐欺みたいな結末を見せられる前回のセレクターバトルも大概でしたが)

百合的には確実に楽しめるものの救いの無さが前作以上、男性キャラの出番も多いなど、人を選びそうな要素もある作品と言えますね。

メインとなるお話はすず子と千夏の関係であり、百合度は高い

お話のメインは幼馴染であり大親友であったすず子と千夏の関係とその感情の変遷。

特に千夏のすず子への感情は相当に拗らせており、当初はすず子の自身への憧れが負担に感じて嫌っていたのかと思いきや、すず子が好き過ぎて自己嫌悪に陥ってすず子を遠ざけたがるという捻くれっぷり。

その感情が炸裂する11話~12話は百合好きに取っては必見。

また対するすず子の方も千夏から散々言われても諦めずに千夏に食い下がる辺り、すず子も相当に千夏が好きですね。

お蔭で改めてお話を振り返って見ると「今回の話ってすず子と千夏の壮大な痴話げんかだったんじゃ・・・」って気にさせてくれます(笑)

純粋にアニメとして見ると救いが無い点も多く、好みが分かれるかも

翻ってお話として見るとセレクターバトルに敗北すると人格が消える(セレクターバトルの相棒であるルリグに乗っ取られる)というキツい展開があり、前作が ―劇場版を加えてとは言え― 全体的に救いのあった結末であった事を考えるとかなり憂鬱な面が有ります。

裏で暗躍し人を陥れるような事を繰り返してた里見はともかく、追い詰められた挙句に優しい性格が災いして消えていった勝君や白井君は相当に哀れ。

百合好きとしては千夏に想いを寄せていた白井君は複雑な気持ちに成らざるを得ない存在でしたが、百合前提の作品では無い事を考えると流石に可哀想です。

また粗暴かつ卑怯な振舞いであったために同情されないタイプの墨田もセレクターバトルに”巻き込まれた”のであれば哀れなヤツだとも言えます。(墨田が参加した経緯はよく分からないですが)

あと個人的に気になったのは前作の参加者であった清衣の描写でしょうか。

彼女の物語はコミック2冊分のボリュームであった事を考えると、今作でそれを説明しつつ今回のセレクターバトルを戦い続ける理由・・・特に里見の打倒を目指していた事を語るにはちょっと尺が短った感が有ります。

特に視聴感想でも言及しましたが、彼女にはアミカという大切な存在が居る。

その娘との記憶を失うリスクを犯してまで戦い続けると言うのは相当な決意があったと思うと、そこはもう少ししっかり見たかったと思うところです。

好みは分れそうだが百合的には大満足

と言う訳で、お話としてはややスッキリしない感は有りました。(一応、続編が予定されているようですが・・・今作だけで見れば、スッキリ解決していない事が多いので)

ですが、百合的には・・・特に千夏の拗らせ具合は個人的にはかなり好みでした!(笑)

消えてしまった人達は哀れですが、メインとなったすず子と千夏は十分に救いのある結末を迎えたので百合好きとしては大満足。

尺としてはあまり描写されませんでしたが、それぞれのルリグ・・・すず子とリル、千夏とメルの関係性も百合要素が有り、その点でも好印象。

シリーズ物という事で前作や関連作品と合わせて楽しんで行く事をお勧めしたい作品です。(他のシリーズ作品も大なり小なり百合要素があるので、そういう意味でも安心ですw)

当サイトの以前の記事

「Lostorage incited WIXOSS」 各話感想 – 百合ゲーム時々、他事語り

公式サイト

TVアニメ『Lostorage incited WIXOSS』公式サイト

前作での清衣の活躍を描いた物語 こちらをチェックした後で今作の清衣を見ると、また違った見方が出来るかも

レガリア The Three Sacred Stars

さて、紆余曲折があったものの無事に放送が終了&視聴し終えた「レガリア」。今回は総合的に見た感想(まとめ)を語ろうかと。

質、量ともに良い百合要素を投入しつつも、熱いロボットアニメ展開

本作の良さは言わずもがなの百合要素。

外見と実年齢のギャップがある義姉妹のユイ&レナ、永い時を一緒に過ごして来た実の姉妹サラ&ティア、苦難に晒されながらも互いをずっと想い合ったイングリッド&ケイ。

メインメンバー全てが女子ペアであり、そのいづれもがイチャイチャしている百合ップル状態で百合好きとしては至福と言えるでしょう(笑)

そんな娘達が必殺技を叫ぶ系の熱いロボットアニメ展開をしてくれたのは非常に好印象。

各話の感想でも言及しましたが、正に「百合は世界を救う」という感じで、有りそうで無かった正統派の百合+ロボットアニメが世に出て来たのはとても喜ばしいです。

客観的に見れば詰め込み過ぎ

とまぁ個人的には非常に好印象だった本作ですが、客観的に見た場合、様々な点で詰め込み過ぎだった感は否めません。

昨今のオリジナルアニメでは有り勝ちな事では有りますが、それにしても欲張り過ぎた感は有ります。例えば

  • ユイが王族、しかも女皇という地位に居ること
  • イングリッドさんも他国の王族であり、しかも当初は敵であったこと
  • 壮大な古代文明(レガリアやヨハン、神など)の設定

等々。

王族であればどうしても政治の話が気になるところですし(レガリアという武力を持っていれば尚更)、当初は敵だったイングリッドさんとユイが和解するには時間が必要。

レガリアなど古代文明の設定もどこかで説明が入らないと視聴者は腑に落ちません。

少ない尺の中で出来る限り表現してくれたとは思いますが、諸々の設定が活かし切れていたかと言うと正直、出来ていなかったと思います。

例えばユイやイングリッドさんが王族という設定自体は面白かったと思いますし、だからこその面はあったと思いますが、途中からユイ達が王族である意義はほとんど無かった気も(苦笑)

またレガリアなどの設定に関してもリュー&ロウによるエピソードとヨハン君の解説で一気に消化した感があり、管理人の頭では入りきりませんでした(汗)

終盤の展開はこれまで書いてきた通りの王道&熱い展開だったので、もう少し設定を簡素にした方が分かり易くて良かったのでは?とも思いましたね。

百合的には非常にオススメだが、お話としては込み入り過ぎだった

月並みでは有りますが、もう少しじっくりやって欲しかった作品ですね。ぶっちゃけ放送延期するくらいなら第16話くらいまでやって欲しかった(苦笑)

百合+王道なロボットアニメ展開と言うのは素晴らしかっただけに惜しかった作品だと思います。

当サイトの関連記事

「レガリア The Three Sacred Stars」 各話感想 – 百合ゲーム時々、他事語り

レガリア The Three Sacred Stars BD/DVD第6巻特典ドラマCD – 百合ゲーム時々、他事語り

公式サイト

TVアニメ「レガリア The Three Sacred Stars」公式サイト

BD/DVD

第1巻第2巻第3巻第4巻第5巻第6巻

CD(OP/ED)

ラブライブ!サンシャイン!!

超人気アイドルアニメ「ラブライブ!」の続編。

と、言っても時系列的に「ラブライブ!」の(恐らく)数年後というだけで舞台もメンバーも異なるため、初見でも問題無く視聴可能。(勿論、前作を見ていた方が断然楽しめます)

前作同様に基本的に女の子オンリーで、時に衝突もしながらも、スクールアイドルとしての活動に打ち込むという路線に変わりないため必然的に百合要素がある展開に。

あからさまなイチャイチャは意外に少ないもののメンバー同士の絡みは濃く、かなりの百合度になるエピソードも。(個人的なお勧めは第9話と第11話)

純粋にお話としても時に笑い、時に涙し、という青春を感じさせる爽やかな作風も前作同様で素直に見れる良作。

特にコミカルな面では善子ヨハネちゃんと言う、前作のにこちゃんに勝るとも劣らない飛び道具振り(笑)を見せる娘のお蔭で非常に楽しめましたね!

百合的に美味しいから、というのが視聴の大前提ですが(苦笑)純粋にお話としても楽しめる素晴らしい作品だと思います。

当サイトの関連記事

ラブライブ!サンシャイン!!各話感想 – 百合ゲーム時々、他事語り

公式サイト

ラブライブ!サンシャイン!! Official Web Site

BD

第1巻第2巻第3巻第4巻第5巻第6巻第7巻

CD

新曲OP/ED挿入歌サントラAqours シングルユニットシングル