« 2月 2017 3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Category Archives: ふ行

フリップフラッパーズ

活発なパピカと内向的なココナ、対照的な二人が異世界冒険をしていく日朝アニメ路線(笑)と見せかけて様々なネタ、百合要素を盛り込んだ作品。

百合要素はてんこ盛り

パピカとココナが百合百合は当然として(笑)、ココナの横が自分の居場所であるともがくヤヤカ、ココナを溺愛する人格が登場する母親ミミと、王道な親友百合から親娘百合?な要素までてんこ盛り。

しかも途中でパピカはココナより実年齢ではずっと年上と判明したりと驚きの連続でしたね。

お話がやや難解な所は有りますが、百合要素の多さと意外性のお蔭で終始ニヤニヤさせて貰ったお話でした(笑)

お話はやや難解

様々なネタや人間関係を盛り込んでいる事もあって、後半はやや難解に感じる所も有りました。特にパピカが途中で若返ってしまった前後が管理人の頭では上手く整理できないですr(^^;)

まぁこの辺りは雑誌「メガミマガジン」のインタビュー記事で監督自身も認めている所なので、管理人の頭が弱いというだけではない・・・と思いたい(苦笑)

余談ですが、そのメガミマガジンの記事で物語が難解でも楽しめる要素の一つとして百合を取り入れ、盛り込んでいったという趣旨の回答があったんですよね。

これはつまり百合要素が人を楽しませるに足る要素である、と判断された訳で、散々「百合は売れない」なんて聞かされてきた身としては嬉しく感じました。

完全に百合を主軸にしていないのは、ちょっと残念ですが、作品に盛り込む要素の一つとして百合が有力な候補になっているという事は喜ばしい事ですね。

個人的に苦手な要素も有ったが、百合的に大満足&オススメ

個人的に苦手な要素・・・以前の記事でも言及したようにココナの出生に関して親の身勝手な部分を感じた部分も有りましたが、お話として暗くなり過ぎない程度のシリアスさ加減でしたし、毎回と言って良いほど百合要素をぶち込んでくれるので大満足(笑)

〆もココナとパピカの幸せを予感させる物でしたし、結果としては楽しめた作品だったと思います。

当サイトの関連記事

フリップフラッパーズ 各話感想 – 百合ゲーム時々、他事語り

公式サイト

TVアニメ「フリップフラッパーズ」公式サイト