« 3月 2017 4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Category Archives: ま行

魔法少女育成計画 JOKERS

※旧サイト(FC2ブログ)より転載 追記、修正

コミカライズやドラマCD化などの展開も行われ、着実に長期シリーズとなりつつある「まほいく」ですが、今作はシリーズの一つの決算と言える内容でした。

厳しい体験をし過酷な状況に身を置くスノーホワイト。
出世街道を爆走し着実に権力と発言力を手に入れるプフレとそれを危険視するシャドーゲール。
しぶとく暗躍を続けるピティ・フレデリカ。

これまでのシリーズで重要な役を担ったキャラ達が一つの事件を巡って行動する様はシリーズを楽しんできた者に取ってかなり面白かったです。

ただ、その一方で今作でもシリーズの伝統に則って多くの新キャラが登場した訳ですが、存在感が薄いまま退場してしまった印象のある新キャラは少なくありません。

この点もシリーズ伝統と言ってしまえばそれまでなのですが、先述した通り今作ではシリーズ通してのキャラが多数登場しており、どうしてもそのキャラ達との差が際立つと言うか、食われてしまっている感があります。

悪い言い方をすれば「このキャラ、出て来た意味あるの?」と言うような。

え?マジカロイド44?

いや、まぁ確かに彼女も相当に不憫な役どころではありましたがr(^^;) とは言え、全員が初登場と言える第一作とシリーズに何度も登場してきたキャラが多数いる今作では、やはり受ける印象が違うように感じます。

特に新キャラの中でも強烈な個性と活躍をしたキャラがいる事を考えると、一部のキャラの不憫さが際立ちます(T.T)

非常に面白かった本作ですが、この事を考えると2~3冊のボリュームで刊行するか、もしくはもう少しキャラ数が少なくても良かったのでは?と言う気もします。

当サイトの関連記事

魔法少女育成計画 小説感想 – 百合ゲーム時々、他事語り

アニメ公式サイト

TVアニメ「魔法少女育成計画」公式サイト

ドラマCD公式サイト

「魔法少女育成計画」ポータルページ

関連作品

原作原作 restart原作 limited原作 JOKERS原作 ACES & QUEENS原作 短編集コミック版ムック
続きを読む...→

魔法少女育成計画 restart

※旧サイト(FC2ブログ)より転載 追記、修正

さて、非常に楽しませて貰った「魔法少女育成計画」の続編「魔法少女育成計画 restart」についての感想です。

キャラクターは一新されたものの時系列的には続編であり基本的なコンセプトも変わらないため、前作を楽しめた方は引き続き楽しめるかと思います。

ただ前作はストーリーの主旨が"生き残りを賭けたバトルロワイヤル"だったのに対し、今作は"魔法少女達がゲーム内に閉じ込められ、あくまで脱出が目的"がストーリーの主旨となっています。

そのためお互いを明確に敵と認識して戦うというシチュエーションは減り、どちらかと言えば不審な死を遂げた魔法少女について考える、誰が犯人かを考えるといった、ある種の"サスペンス"や"ミステリー"な要素が強くなったように思います。

また戦死というよりも闇討ちや謀殺によって死亡するキャラが増えたため、戦闘による盛り上がりが減り派手さはやや欠ける面があります。

とは言え、前後編になりボリュームが増えたことや最後まで黒幕が分からないことなども相まって心理的な動きは前作以上に面白くなったと思います。

この辺りは好みが分かれるかとは思いますが、面白い作品である事は変わらないですね。

では、肝心な百合要素に関してはどうでしょうか。

個人的には、分かりやすい関係性や描写が無いため百合要素を楽しむと言う観点においては前作よりハードルが上がったように感じます。 ・・・こう書くと百合を楽しめないように思われるかも知れませんね。

ですが、ここは誤解しないで欲しいのですが、本作は百合要素が"無い"のではなく"分かり辛い"のです。

まぁ描写が少ないのは否めないところではありますが・・・ただその分、その少ない言動が強く印象付けられました。

特に、冷酷ささえ感じさせて冷徹に事を進めてきた魔法少女プフレが終盤で
「護(相棒の魔法少女)さえいればなんだっていいと思っていた私が」
といったようなセリフをさり気無く言う辺りとか!

また別の魔法少女のエピソードでは、男性キャラに惹かれていたのはその男性がかつての友人である魔法少女と似ていたからなど、非常に変化球な百合要素もあります。

以上のように百合要素に関しては決して分かり易いとは思えません。

ですが、キャラの言動を吟味していくと百合的な感情が潜んでいるのでは?と強く思わせる描写が所々にあり、その描写について百合的にどうなのかと考えるのはとても楽しいです。 いわゆるスルメ的な味わいのある作品だと思います。

当サイトの関連記事

魔法少女育成計画 小説感想 – 百合ゲーム時々、他事語り

アニメ公式サイト

TVアニメ「魔法少女育成計画」公式サイト

ドラマCD公式サイト

「魔法少女育成計画」ポータルページ

関連作品

原作原作 restart原作 limited原作 JOKERS原作 ACES & QUEENS原作 短編集コミック版ムック
続きを読む...→