« 2月 2017 3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Category Archives: れ行

レガリア The Three Sacred Stars

さて、紆余曲折があったものの無事に放送が終了&視聴し終えた「レガリア」。今回は総合的に見た感想(まとめ)を語ろうかと。

質、量ともに良い百合要素を投入しつつも、熱いロボットアニメ展開

本作の良さは言わずもがなの百合要素。

外見と実年齢のギャップがある義姉妹のユイ&レナ、永い時を一緒に過ごして来た実の姉妹サラ&ティア、苦難に晒されながらも互いをずっと想い合ったイングリッド&ケイ。

メインメンバー全てが女子ペアであり、そのいづれもがイチャイチャしている百合ップル状態で百合好きとしては至福と言えるでしょう(笑)

そんな娘達が必殺技を叫ぶ系の熱いロボットアニメ展開をしてくれたのは非常に好印象。

各話の感想でも言及しましたが、正に「百合は世界を救う」という感じで、有りそうで無かった正統派の百合+ロボットアニメが世に出て来たのはとても喜ばしいです。

客観的に見れば詰め込み過ぎ

とまぁ個人的には非常に好印象だった本作ですが、客観的に見た場合、様々な点で詰め込み過ぎだった感は否めません。

昨今のオリジナルアニメでは有り勝ちな事では有りますが、それにしても欲張り過ぎた感は有ります。例えば

  • ユイが王族、しかも女皇という地位に居ること
  • イングリッドさんも他国の王族であり、しかも当初は敵であったこと
  • 壮大な古代文明(レガリアやヨハン、神など)の設定

等々。

王族であればどうしても政治の話が気になるところですし(レガリアという武力を持っていれば尚更)、当初は敵だったイングリッドさんとユイが和解するには時間が必要。

レガリアなど古代文明の設定もどこかで説明が入らないと視聴者は腑に落ちません。

少ない尺の中で出来る限り表現してくれたとは思いますが、諸々の設定が活かし切れていたかと言うと正直、出来ていなかったと思います。

例えばユイやイングリッドさんが王族という設定自体は面白かったと思いますし、だからこその面はあったと思いますが、途中からユイ達が王族である意義はほとんど無かった気も(苦笑)

またレガリアなどの設定に関してもリュー&ロウによるエピソードとヨハン君の解説で一気に消化した感があり、管理人の頭では入りきりませんでした(汗)

終盤の展開はこれまで書いてきた通りの王道&熱い展開だったので、もう少し設定を簡素にした方が分かり易くて良かったのでは?とも思いましたね。

百合的には非常にオススメだが、お話としては込み入り過ぎだった

月並みでは有りますが、もう少しじっくりやって欲しかった作品ですね。ぶっちゃけ放送延期するくらいなら第16話くらいまでやって欲しかった(苦笑)

百合+王道なロボットアニメ展開と言うのは素晴らしかっただけに惜しかった作品だと思います。

当サイトの関連記事

「レガリア The Three Sacred Stars」 各話感想 – 百合ゲーム時々、他事語り

公式サイト

TVアニメ「レガリア The Three Sacred Stars」公式サイト

BD/DVD

第1巻第2巻第3巻第4巻第5巻第6巻

CD(OP/ED)