« 2月 2017 3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Category Archives: 魔法少女育成計画

「魔法少女育成計画」第10-12話 百合的感想

さて、超絶に遅れての「まほいく」感想です(苦笑) まぁ遅筆が当サイトのデフォルトですからr(^^;)

さて、後半戦に入ったので、もう人が死ぬ、死ぬ。原作を読了しているので(記憶が薄れているとは言え)、大体は分かっていたのですが・・・やはりキツい!!

特に個人的にイチオシのハードゴア・アリスの件はもう・・・!(。´Д⊂)

スノーホワイトのあの時の心理状態を考えると仕方なかったのかも知れませんが、あの冷たいとも言える反応はやはり恨めしくも有ります。

「魔法少女育成計画」第10話より
打ち解けたかのように見えたスノーホワイトとハードゴア・アリスですが、ケンカ別れのような形になってしまい・・・

まぁそれでも好きな人の腕の中で死ねただけハードゴア・アリスはマシな方だったかも知れません。

訳分からないままに死んだキャラの方が圧倒的に多いですからね、「まほいく」シリーズは(苦笑)

「魔法少女育成計画」第10話より
最期の最後でスノーホワイトに想いを伝える事が出来たハードゴア・アリス(亜子)
悲しい結末でしたが、ある意味でマシな最期だったのかも知れません

ちなみにハードゴア・アリスの心情や魔法少女になった経緯も語られましたが、この辺りは原作の方が好みかな。

特に「人(マジカロイド44)を殺してしまった罪悪感よりも、スノーホワイトを助けられた高揚感の方が勝る」みたいな事を思っていた辺りが個人的に萌えていました(爆)

「魔法少女育成計画」第10話より
スマホをねだって「魔法少女育成計画」をプレイし始めた事は語られましたが、原作だと確か魔法少女になるために文字通りぶっ倒れるまでプレイしたと語られていました
スノーホワイトへの愛を感じられる一幕だったので、そこはもう少し詳しく描写して欲しかった気も

他の百合的な面ではリップルとトップスピードの仲を感じられるシーンがあった事かな。

元々の性格もあってリップルからトップスピードへの親愛は分かり辛い所も有りましたが、今回はそれがかなりストレートに表現されている感じです。

「魔法少女育成計画」第11話より
トップスピードを想うリップル(華乃)
この時、既にトップスピードは死亡しているのでドライな事を言えば、これはリップル(華乃)が生んだ幻
ですが、その言動はトップスピードその物で、それだけリップル(華乃)がトップスピードを理解していたとも言えます

死亡組(苦笑)ではルーラ&たまも有りましたね。

原作を読了した直後はルーラにあまり良い印象は有りませんでしたが、各種外伝を見た後でこうして見直すとルーラが結構良い娘に見えて来ます(笑)

「魔法少女育成計画」第11話より
口や態度は悪いものの、決してたまの相手を諦めないルーラ
素直に感謝してくれるたまにルーラも満更でもなさそう

ルーラは何だかんだで面倒見も良く能力も決して低く無かったので、相手を見下す癖さえ無ければ本当の意味で女王になれたのかも知れませんね

そして外せない・・・トリを飾るのは、この事件を経て強い友情を交わすスノーホワイトとリップルですね。

まぁこの辺りは続き(原作)の世界になりますし、それにしても二人セットでの出番はそれほど無いのですが・・・お互いに想い合っている描写は結構萌えます。

色んな意味で大変な目に遭っているのが、何とも言えませんが・・・(苦笑)

「魔法少女育成計画」第12話より
この後、二人揃って相当に性質の悪いストーカー(女性です)に目を付けられるのですが・・・気になる人は「スノーホワイト育成計画」を読もう!

お話としてはバトルがメインになって行きましたが、バトルに関しては個人的にはコミック版の方が好きかな。

今回のアニメ版も決して悪い訳では無いですが、コミック版の方が駆け引きの要素が強くて好みでした。(特にスイムスイムチーム VS クラムベリー戦)

「魔法少女育成計画」第11話より
アニメ版はアニメ版で熱い戦いだったと思います
ただ、クラムベリーの最期はちょっとだけお間抜けだったかも(苦笑)
※確か他の媒体だとたまの攻撃が掠った瞬間に「まずい!」と思っていたので

と言う訳で、「まほいく」視聴完了です。

思っていた通り血みどろで、でも百合要素も楽しめた原作通りの作品だったと思います。所々で印象が変わったシーンも有りましたが、それもアニメならではの"味"で、それも楽しかったですね。

こうなってくると「restart」以降も見てみたい気がしてきますが・・・続き物が故に後味が悪いエピソードも有りますし、どうなんだろう?と言う気も。

今回は第1作という事で黒幕がキッチリ始末されましたが、そういう展開にならない事も多いですからね(苦笑)

「魔法少女育成計画」第12話より
黒幕たるファヴはきっちり始末されましたが・・・
余談ですが、ファヴの声が「はやて×ブレード」のはやてと一緒のせいで、この辺りは綾那にアイアンクロー食らう直前を連想してしまって仕方なかったです(笑)

当サイトの以前の記事

「魔法少女育成計画」第7-9話 百合的感想

当サイトの関連記事

魔法少女育成計画 小説感想 – 百合ゲーム時々、他事語り

公式サイト

TVアニメ「魔法少女育成計画」公式サイト

BD/DVD/CD

BD/DVD 第1巻BD/DVD 第2巻BD/DVD 第3巻BD/DVD 第4巻CD

「魔法少女育成計画」第7-9話 百合的感想

さて、新年に入り新しいアニメも絶賛放送を開始していますが「まほいく」の感想です(苦笑)

今回の第7~9話はバトルが激化してバカスカ死亡者が増えるというキツイ展開の連続になる訳ですが、当サイト的にはハードゴア・アリスを中心に語りたい!

もうこの娘、個人的には非常に好みだったのに出番は少ないわ、出番はあっても碌な目に遭ってないわ、なんですよ。

なので辺境の弱小サイトとは言え、少しくらい応援してあげたいってのが人情です!

「魔法少女育成計画」第7話、第9話より
原作の出番の少なさを考慮してか、それなりに出番はあったものの、このスプラッタ比率の高さよ(涙)

しかし・・・改めて見るとハードゴア・アリスの口下手さと言うか、コミュニケーションの下手さが悲しい(涙)

最初にまともに話す機会が有った時に、もっとスノーホワイトと話せていたら、例え短い時間だったかも知れないとは言え、もう少し幸せだったろうに・・・。

百合的な意味でも悲しい!

「魔法少女育成計画」第7話より
スノーホワイトが好き(間違った事は言っていませんヨ!)という事が上手く伝えられないアリスに対して、スノーホワイトはこの表情
好意が全く伝わっていません(。´Д⊂)

う~~~む。やはり以前発売されたドラマCDでハードゴア・アリスの出番が無かったのは納得いかん!

せめてああいう何でもあり設定な舞台でくらい出番をあげてよぅ(。´Д⊂)

そりゃあ中の人は出演してましたけどさぁ(苦笑)
※日高里菜さんは袋井魔梨華 役で出演

短編集でも微妙に報われていないと言うか、ちょっと切ないお話だったし・・・。何とか、もう少し救われて欲しいなぁ。

・・・段々愚痴っぽくなって来たので(苦笑)、他の面に話を移しましょうか。

今回の百合要素と言えば、やはりウィンタープリズンとシスターナナですねぇ。

回想シーンでは終始イチャイチャ(笑)、死に際も相手の事ばかり考えているという最強カップルぶりです。

「魔法少女育成計画」第8話より
イチャラブカップルだった二人ですが、ウィンタープリズンは切ない最期を迎える事に・・・。

あえない最期を遂げてしまったウィンタープリズン(雫)ですが、最期の最後までシスターナナ(奈々)を守ろうとした姿は正しく王子様であり騎士と言えますね。

余談ですが、我が姉上殿もウィンタープリズンが一推しだそうです(笑)

まぁ原作では描写されていたシスターナナ(奈々)の仄暗いとも言える心情があまり伝わってこなかったのは残念とも言えますが・・・こればかりは媒体の得手不得手という事でしょうか。

「魔法少女育成計画」第9話より
ウィンタープリズンの後を追うナナ
原作ではナナの複雑な心情にはっとさせられるシーンでしたが・・・

もう一つはリップルとトップスピードですね~。二人で協力してカラミティ・メアリを破った瞬間は確かに相棒としての絆が産まれていました。

「魔法少女育成計画」第9話より
二人で死闘を制し、確実に距離が縮まったのですが・・・

え?トップスピードは既婚者で、しかも子持ちになる予定だったから百合妄想し辛い?

バカヤロウ!!

世の中には人妻百合という物があってだなぁ!!

(o ̄∇ ̄)=◯)`ν゜)・;'

し、失礼しました・・・。

真面目な話、百合云々を差し引いてもトップスピードは「まほいく」シリーズの中では珍しいと言えるほど気持ちの良いキャラだったので死んでしまったのは本当に寂しかったです・・・。

百合要素を中心に振り返っていますが、こうしてアニメ版、原作、コミック版と見比べるとそれぞれの特徴が出ていて面白いですね。

原作では心理描写が面白いですし、コミック版はバトルの内容や描写などがまたちょっと違っていますし。

まぁ読んだのがだいぶ前なのでうろ覚えの部分も有りますが・・・こうなると改めて、また読み直したい気持ちになりますね。

当サイトの次の記事

「魔法少女育成計画」第10-12話 百合的感想

当サイトの以前の記事

「魔法少女育成計画」第4-6話 百合的感想

当サイトの関連記事

魔法少女育成計画 小説感想 – 百合ゲーム時々、他事語り

公式サイト

TVアニメ「魔法少女育成計画」公式サイト

BD/DVD/CD

BD/DVD 第1巻BD/DVD 第2巻BD/DVD 第3巻BD/DVD 第4巻CD

「魔法少女育成計画」第4-6話 百合的感想

絶賛視聴が大幅遅れ中ですが(苦笑)、感想を書きたいと思います。

第1~3話までは番外編のエピソードが入っている事もあり、ややテンポがゆっくりな感じでしたが、段々と熱が上がって来た感じです。

ええ、そりゃあ百合的にも!(笑)

まず印象的だったのはやっぱりスイムスイムでしょうか。リーダーたるルーラを謀殺した彼女ですが、その動機が「ルーラが居ては、ルーラになれない」ですからねぇ。

原作を読んでいた時はあまりの病みっぷりに驚いて奇声を発し(笑)、スイムスイムの正体が判明して更に驚いた事を良く覚えています。

※アニメ版ではスイムスイムの正体がサクッと明かされていますが、原作ではかなり後半で明かされました。本作では病んだ娘も多いですが(苦笑)、小学生にしてこの考え方か・・・と当時は戦慄しましたね。

「魔法少女育成計画」第4話、5話より
ルーラの死に敬意と涙を見せ、寿命と引き換えにした武器にその名を冠す
スイムスイムの捻じれているとも、真っ直ぐ過ぎるからこその狂気とも取れる想いが見て取れるシーンです

ちなみにルーラの名前を冠された魔法の武器ですが、原作では意外な形で活躍し続けていく事に。こうやって改めて見直す形になると感慨深いと言うか、また違った面白さが有ります。

そして百合と言えばカップルと明言しているウィンタープリズン(雫)とシスターナナ(奈々)ですね!!

基本イチャイチャしている二人ですが(笑)、こうやって絵と音声がある状態でしっかり見れると、やはり小説とはまた違った破壊力があって・・・!(*´Д`)

「魔法少女育成計画」第4話より
改めて見るとウィンタープリズン(雫)はやっぱりカッコイイですね~
原作でもそうでしたけど漢前な人です

まぁシスターナナも病み百合担当なんですけどね!!

原作の"あのシーン"は小説だからこそ分かり易いと言う気もするので、アニメ版ではどういう表現になるのか気になるところです。

あと百合要素という点は勿論、個人的に大好きなハードゴア・アリスが登場したのがテンション上がりました~。

まぁ原作でもそうでしたが、お目当てのスノーホワイトとの出会いはショッキング&スプラッタだったんデスケドネ・・・。あんな出会いで無ければもう少しマシな関係になったろうに・・・。

いやまぁあのシーン、あの出来事があったからこそハードゴア・アリスの百合要素が色濃くなったという面も有りますが。

「魔法少女育成計画」第6話より
ハードゴア・アリス、衝撃の登場シーン
うん、こうして絵面で見るとスノーホワイトでなくてもビビるわ、これ

と、百合的には段々と美味しくなって来ましたが、お話としても原作から膨らませている&分かり易くなっているシーンも多く、それも興味深かったですね。

例えばルーラこと早苗の人間時の印象はほとんど残ってない(あまり描写されていなかった気がします)のですが、今回のアニメ版ではかなり印象に残りました。

管理人の場合、原作だけだと机上の空論を振りかざすだけの人物という印象になってしまっていましたが、この感じだと能力はちゃんと有るようですね・・・高慢過ぎて中々相手にして貰えないのは変わらないですが(苦笑)

「魔法少女育成計画」第4話より
原作では"早苗"としての姿があまり想像出来なかった事もあって、非常に新鮮でした!

あと印象的だったのはラ・ピュセルVSクラムベリー!

原作ではサラっと終わったシーンだったので、これほど熱い戦いをラ・ピュセルを見せてくれていたという事に驚き&感動!

正直、原作での印象はラ・ピュセルがやや迂闊だったのでクラムベリーに撲殺されたという物だったので・・・(汗)

敵わなかったという結末自体は変わりませんでしたし、最期の想いが描写された事で非常に切ない展開でしたが・・・それでも黒幕たるクラムベリーに一撃を入れてくれていたのは、何と言うか胸を打ちました。

「魔法少女育成計画」第6話より
この時、ラ・ピュセルがクラムベリーを討てていれば・・・!
原作ではこれほどの力をラ・ピュセルが発揮した事が分からなかった事も有り、印象が全く異なるシーンとなりましたね

色々と構成が変わっている事も有り、小説ならではのギミック(スイムスイムの正体など)が効かない所も有りますが、やはり原作ではあまり詳しく描写されなかったシーンが見られると面白いですね。

まだまだ犠牲者が増えるのを知っているので、そこはちょっと気が重いですが、百合的に美味しいシーンもあるので続きを視聴するのが楽しみです!

当サイトの以前の記事

「魔法少女育成計画」第1-3話 百合的感想

当サイトの関連記事

魔法少女育成計画 小説感想 – 百合ゲーム時々、他事語り

公式サイト

TVアニメ「魔法少女育成計画」公式サイト

BD/DVD/CD

BD/DVD 第1巻BD/DVD 第2巻BD/DVD 第3巻BD/DVD 第4巻CD

「魔法少女育成計画」第1-3話 百合的感想

紆余曲折を経て遂にアニメ化したラノベ「魔法少女育成計画」。それを第1~3話まで見てましたが・・・感想を簡単に言うと
思った以上にじっくりお話を進めている印象。ただ原作のテンポを知っているとやや展開がゆっくりな気も。
と言う感じでした。

理由としてはスノーホワイト=小雪が魔法少女になるまでをじっくりやったり、番外編のエピソードが入っているからでしょうね。

「魔法少女育成計画」第1話より 今後の展開を知っている身としては、このまま普通の学生やっていた方が幸せだったろうなぁ・・・と思ってしまうシーンです
「魔法少女育成計画」第1話より
今後の展開を知っている身としては、このまま普通の学生やっていた方が幸せだったろうなぁ・・・と思ってしまうシーンです
「魔法少女育成計画」第2話より 番外編のエピソードの一つ 何気ないシーンですが、後の展開を知れば「まさか、これが引き金になるなんて・・・」と思わせるシーンです
「魔法少女育成計画」第2話より
番外編のエピソードの一つ
何気ないシーンですが、後の展開を知れば「まさか、これが引き金になるなんて・・・」と思わせるシーンです
「魔法少女育成計画」第3話より 番外編のエピソードの一つ これも後の展開を知っていると何とも言えない気持ちにさせてくれるシーンの一つです
「魔法少女育成計画」第3話より
番外編のエピソードの一つ
これも後の展開を知っていると何とも言えない気持ちにさせてくれるシーンの一つです

この辺りのエピソードが入って来るのは時系列としては正しいのですが、お話の展開・ギミックとしては今回の一連の事件終了後・・・原作である「魔法少女育成計画」発売後に刊行されたお話なので「この時にそんな事があったのか!?」と思わせてくれる内容でした。

そのため現時点では何気ないシーンの一つにしか見えないのが良くも悪くもポイントでしょう。

個人的には全て終わった後にもう1回見直すと更に面白くなる・・・という構成にアニメ版はなっていると感じますね。

百合的には・・・まだまだ弱い感じでしょうか。

まぁ「まほいく」の百合要素はストレートなラブイチャと言うよりはキャラの心情-それもドロドロとした物-なので分かり辛いですし、文章での心理描写が為される小説と違いアニメでそれがどのくらい表現されるかは正直、未知数です。

あと・・・百合要素と言えばラ・ピュセルがイコール颯太君だったという事で落胆する声も多いとか。

まぁこの辺りは分からないでも無いですけど、百合アニメとして広報している訳では無いし、そもそも原作からしてもスノーホワイトから百合的アプローチをするという事はほとんど無い訳で。
(どっちかと言うとスノーホワイトはアプローチをかけられる方)

そうなると落胆するのは流石に早過ぎるんじゃないかなぁ、と。そもそも今回の「魔法少女育成計画」の内容で百合キャラと言えるのはウィンタープリズン&シスターナナ(カップルとして既に成立済)、スイムスイム、ハードゴア・アリスですし。

それに落胆してしまうのは女装物でダメージを受けた経験があるからだと思うのですけど、ラ・ピュセル=颯太君は相応早い段階で男だとバラしている事を考えると相当に良心的だと思います。

「魔法少女育成計画」第1話より 原作を読んでいる時でも驚かされたラ・ピュセルの正体 まぁ正体が意外というかとんでもない魔法少女は原作では結構登場していますが
「魔法少女育成計画」第1話より
原作を読んでいる時でも驚かされたラ・ピュセルの正体
まぁ正体が意外というかとんでもない魔法少女は原作では結構登場していますが

これは個人的な意見なのですが、女装物で嫌なのは女の子を騙しているというのが凄く嫌なんですよね。相手を油断させて付け入っている感じがしてしまうので。

それを考えるとすぐに正体をバラして本音で小雪と向き合おうとする颯太君は普通に良い男だと思う。

まぁチラチラ見えるスノーホワイトの足にドキドキして、その心の声をスノーホワイトに聞こえないようにせねば!と内心ドキドキしている辺りは年相応だな、とは思いますが(笑)

好みや考え方は色々とありますが、颯太君の事だけで興味を無くしてしまうのは勿体無いなぁ、と思うところです。

と、少し話が逸れましたね。

原作のスピード感で言えば、もう3~4人は退場していると思って見ましたが、意外にじっくりゆっくりな進行で驚きました。 この感じで百合要素に関してもじっくりやってくれる事を期待したいですね。

当サイトの次の記事

「魔法少女育成計画」第4-6話 百合的感想

当サイトの関連記事

魔法少女育成計画 小説感想 – 百合ゲーム時々、他事語り

公式サイト

TVアニメ「魔法少女育成計画」公式サイト

BD/DVD/CD

BD/DVD 第1巻BD/DVD 第2巻BD/DVD 第3巻BD/DVD 第4巻CD