« 9月 2020 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「神獄塔 メアリスケルター2」プレイ日記03

夏の暑さに負けていた期間があった事もあり、かなり久しぶりのプレイ日記第3回です。

途中で大苦戦するもののメンバー(かぐや、親指姫)は順調に加入

  ”旧河川・沼エリア”はボス戦に大苦戦  

ラプンツェルが居た”旧河川・沼エリア”ですが、探索自体は普通に進める事が出来たものの、ここでボスであるナイトメアに大苦戦するはめに。いやまぁ、前哨戦と言える核(コア)の破壊の時点で結構苦戦していましたからねぇ(苦笑)

「メアリースケルター2」PS4版より
核(コア)破壊戦後で珍しくグレーテルとハーメルンの意見が合います
・・・楽勝みたいに言っているけど、プレイヤーから言わせると辛勝だからね?(笑)

と言う訳で5~6回は挑戦して、途中で諦めてレベル上げ&スキルや装備などの見直し。んでもって、また2~3回挑戦してようやく辛勝という酷い有様でした(苦笑)

夏バテしていたのが記事が遅くなった一番の理由ですが、今回のプレイに限って言えばここで足止め食ったのも大きな要因ですね(苦笑)

「メアリースケルター2」PS4版より
非常に強力な全体攻撃を2回連続で放つ事もある今回のナイトメア
おつう、ハーメルンはまだともかくHPが低い他のメンバーはHP全開でも瀕死状態に…(T.T)
「メアリースケルター2」PS4版より
苛烈な全体攻撃に対処するためにラプンツェルを血塗れにして舐める=魂血スキルを発動させてダメージを軽減したり、惜しみなくアイテムを使ったりしてようやく勝利
アイテムをデフォルトで使えるのはおつうだけなのに行動が回って来るのが非常に遅いので、スキルでアイテムを使えるようになるグレーテルが非常に重宝しました

お蔭で勝利後イベントの人魚姫、ラプンツェルの感想が本当にプレーヤーの気持ちを表していて思わず笑ってしまいました(笑)

「メアリースケルター2」PS4版より
核破壊戦後とは打って変わってシンクロしたセリフ(疲労感&歓喜のセリフ)を聴く事に(笑)

  かぐや加入の旧寺院エリアは割りと楽にクリア  

ようやく”旧河川・沼エリア”突破した後はメルヒェンの死体が積み上がっているという情報を元に”旧寺院エリア”へ進む事に。

そして、その元凶・・・メアリスケルター化したかぐやと遭遇、戦闘して無力化後にジャックの血を浴びせて正気にしようとします。

「メアリースケルター2」PS4版より
イベントシーンではかなり苦労している状況でしたが・・・プレイヤー的にはさほどきつく無い戦闘でしたね

おつう達にとっては苦難の末に、プレイヤーに取っては比較的楽に(笑)無事に正気に戻ったかぐやですが・・・いかにも体調が悪そうなのを大丈夫と言い張って探索に同行する事に。

先ほどの戦闘イベントでも、おつうから「頑張り屋」と評されたかぐやですが、どうも強迫観念からの言動にも取れ、何やら不穏です。

「メアリースケルター2」PS4版より
いかにも無理をしている風のかぐや
純粋な頑張り故の無理という風には見えませんが・・・?
「メアリースケルター2」PS4版より
探索中ではおつうと人魚姫でかぐやをフォローしようという話も
この辺りは二人が通じ合っている感があって萌えました(笑)

と、お話としては不安を感じさせはするものの、かぐやは遠距離攻撃アタッカーという非常に分かり易いキャラであったので、そこはかなり有難かったです。

ラプンツェルが攻撃&防御力の値は良いもののHPが最低クラスであるため予想以上に運用が難しかった事もあり、ようやく戦力としては安定してきたという印象ですね。

お蔭で探索は割りと楽に進んで思った以上に早くにかぐやの頑張りの理由が判明、結果としてちょっとした溝が生まれそうにもなりましたが・・・おつうの活躍もあって打ち解ける流れに。

「メアリースケルター2」PS4版より
役に立てなければ捨てられる、実験体にされるという強迫観念を黎明の者に植え付けられたかぐや
故に休めという人魚姫が自身を陥れようとしていると感じてしまいますが・・・
「メアリースケルター2」PS4版より
核破壊戦で功を焦ったかぐやを庇うおつう
おつうの怪我が酷く無かった事もあり、ようやく無理に頑張る必要は無い、と納得して貰える事に
わだかまりが解けた事は勿論、百合的にもちょっと美味しいシーンだったのも◎な展開でした!

引き続きのナイトメア戦もさほど苦戦せずに済み-戦闘イベントの場所が扉を抜けて直後という不意打ちな場所にあったのはどうかと思いましたが(苦笑)-、”旧河川・沼エリア”と比べると楽なエリアでしたね。

「メアリースケルター2」PS4版より
強力な全体攻撃は持っていたものの、なまじ状態異常攻撃を多く持っていたせいか、攻撃対象が一人で済むケースも多くさほどきつく感じませんでした
「メアリースケルター2」PS4版より
”旧河川・沼エリア”ナイトメア戦ではザコの攻撃を防ぐくらいしか役に立たなかったハーメルンのバリア系スキル”スタクリブロック”ですが、今回はスキルレベルを上げていた事もあり、意外なほど役立ちました
第6章スタートで早速、親指姫が加入

ナイトメア打倒の後にガレキで先に進めないというイベントを経て、第6章がスタートし、その直後にパーティメンバーに親指姫が加入する事に(ストーリー的には白雪姫、眠り姫も加入)。ストーリー的にはあまり友好的な状況では無いもののメンバー加入は戦力の安定が進むので嬉しいですね。

「メアリースケルター2」PS4版より
身を寄せているタイヨウ教団の安全確保のために協力を求めて来る親指姫
ですが、過去に黎明・・・シンデレラに千昭を殺されたと思っている事もあって、あまり好意的では有りません

親指姫はタイプ的には人魚姫と同じである上にHPもあまり高く無いのでメインパーティには加入させない事にしましたが・・・コンビとして戦力になるので、やはり有難いです。

「メアリースケルター2」PS4版より
親指姫とコンビを組むとたまにSPが回復する模様
どのくらい当てになるかは分かりませんが・・・嬉しいスキルでは有ります

また新しい血式スキル”プチプリンセス”もどう使うスキルか、まだ良く分からない事もあり、ゲーム的にどういう印象になるのか・・・今後のプレイが楽しみです。

「メアリースケルター2」PS4版より
アイテムを縮小できるというスキル
これまで迷宮に直接効果を及ぼす血式スキルばかりだったので、どんな風に使うか、ぱっと思い付かないのがまた面白いスキルとも言えます
イベント的には百合要素は控えめだったものの・・・キャラが掘り下げられていると感じられる物が多かった印象

  人魚姫 おつうの可愛さを感じさせるイベントが一つ  

百合要素が控えめだった今回のプレイではかなり百合度が高かったイベント。

内容としては、おつうが人魚姫の歌に歌詞を付けてみたという物で、おつう曰く歌詞は王子様をテーマにしたとの事だが、実際には王子を想うお姫様の歌詞にしか見えないというもの。

お蔭でおつうは途中から人魚姫と乱入したラプンツェルと二人がかりで可愛いと連呼されてしまうという(笑)

「メアリースケルター2」PS4版より
人魚姫はおつうの歌詞を”王子を想うお姫様の歌”と取りましたが・・・管理人の眼から見てもそう感じますね

いつも凛々しい王子様を実践しようとするおつうですが、この時は可愛いと言われてタジタジといった具合で、いつもの人魚姫との関係性と合わせてギャップが大きい&百合的に美味しく、非常にほっこりさせて頂きました!(笑)

  ラプンツェル 無邪気さと危うさを感じさせる  

それまでの環境が環境だったせいか、色んな意味で無邪気さと同時に危うさを感じさせるイベントが多数。特にメルヒェンの死体を刺して遊んでいる辺りは中々にシュール。

「メアリースケルター2」PS4版より
もしCGで表現されていたら、中々にエグい光景となっていたであろうシーンです

とは言え、ここは人魚姫に窘められると素直に言う事を聞いてくれる分、可愛いと言えるかも知れませんが。

「メアリースケルター2」PS4版より
命の尊厳を説く人魚姫
こうした話を素直に聞いてくれる事から、元来のラプンツェルの性格が猟奇的な物では無いという事が分かります

それに先述したように生きて来た環境を考えると、こうした言動も致し方無しでしょう。現に似たような境遇だった2人の言動が・・・ねぇ。

「メアリースケルター2」PS4版より
倫理的な事よりメルヒェンの死体処理やトドメの有無の確認優先をする2人
ある意味では間違った事を言っている訳では無いので、2人の言動はやはり環境のせいと言えるでしょうね

あともう一つ、ラプンツェルが危ういなぁと感じるのはしきりに子供を作ろうとする事。

具体的な作り方や子供を持つ意味などは理解していない様子ですが・・・拠点に男性も居る状況では、ちょっと危うさを感じざるを得ません。

子供の具体的な作り方を尋ねられておつう達が誤魔化すシーンが有りましたが、個人的にしっかり性教育をする必要があるんじゃ・・・とは感じましたね。

「メアリースケルター2」PS4版より
お約束の嘘”コウノトリが運んでくる”で誤魔化そうしますが・・・個人的にはこの後に登場したグレーテルのように、はっきり教える方が間違いが無くて良いような気もしますが・・・

まぁこの辺りは本作の設定である”血式リビドー”という情動が絡んでいる事を考えると、普通の娘とはまた違った事情が有るので難しいのかも知れませんが。

  グレーテル お菓子への執着振りが凄い  

以前のプレイ時には百合的に美味しい爆弾発言をしてくれた(笑)グレーテル。そんな彼女は今回のプレイで印象的だったのは、お菓子への執着振り。

ラプンツェルのお菓子を無言の圧力で貰い受けたり(強奪と言うべき?)、四苦八苦しつつお菓子作りに挑戦したりと、普段の彼女とは一味違った印象を抱かせます。

まぁ好感が持てる内容だったかと言われると微妙なラインですが(苦笑)

「メアリースケルター2」PS4版より
ひたすら見つめる事によってプレッシャーをかけ、最終的にラプンツェルのクッキーを貰い受けるグレーテル
おつうに窘められた事もあって今後は控えるとの事ですが・・・ちょっと怪しいです(苦笑)
「メアリースケルター2」PS4版より
曖昧な表現の多いお菓子作りに苦戦するグレーテル
個人的にこの辺りは強く共感出来ます。料理本に良く有る”適量”とか”少々”とかどのくらいか難しいよね・・・
「メアリースケルター2」PS4版より
つまみ食いをしようとしたハーメルンを脅すグレーテル
おつう曰く「本気の殺気だった」とか・・・

  ハーメルン 相変わらずの快活さだが、陰を見せるシーンも  

ハーメルンは基本的に明朗快活で、やや好戦的な所は以前と変わらないものの、チェス勝負で全く勝てないグレーテルに教えを教示されると師匠と呼ぼうとするなど、これまで通りに好感が持てる娘です。

「メアリースケルター2」PS4版より
その場その場でしか手を考えないハーメルンに先を読む事をレクチャーするグレーテル
負けた相手からの教えを素直に受け取る辺り、ハーメルンは基本的には良い娘だと感じられます

また余談ですが、おつうが相性が悪いように見えて意外に仲良しと言及しており、この2人の組み合わせは百合的な妄想を加えると中々美味しくて、また良しです(笑)

と、これまでと変わらないように見えたハーメルンですが、ちょっと陰を見せるシーンも。

それは”勇者として仲間を守る、それが出来ていない気がして落ち込む”というもの。

先ほどのイベントでは自分を負かしたグレーテルに素直な敬意を示していましたが、グレーテルは賢く、かぐやはしっかり者、おつうはリーダーとして優秀だと、自分と比べて卑下するという、ある意味でらしくない姿を見せます。

おつうは励ましの意味で「ハーメルンだけが頑張らなくて良い」と言いますが・・・当のハーメルンは頑張らなくて良い=自分でなくも良い=自分は必要無いといった受け取り方をしており、今後に不安を感じさせる展開に。

「メアリースケルター2」PS4版より
かぐやの時と同様に励まし、労わりの言葉が返って相手を追い詰めるという流れに

今回のイベントはこれで終わってしまい、ハーメルンがどういった答えを出すかはまだ分かりませんが・・・百合要素は薄めながらピンでは頼りになる事もあって好きなキャラだけに、あまり酷い状況にはならないで欲しいところです。

  かぐやイベント ようやく本来の性格が出て来たという事かな?  

かぐやメインのイベントは少ししか無かったですが・・・彼女の本来の性格であるぐうたらな所が見れるイベント有りましたね。

それは部屋を散らかしまくっていた上に人魚姫が片づけを申し出るとちゃっかり自分は楽なポジションに就こうとするところ。

あまり褒められた行動では無いですが(苦笑)、無理をして頑張りまくっていた頃に比べると柔らかい雰囲気になっており、そこは好印象。

「メアリースケルター2」PS4版より
しれっと楽なポジションに就こうとするかぐや
とは言え、おつう、人魚姫を「お人好し」という姿は嬉しそうで何だか安心させてくれます
まだまだ謎が多いが順調にメンバーも増えて、また今後が楽しみ

四苦八苦しながらもメンバーが増えている事もあって、順調と言える状況ですが・・・相変わらずおつうの見ている夢は謎が多いです。

特に幼い人魚姫が登場する辺りは過去に何かしらの出来事、出会いがあったようですが・・・?

「メアリースケルター2」PS4版より
夢では血式少女に追われる事が多かったですがメルヒェンにもイジメられている様子
そんな中、幼い人魚姫に助けて貰い、互いに上手く接触出来ないながら仲良くなろうとする展開に
これが彼女との本当の出会い、という事でしょうか

また、この夢以外でもアリス、赤ずきんの安否は依然として不明ですし、シンデレラもどういう形で登場するか、未だ見当が付かない状態。

順当に考えるならばアリス達の登場or加入は、親指姫の依頼であるタイヨウ教団の新たな拠点を確保した後に白雪姫、眠り姫が加入してからという形になりそうですが・・・。

何にせよ、ゲーム的にもお話的にも段々と面白くなってきているので、また頑張ってダンジョンを攻略したいと思います!

当サイトの以前の記事

「神獄塔 メアリスケルター2」プレイ日記02

対応機種 : PS4/NS
ジャンル : ダンジョンRPG
プレイ人数 : 1人

PS4版 公式サイト

神獄塔 メアリスケルター2

NS版 公式サイト

神獄塔 メアリスケルター2 for Nintendo Switch

百合要素ある?「素敵な彼女の作り方」公式サイトオープン

”女の子同士の恋愛が描かれ”などの紹介文があり、百合要素が有ると匂わせるADV「素敵な彼女の作り方」の公式サイトがオープンしました。

公式サイト

Sutekano | Sushi soft

記事掲載サイト様

TG12月号10/21(水)発売!Projectが贈る恋愛サバイバルADV『恋愛×ロワイアル』を描き下ろし表紙連動で大特集!
現状では情報が少なく判断が難しい

紹介記事では”ヒロインが洗脳されていく女の子同士の恋愛が描かれ、表現の限界に挑戦した恐怖を心ゆくまで味わえる作品になっているぞ!”とあり、これを額面通りに受け取ればサイコホラー系の百合作品と思われ、実際にサイトトップのイメージイラストはそういった展開を彷彿とさせる物になっています。

「素敵な彼女の作り方」公式サイトより
主人公:菫がヒロインであるなずなを束縛するような雰囲気を感じさせるトップイラスト
「素敵な彼女の作り方」=自分の思い通りになる彼女にする、という意味でしょうか
なお余談ですが、STEAMのロゴがある事からSTEAMでの展開が予定されているようで、成人向け作品ならばそういった描写は他の作品のようにパッチ対応になるかも知れません

ただ、気になる要素・・・主人公:菫が自分の性的指向が判然としていないという設定や情報が少なく性別すら不明の菫のオンラインカウンセリングの”先生”などの設定も有ります。

「素敵な彼女の作り方」公式サイトより
菫の設定自体は決して悪く無いのですが・・・裏切られる事が多かったロートル百合好きとしては一抹の不安を覚える設定でも有ります(苦笑)

勿論これは”自分の性的指向が同性である=百合であると晴れて認める事が出来る”という展開や”先生”は実はなずなで束縛しているつもりの菫が実はなずなに誘導&束縛されていた、という百合好きには美味しい展開になる可能性も有りますが・・・。

何にせよ、まだ情報不足。サンプルCGなども公開されていませんし、今後の情報公開を待ちたいです。

発売予定は2020/11との事なので、もうあまり間は無いのが気になる所では有りますが(苦笑)

Webコミック誌「COMIC メテオ」更新!(2020/10/21)

今回の更新の注目作は「ニーナさんの魔法生活」です。

公式サイト

COMIC メテオ
バトル漫画みたいなシーンもあって、今後の師匠(ニーナ)がどう活躍するか興味を引かれる

今回はパウリーを助けようとしたアイリスですが、そこにガリルが登場しピンチという展開。

真実はどうあれ脱走犯であるパウリーと一緒に居るという意味でもピンチですが、今回の展開は何かもう物理的にピンチです(汗)

「 ニーナさんの魔法生活」第21話より
所々で不穏な要素は見せつつも派手なドンパチシーンはほとんど無かった本作ですが・・・今回はバトル漫画のようなシーンが

お蔭で百合と言うか、アイリスとニーナのイチャイチャしている所は全く無かったですが(苦笑)、その分ラストで登場したニーナが今後どう出るかは非常に気になる&楽しみなところ。

とんでもない実力を秘めている事を匂わせながらも大々的にその力を披露する事の無かったニーナですが、愛弟子たるアイリスのピンチともいえるこの状況でその力をどう見せるのか・・・次回が楽しみです。

メテオ様関連注目作 単行本

「フリップフラッパーズ」が期間限定で無料配信中

百合要素有りのアニメ「フリップフラッパーズ」がプロデュース会社インフィニット様の10周年記念企画の一環として無料配信中とのこと。

youtube該当ページ(2020年11月11日まで無料配信)

株式会社インフィニット:youtube

公式サイト

TVアニメ「フリップフラッパーズ」公式サイト

記事掲載サイト様

Getchu.com:げっちゅブログ:アニメプロデュース会社インフィニット10周年企画実施! 新規キャラクターのオリジナルプロジェクトも始動
次回配信予定タイトルは「citrus」他にも百合要素有りの作品が無料配信されるかも?

今回の「フリップフラッパーズ」の次に配信予定のタイトルは「citrus」で、こちらはご存知ブッチギリの百合恋愛作品。

他にもプロデュースタイトルを見ると「レガリア The Three Sacred Stars」、「グランベルム」、「BLACK FOX」など百合要素のある作品が多数並んでいます。

次回配信の「citrus」以降も百合アニメを視聴出来るかも知れないの事や新作として予定されている「ぴいたま」など、今後の情報公開が楽しみと言えますね!

当サイトの関連記事

フリップフラッパーズ

レガリア The Three Sacred Stars

「神獄塔 メアリスケルターFinal」ノベル”獄中童話前夜譚”第8話などが公開

ノベル”獄中童話前夜譚”の第8話やギャラリー(サンプルCG)、システムなどが公開されています。

公式サイト

神獄塔 メアリスケルターFinale
”獄中童話前夜譚” メアリーのシャーロットへの懐き振りと謎に触れられる

今回は”獄中童話前夜譚”以外にも更新が色々と有りましたが、百合的にも物語的にも注目なのはやはり”獄中童話前夜譚”。

百合的には作中曰く

”メアリーからしてみれば、よく妄想した『無条件に優しく甘やかしてくれる美人の巨乳お姉さん』がいきなり目の前に現れたのだ。ここぞとばかりに妄想の中でやっていたことを実行してしまう。しかしシャーロットはそんなメアリーを優しく受け入れ、時に叱りつつも、最後には笑顔で許してしまうのだった。”

という状況で、その実行した内容も

「なぁなぁシャーロット、い、い、一緒に寝ようぜ!」
「なんか頭いてーんだよなぁ……なでなでしてくれたら治るかもなぁ……」
「あ、ああ、あーんってしてくれよ……へへ……」

と、調子乗りまくりです(笑) しかもシャーロットが心配して抱きしめて来た時にもその胸の感触を楽しむという・・・作中でも”クズである。”なんて書かれてますしね(苦笑)

”獄中童話前夜譚”第8話より
二人の表情の落差が酷いです(笑)

と、百合的にニヤニヤ出来る一方で非常に興味深い事が判明します。

一つ メアリーはジェイルの核を利用して妄想を具現化できる

一つ マッチを使い切るとメアリーは死亡する(と思われる)

”マッチを使い切るとメアリーが死んでしまう”はシャーロットの能力に由来する、ある種の予言であるため100%正しいかは未知数ですが、妄想具現化は確実なメアリーの能力。

これは物語が展開されるに当たって非常に重要な要素になりそう。特にこの妄想具現化という能力が今回のような服などの物質に限らない・・・例えば生物をも具現化出来るならば”よく妄想した『無条件に優しく甘やかしてくれる美人の巨乳お姉さん』”たるシャーロットすら彼女の能力の産物である可能性も否定し切れません。

やってる事は「わたモテ」のもこっちみたいなメアリーですが(笑)、その根底にある物はかなりシリアスなのかも知れませんね。

・・・シャーロットの下乳が出るような服を作る娘ですけどr(^^;)

当サイトの関連記事

「神獄塔 メアリスケルター2」プレイ日記

PS4/Switch「神獄塔 メアリスケルターFinale」プロモーションムービー

PS4/Switch「神獄塔 メアリスケルターFinale」オープニングムービー

「ライザのアトリエ2 〜失われた伝承と秘密の妖精〜」PS5版パッケージ版 発売中止とのこと

以前にパッケージ版の発売が予定されていたPS5版の発売中止が告知されています。

公式サイト

ライザのアトリエ2 〜失われた伝承と秘密の妖精〜
DL版、アップグレードは可能とのこと

中止理由はこの手の告知ではお約束の”諸般の事情”とされており、詳細な経緯は分かりません。

ですが、DL版の発売とPS4版からのアップグレードには対応する予定との事で、PS5で「ライザのアトリエ2」をプレイする事自体は可能な模様。

「ライザのアトリエ2 〜失われた伝承と秘密の妖精〜」公式サイトより
元々通常版しか予定が無かった事などを考えると、あまり力が入っていなかった印象のあるPS5パッケージ版
あくまで推測ですが、そういった状況下でパケ版を販売しても利益が出ないと判断されたのかも知れません

”モノ”が無いのは寂しいですが、PS5でのプレイ自体は出来るので、あとはどういった形でプレイするか、でしょう。

発売予定 : 2020/12/3
対応機種 : PS5/PS4/NS/Windows(steam)
ジャンル : 錬金術RPG
プレイ人数 : 1人

ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~ プロモーションムービー

「アンサング・デュエット」サンプルシナリオ、キャラの解説などが追記

以前の記事で話題にした「アンサング・デュエット」ですが、サンプルシナリオの解説などが追記されています。

公式ページ

アンサング・デュエット | ゲームシステム | 富士見書房公式 TRPG ONLINE

アンサング・デュエット サポートページ | ダウンロード一覧 | 富士見書房公式 TRPG ONLINE

どらこにあん新作TRPG『アンサング・デュエット』PV【2020年10月20日発売】

百合的なシチュを想定したと思わせるシナリオも

百合が前提の作品、という訳では有りませんが、サンプルシナリオ&サンプルキャラでは異能を持ち異界から連れて帰るべきキャラとなる”シフター”が女性である事やシナリオの文脈から相方のキャラとなる”バインダー”が女性の方がしっくり来る事など、百合的に楽しみやすいシナリオも有ります。

特に”電子世界のデッドリー生配信”、”ラビットランド”はイメージイラストも女性同士となっており、百合的なプレイがしやすそうな印象です。

「アンサング・デュエット | ゲームシステム | 富士見書房公式 TRPG ONLINE」より
サンプルシナリオ”電子世界のデッドリー生配信”のイメージイラスト
キャラが2人ともに”ヴァーチャルアクター”として活躍していたという設定のシナリオであるため、サンプルキャラである”ツグミ”とのプレイを想定する場合は女性キャラとのプレイの方がしっくり来る印象です
「アンサング・デュエット | ゲームシステム | 富士見書房公式 TRPG ONLINE」より
サンプルシナリオ”ラビットランド”のイメージイラスト
サンプルキャラについては言及が有りませんでしたが、サポートページにて公開されているシナリオでは”シフターはバインダーに対して、恋愛感情、もしくは、それに近しい友情を抱いています。”とあり、同性同士・・・つまりイラストのように百合を含んだシチュが想定しやすいと感じます

勿論、これらはあくまでサンプルを元にしたイメージイラストであり、先述したように百合が前提という訳では有りませんが・・・他のサンプルシナリオも示すようにペア同士が前提である事を活かした設定は非常に魅力的であり、百合妄想のし甲斐がある内容となっています。

TRPG本という訳で万人向けかと言われると難しい所も有りますが、本作はプレイ人数が2人でもプレイ可能である事や1人プレイ用のシナリオも用意されている事など、比較的手に取り易い作品と言えそう。

TRPG系の作品に少しでも興味があるのであればチェックして見ると良いかと!

当サイトの関連記事

訪問者様よりTRPG「銀剣のステラナイツ」の情報を頂きました!

FC2ブログ時代に話題にさせて頂いたTRPG作品。グロい世界設定ですが、非常に百合プレイしやすい設定の作品でも有ります。

サイトではほとんど話題に出来ていないものの、こちらも百合プレイしやすい設定の作品。吸血鬼百合が想像しやすいのは勿論、女性NPCの中には明確に女性に恋情を持っていたとする者が居るなど、見所は多いです。