« 5月 2017 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「よるのないくに2 ~新月の花嫁~」 電撃PSにて月の女王”マルヴァージア”、リリィイベントなどについて公開!

「電撃PS Vol.641」にて現時点ではボスと目される月の女王”マルヴァージア”やリリィイベントなどについて公開されています!

情報掲載雑誌

リリアーナを生贄として捧げる相手であり、アルーシェを一度殺害した妖魔。それが月の女王”マルヴァージア”

新キャラでは有りますが・・・実はこれまでに目にしているはずのキャラです。・・・そう、PVなどで登場している花嫁のような-前作をプレイしていると”あのキャラ”と似ているとも感じる-あのキャラですね。

【よるのないくに2】PV第2弾より
只者では無い雰囲気でしたが、まさか月の女王本人だったとは・・・!
記事でも言及されていましたが、自らを封印するリリアーナをわざわざ”誘拐”したのは何故か・・・気になるところです!

記事によると元々穏やか妖魔だったようですが、夜の君(アーナスの事でしょうか?)不在の間に台頭、世界を”永遠のよる”で包もうとしているとか。

ふ~~む、わざわざ自らの危険となり得るリリアーナを”誘拐”したりするのか、また穏やか性格ならば何故に人間と激しく争う道を進み始めたのか・・・ボスと目されるだけに謎が多いキャラです。

夜の君となっていたアーナスとの関係も含め、どんなキャラなのか分かる時が楽しみです!

リリィイベントを進める(親密度が高まる)とメニュー画面に百合の花が咲く!

今回のシステム関連の情報は、これですね!

親密度が高まるとイベントが起きる・・・はお約束ですが、親密度が高まるにつれてメニューに「(恐らく)親密度が最も高いリリィとアルーシェが表示&百合の花が増えていく」んですよ!!

しかもアルーシェとリリィの表情や視線、顔向きまで変わっていく(親密になるほど向かい合うようになる)という芸の細かさ!!

うん、ゲーム的には直接的なメリットは有りません。

が!!

百合好きには100%ご褒美です!!(爆)

うん、もうこの要素だけで本作を購入する意味があると思う(笑)

プレイするのがますます楽しみになってきましたね!

発売予定 : 2017/8/31
対応機種 : PS4/PSVita/Nintendo Switch
ジャンル : アクションRPG
プレイ人数 : 1人

公式サイト

『よるのないくに2 〜新月の花嫁〜』(PS4/PS Vita)公式サイト

PV第2弾

禁断のリリィ動画Plus

「塔亰Clanpool」公式サイト更新、特典情報などが公開!&電撃PSにて”レンリツ聖顕”などの情報が公開!

公式サイトが更新され、特典情報やギャラリーなどが公開されました!また「電撃PS Vol.641」にてシステム”レンリツ聖顕”やガジェッティアなどについて情報が公開されました!

公式サイト

塔亰Clanpool

情報掲載雑誌

公式サイトではメインメンバーの変身後の姿であるデジスキン姿やスクリーンショット、特典が公開されていますね。

システムに関する点はまだ公開されていませんが、ゲームの雰囲気はより掴み易くなったのではないかと。

特典に関しては・・・お約束のセクシー要素が盛り沢山ですね(笑)

特に初限版のおふろポスターとか、これ絶対に貼れないヤツだろ・・・としか言えない(笑)

まぁ設定原画集とサントラが欲しいから、こっちを購入するけどさ!

電撃PSでは各種システム、ガジェッティアについての情報が公開!

電撃PSで先行して公開されている情報ではシステムに関する情報が多数。具体的には

  • レンリツ聖顕
  • ガジェッティアと”レンリツ”する事によって発動するパワーアップ形態で、元のスキンからカラーリングなども変わる。(既に特典イラストなどで少し公開されていますね)

    各キャラ毎(と言うより各スキン毎というべき?)にパワーアップ形態があり、ガジェッティアも複数いるので色々な形態を楽しめそう。

    但し、成功率が設定してあり失敗も有り得るとのこと。

  • EP制コマンドバトル
  • ターン毎に一定量回復するEP(エーテルポイント)を使用してスキルなどを駆使し、戦闘するシステム

    EPがあれば1ターンに複数回行動も可能との事で、このポイントをどうやり繰りするかが、戦闘のキモになりそう。

  • ちびキャラコンボ
  • 2人以上が連続して攻撃するとコンボが発生、スキル名が変わり攻撃にもボーナスが入る

    要は名前通りのコンボ攻撃なのですが、ちびキャラが画面で動くという演出や協力して攻撃するという演出は百合脳には響きますね(笑)

またガジェッティアも3人公開されましたが、やっぱり全員女の子で百合的にまた楽しみが増えましたね(笑) ちなみに今回公開された娘は

  • シャータ
  • デジカメがモチーフの黒髪ロング&ミステリアス系っ娘。ビジュアルは個人的にドストライク(笑)

  • カデラ
  • ビデオカメラがモチーフの真面目タイプの娘。見た目からして軍人的なイメージかな。

  • ティック
  • スマートウォッチがモチーフのツインテール娘。ツンツン系らしくマスターにも時折冷たいとか。

    デレるかは現時点では謎。

このガジェッティア達とどのくらい絡みがあるかは、まだ分かりませんが百合要素がある可能性は十分。

引き続き、今後の情報公開に期待です!

発売予定 : 2017/10/5
対応機種 : PSVita
ジャンル : DRPG革命DRPG
プレイ人数 : 1人

「塔亰Clanpool」ティザーPV

「魔法少女特殊戦あすか」第21話前半公開!

第21話前半が公開されています!

掲載サイト

魔法少女特殊戦あすか / 原作:深見真 作画:刻夜セイゴ 軍事設定協力:田村尚也 - ニコニコ静画 (マンガ)

くるみ、激怒!!という引きだった前回ですが・・・怒っても力量差は埋まらないと言うか、依然としてちさと有利な展開ですね。

ある意味、非常にリアルな展開ですし、格闘シーンは迫力もある。

ただ・・・お話の展開としては味気無い(苦笑)

最終的に勝てないとしても、くるみには一矢報いて貰いたいところですね。次回に期待です!

新刊

Webコミック誌「COMIC メテオ」更新! 「篠崎さん気をオタしかに!」百合なラストで大団円!

今回の注目作は「篠崎さん気をオタしかに!」、「放課後アサルト×ガールズ」、「アイドランク」です。

公式サイト

COMIC メテオ

「篠崎さん気をオタしかに!」は遂に最終回。

気になる秋菜と楓の仲ですが・・・

秋菜が告白&楓が受け入れて百合END! オメデトー(*゚▽゚)/゚・:*

コメディ寄りな作風でしたが、最終回で秋菜と楓のキスシーンも入りましたし、大満足。

いきなりの告白からのキスシーンの場に居合わせる事になったみーちゃんは居た堪れない物があったでしょうが(笑)

欲を言えば楓と恋人になった後のエピソードも見たい気はしますが、先ほど書いたように大満足と言えるラストでした!

「放課後アサルト×ガールズ」は引き続き戦車との激戦。

お話としてはハルカがどうなってしまうのかが気になる所ですが、百合的には撃たれたアヤコに対して見せたキヨミの表情が気になるところ。

怒っているような悲しんでいるような、その表情の源となる感情はどんなものなのか・・・それによっては一気に百合度が上がるかも。

最後に話題に挙げるのは「アイドランク」

読み切りのコメディ漫画で、アイドルという事を隠して飲み歩きするサキの心情が面白いのですが、百合的にもサキの言動に一々ときめく後輩のほのかが(o^-')b グッ!

ラストがちょっと酷かったですが(笑)、百合要素も楽しめて個人的にはとても面白かったですね!

メテオコミックス 注目作新刊

「戦姫絶唱シンフォギアGX」のアンソロジーコミック『まんが DE 絶唱しんふぉぎあ』が2017/7/7発売予定!

漫画媒体での展開は第1期コミック版以外は無かったシンフォギアシリーズですが、第3期GXのアンソロコミックが発売予定との情報が公開されました!

公式該当ページ

「戦姫絶唱シンフォギアGX」アンソロジーコミック『まんが DE 絶唱しんふぉぎあ』 - グッズ - TVアニメ「戦姫絶唱シンフォギアGX」公式サイト

ようやくのアンソロ本ですね!

長期アニメ作品だと、こういう本は結構すぐに出るのですが、何故かシンフォギアシリーズでは全然出なかったんですよねぇ・・・。

それだけに今回の告知は嬉しい!!

・・・コメディ路線だとOTONA、NINJAな方が活躍しそうな気もしますが(笑)、シンフォギアである以上百合な作品が寄稿されていると信じてます!

参加される先生方の名前が見当たらないのが残念ですが、好きな作品のアンソロ本なので非常に楽しみです!

関連サイト

戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED[シンフォギアXD]

AXZ(第4期)公式サイト

TVアニメ「戦姫絶唱シンフォギアAXZ」公式サイト

「深夜廻(しんよまわり)」 ”限定版小説試し読み”が公開! 充分に百合っぽいと感じるのは管理人の頭のせい?

公式サイトにて限定版特典である小説の試し読みが公開されています!

公式サイト

深夜廻(しんよまわり) | 日本一ソフトウェア

タイトルでも書きましたけど・・・予想以上に百合っぽいんですが!!

いや、確かに友情の範疇ではあると思います。

ですが、ユイもハルも相手の事ばかり考えているのが、もう!

手を繋いで「ハルのそばには、いつもわたしがいるから」とか、百合好き目線からしたら悶死レベルのセリフですよ!(笑)

とまぁ百合萌えしまくりましたが(笑)、お話としても普通に先が気になります。

ゲーム本編の前日譚ですから、これを読んでプレイすれば更に感情移入できそうですし、百合的にも更に美味しくプレイできそう(笑)

ゲーム本編でこういったユイとハルの互いの気持ちを詳しく描写するシーンがあるかは不明ですが、少なくとも限定版小説は友情百合として充分に楽しめたのでゲーム本編にも期待したいところです!

深夜廻 プロモーションムービー

「小林さんちのメイドラゴン」第7-13話 百合的感想

超遅れていますが(苦笑)「小林さんちのメイドラゴン」、後半の感想です!

トール最大の敵 それがエルマ

今回のアニメでも原作でもトールとは勢力が対立している上に戦闘力も拮抗しているという絵に描いたようなライバル。それがエルマ。

(異界への行き来が自由に出来る点などを考えると総合力はトールの方が上な気もしますが)

が、しかし!

この世界において所属勢力だの、戦闘力だのは問題では有りません。

ですが、エルマはトールの最大の敵です。

何故か?

それは職場でず~~っと小林さんと一緒だからですよ!!

アンソロコミック1巻(伊藤ハチ先生作「メイドラゴン本の新刊ください」)でも書かれているように新人指導は百合なんですよ!(笑)

しかも部署まで一緒で先輩後輩となれば、ずっと家に居るトールより長い時間を共に過ごしているとも言える訳です!

前回の感想ではジョージ―さんを警戒すべきと書きましたが、後半戦でトールが一番警戒すべきはエルマです!

そりゃあ嫉妬のあまりブレスを撃つのも致し方無しです(笑)

小林さんちのメイドラゴン 第8話より
エルマへの嫉妬が高まった所へ表れたエルマへブレスをかますトール
気持ちは分かりますが、射線上に小林さんが居た事まで忘れるのは・・・(苦笑)

まぁそうは言っても現時点では完全にとばっちりだったエルマを放っておいて嫁たるトールを慰めにかかる小林さんを見る限り、トールと小林さんの仲は盤石でしょう。

・・・しかし原作(第5巻時点)の事を考えると、家の中には小林さんと子作りを迫るイルルが居るし、職場にはちょっと小林さんに迫られると受け入れ態勢に入るエルマが居るし、でトールの気苦労は絶えませんね(笑)

運動会、演劇、クリスマス、初詣とイベントが目白押し

純粋にお話としても様々なイベントがあり、楽しませて貰いました。

特に演劇はカオスっぷりが凄まじく、終始笑いっ放しでしたね。

小林さんちのメイドラゴン 第10話より
童話や昔話、魔女っ娘に忠臣蔵とメチャクチャな劇でしたが、お蔭で捧腹絶倒でした(笑)

百合的な観点でもカンナ居る所に才川さん有りで、ニヤニヤさせてくれましたし!

もう「ぼへぇ~~!」顔のオンパレードですよ(笑)

小林さんちのメイドラゴン 第9、10、11話より
運動会でカンナとの接触に興奮し、演劇ではカンナの衣装姿に興奮し、初詣ではさり気無く縁結びを謀る
こんな状態でもカンナの方は基本いつでもウェルカムですし、ベストカップルですね、この二人(笑)

終盤では原作で比較的初期に完了していた小林さんとトールの出会い~お父さん、娘さんを下さいイベントが展開。

百合的に素晴らしいのは勿論、最初の方の展開を思い出してほっこり。

(まぁトール父とのやり取りや流れは色々と増量されていましたが)

・・・改めて見ると小林さんの酒乱振りにもびっくりしましたが(笑)

消えて無くなった事を考えると一種の哲学兵装だったのかも知れませんけど、それでも身の丈数倍は有ろうかと言う剣を引っこ抜くとは・・・。

酔っ払いって怖いですね(笑)

小林さんちのメイドラゴン 第12話より
酔った勢いでトールに刺さった超特大剣を引っこ抜き、そのまま酒宴。
そしてトールを自身のメイドとして引き込む小林さん
正に酒が繋いだ縁ですな(笑)
オリジナルなエピソードが有りつつも大団円で大満足 この調子で第2期制作でイルルにも出番を!

トールのお父さんである終焉帝とのエピソードは小林さんの漢気が炸裂したのが素晴らしかったのは勿論ですが、お父さんに認めて貰った瞬間にオープニングのシーンを回収する演出が更に良かった!

小林さんちのメイドラゴン 第13話より
凄まじい威圧感にも負けず、トールへの理解を求め説得する小林さん
小林さんちのメイドラゴン 第13話より
お父さんが立ち去った後に抱き付くシーンがオープニングという一緒という演出は良かったですね!
このシーンは思わすガッツポーズしましたよ(笑)

原作を非常に楽しく読ませて貰っていましたが、今回のアニメ版もオリジナルのエピソードが有り”小林さんち”という家族感がより強く打ち出されていて原作に負けず劣らず面白かったです。

強いて不満を言えば原作では登場済みのイルルの出番が無かった事かな。

彼女も魅力的ですし、小林さんとの絡みは勿論、才川さんとの絡み(「カンナの日常」での絡みも楽しいですね)が百合的にも物語的にも面白い。

是非是非、第2期を実現してイルルも登場するエピソードを見てみたいです!

当サイトの以前の記事

「小林さんちのメイドラゴン」第1-6話 百合的感想 – 百合ゲーム時々、他事語り

公式サイト

TVアニメ「小林さんちのメイドラゴン」公式サイト