« 6月 2020 7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2020年7月 注目百合本

今月気になる作品は「このぬくもりを君と呼ぶんだ」でしょうか。

レーベル公式サイト

小学館::ガガガ文庫

ガガガ文庫様の「百合×SF」はどんな作品なのか

”百合×SF”の小説と言えばハヤカワ文庫様発「裏世界ピクニック」が火付け役という印象で、その後もメインはハヤカワ文庫という印象でした。

当サイトの関連記事

「SFマガジン 2019年 02 月号」百合特集を読みました!

そんな中でガガガ文庫様から「百合×SF」と明言されたのが本作「このぬくもりを君と呼ぶんだ」という事で、百合的な期待感は勿論、どういうSF作品に仕上げているのかという意味で非常に気になります。

あらすじを見ると、空や太陽まで人工物=偽りで固められた世界で”リアル”を求めるレニーが出会ったトーカに”特別”を感じるという流れであり、この辺りは有る意味で青春の王道ですが、”空から謎の球体が降ってくる”という先の展開が読めない事件が起きるのがポイント。

この事件を機にレニーとトーカの日常は崩れていくようですが、それがどんな展開になっていくのか・・・世界の秘密を探る?それとも単に二人で生きていくために逃げに徹する?それとも・・・と色々な想像が可能なのが楽しみなところ。

百合の方向性という意味では中々判断が難しい(恋愛寄りなのか、友情寄りなのか、など)ですが、上記のように純粋にお話としてレニーとトーカがどうなっていくのか?という意味で非常に興味を引かれます。

また著者の悠木 りん先生は本作がデビュー作という事もあり、悠木 りん先生の作風やガガガ文庫様の”百合×SF”のベクトルはどの辺りを向いているかという意味でも意義深い作品になりそうですね!

「ブリガンダイン ルーナジア戦記」が開始数分で百合上等な設定をぶち込んで来たので話題に

ゲーム的にはメチャクチャ期待しつつも、百合的には「有ったら良いな~」程度に思っていた「ブリガンダイン ルーナジア戦記」

が、開始数分で百合上等な設定をぶち込んで来たので、取り急ぎ話題に(笑)

公式サイト

ブリガンダイン ルーナジア戦記
女性自治の勢力”シノビ族” 百合要素があるかも?と思っていたが、こんな設定だったとは・・・

公式サイトで確認可能ですが「ブリガンダイン ルーナジア戦記」には6つの勢力があり、その中の一つ”シノビ族”が女性自治の国であるという点で「もしかすると百合要素があるかな?」とは思っていました。

が、公式サイトの紹介では男性キャラもシノビ族に参戦していますし、正味女性だけで国を運営するのは無理。(能力の問題では無く生殖の問題で)

なので、国是では有るが女性だけの自治というのはそこまで厳格ではない=百合要素はほぼ無いと思っていたら・・・開始数分でこんな文言が!

「ブリガンダイン ルーナジア戦記」より
まさかの男性要らずの出産可能な世界観!!
百合妊娠じゃないのが百合脳人間には寂しいですが(爆)、思わずコントローラを取り落としそうな衝撃を受けたのは確かです(笑)

おおう・・・これ百合世界可能な設定じゃないですか!!

君主:タリアには母であるデラが居り、そのデラとメデッサは特別な繋がりを匂わせていましたが、子供が居る=男性と繋がりがあり、百合的には判断が難しいと思っていました。

が!!

この設定があれば無問題じゃないですか!!う~~ん、ゲーム的には期待していましたが、まさか百合的期待にまで応えてくれるとは・・・。

「ブリガンダイン ルーナジア戦記」より
”マザー”という責務を負うデラを支えるメデッサ
明言はされていませんが、それ以上の感情を伺わせる二人です
とは言え”百合ゲー”であるかと言えば厳しい(苦笑)

と、一人で盛り上がりましたが正直、百合ゲーとして楽しめるかと言えば、ちょっと厳しいですr(^^;)

理由としては、まず女性だけで出産できるというだけで男性との繋がりを否定している訳じゃないから。

タリアが挙兵する切っ掛けとなったレイは国外で男性と交わりを持っていたようですし。

「ブリガンダイン ルーナジア戦記」より
大胆な事を言うレイ
この事からも女性自治ではあるが、性的指向が女性に向くかは別という事が分かります

また、話の筋が自由を求めるという流れであると共に様々な掟で縛られた状況を変えるという流れになりそうだから。

こうなってくると女性だけで統治するという制度も変えよう、男性も受け入れようという流れになる可能性が高いと思います。

実際に既に男性キャラと共に戦っている訳ですし、普通に考えれば終戦後は男性だからサヨナラ、は流石に酷いでしょうからね。

「ブリガンダイン ルーナジア戦記」より
シノビ族メインキャラの一人シド
口が悪い所は有りますが、好漢と言えるキャラで印象は◎
まぁ百合好きとしては複雑な所では有りますが(苦笑)
とは言え、百合的に優しい設定のは嬉しい

とは言え、この”女性だけで出産が可能”という設定は百合的に優しい設定では有るのは確か。(全ての女性が妊娠する訳じゃないとの設定も有りますが、それは男性との交わりでも一緒でしょう)

まだプレイ途中なので最終的には分かりませんが、タリアなどの主要キャラが男性とくっ付くにしても、女性だけで子供を持つ、女性同士でパートナーとなる”自由”を否定しなければ、百合的には素晴らしい作品であると言えそうです。

ゲーム的には順当にパワーアップした「ブリガンダイン」

最後にゲーム的な面について少し。

もう20年くらい経ちますが、前作「ブリガンダイン グランドエディション」から良い所を残し、表現やユニットの種類などの要素を順当に強化、パワーアップした作品と言えますね。

まずユニット(騎士、モンスター)のバランス感覚は前作同様に素晴らしく、どのキャラ、モンスターも何らかの仕事がある、活躍の場が有るのは◎

「ブリガンダイン ルーナジア戦記」より
個人的に今作で刺さったのが、このモンスター
MP消費が激しいものの、再行動を可能にする”リアクト”は状況が合えば凶悪なほどの性能
「ブリガンダイン ルーナジア戦記」より
前作でも大活躍したモンスターの1種”エンジェル”
最低レベルでも”ディバインレイ”は充分な火力で、上記のグレムリンからのリアクト支援を受ければ瞬殺も夢じゃないです
「ブリガンダイン ルーナジア戦記」より
シノビ族では上記2種が序盤の主力
サンダードラゴンはともかくマンイーターはイメージ的に弱そうですが・・・中々どうして強いです
特に敵騎士をマヒor石化させた時はガッツポーズですよ(笑)

また今作ではクエストに”修練場”が設けられ戦闘以外でも経験値を得られるようになり、主力以外の騎士、モンスターにもレベルアップの機会が大幅に増えたのは、特に好印象。

「ブリガンダイン」では内政要素はほとんど無いのですが、このシステムのお蔭で有る種の内政・・・戦闘でモンスターが損耗した時に備えて控えモンスターを鍛えておくが出来るようになりましたからね。

流石に最上級クラスレベル(レベル20)まで修練場だけで上げるのは厳しいですが、上級クラス(レベル10)までなら比較的簡単に上がるので、暇な騎士は訓練に励んでもらうと前線が消耗してもすぐに立て直せますし、育ち具合によっては2正面作戦も可能になります。

まぁ最上級クラスでも”こいつさえ居れば楽勝”という程の強さじゃない・・・逆向きに言えば最上級クラスでも不利な地形や囲まれた状況だと基本クラスに討取られる事が有り、そこは中々シビアなバランスですが・・・だからこそ面白いと言えます。

「ブリガンダイン ルーナジア戦記」より
サンダードラゴンは上級クラスで、中々に強いですが闇雲に突撃して勝てる程は強く有りません
まずは反撃を受けないブレスをぶち込んでから肉弾戦が基本です

あとゲーム内容に直接関わる事では有りませんが、ギャラリーモードが非常に充実しており、メインイベントやスチルは勿論、戦闘前のちょっとした掛け合いイベントまで収録されており、一度見たイベントはほとんどが見返せるようになっています。

再度見るには条件の厳しいイベントも有りますから、これはかなり嬉しい所ですね!

以上でしょうか。戦闘は中々シビアな所も有りますが難易度イージーも有りますし、上述したように百合的には不透明ですが、SLGとしては面白いので、その点では強くお勧めしたいですね。

ブリガンダインルーナジア戦記2ndトレーラー

steamにてサマーセール(2020年7月10日まで)が開催、「ぬるぺた」などがセール対象に

steamにてサマーセールが開催され、盛んに話題になっているようなので、百合要素の有りそうな作品をチェックしてみる事に。

公式トップページ

steam

セール対象作品数は膨大ながら値引き率やパソコンの状況など個々人によってお得度は異なるかな?

作品数の多さで定評のあるsteamだけにセール対象作品数も膨大。(多分、百合要素のある作品はもっとあると思います)

ただ値引き率がまちまち・・・作品によっては元のプラットフォーム(PS4など)でパッケージ版を購入した方がお得かも?ですし、PCという個々の環境がバラバラである事を考えると、人によってお得度は大きく異なりそう。

それにアクション系の作品だと、まずコントローラが必要って方もいらっしゃるでしょうしね。

※NSの予備用&二人プレイ用に購入したコントローラですが、PCでも使えるので重宝しています。初期設定・・・最初にNSに認識させるのは中々信号を拾ってくれなくて、そこはちょっと手間取りましたが(苦笑)

と、ちょっと消極的な事を書きましたが(汗)、前述したようにセール作品数が膨大であることを考えると、気になっている作品をチェックするだけでも楽しいでしょうし、掘り出し物も見つかるかも知れませんので、steamに抵抗が無ければセールページを見るだけでも面白いかと。

では、いつも通りセール対象で百合要素が有りそうな作品を羅列しておきます。(他にも好印象の作品は有りましたが、日本語がフォローされていない作品や別プラットフォームで追加要素などがある作品は掲載していません)

※日本語版アダルトパッチがある模様(参考リンクはこちら)

※個人的には百合要素が楽しめたので掲載(プレイ日記はこちら)

工画堂様作品

SukeraSomero/SukeraSparo様作品

日本一ソフト様

プレイ日記記事はこちら

ガスト様作品

当サイトの記事はこちら

当サイトのプレイ日記記事はこちら

当サイトのプレイ日記記事はこちら

Webコミック誌「COMIC メテオ」更新!(2020/6/24)

今回の注目作は、読み切り作品「青春したいウチのお嬢様が、鬼かわいい。」です。

公式サイト

COMIC メテオ
お嬢様をからかいつつも、メロメロなメイドさんという関係が◎

天真爛漫なお嬢様とそれに仕える、ちょっと砕けた-でも本心はお嬢様にメロメロ-メイドさんという、ある意味で王道な主従百合な作品ですね。

ただ、本作での醍醐味はお嬢様:結万の秘密・・・頭部に角が生えており、その角が癇癪を起すと伸びる、をメイドである萌々が上手く隠すというシチュエーション。

「青春したいウチのお嬢様が、鬼かわいい。」より
角が生えている事自体は無問題ながら”伸びる”のは問題という、中々変わったシチュエーションが面白いですね

この伸びる角を隠すというミッションは中々に大変なのですが、それを分かっていながら結万の反応が可愛いが故に、またからかってしまう萌々の性格は中々業が深いのが百合好きには楽しいです(笑)

「青春したいウチのお嬢様が、鬼かわいい。」より
伸びる角を隠すのはかなり大変ですが、ついつい結万をからかってしまう萌々
日頃から良い表情を見せて貰っているのに、こうした言動を取る萌々の業は深いです(笑)

冒頭でも言及しましたが、”従”である萌々が”主”である結万をリードしているように見せて、最終的には結万にメロメロで全く敵わないという感じなのが◎

可愛い結万を見て、萌々が可愛くなるというスパイラルは百合としても、純粋にお話としても楽しかったです!個人的いは連載化して欲しいですね。

メテオ様関連注目作 単行本

kindleにて「青い花」全巻 約半額ポイント還元などのセールが開催中

例によってセールページなどが見つけられなかったものの(苦笑)、百合要素のある作品がセール対象なので話題に。

「青い花」が全巻 約半額ポイント還元以外にもちょこちょこセール作品あり

「青い花」が全巻 約半額ポイント還元に「賭ケグルイ」シリーズの各1巻、「古の女神と宝石の射手 ふたご座の姉妹」が約半額、ですね。

見つけられた作品数が少なかった=規模は控えめな感は有りますが、「青い花」「古の女神と宝石の射手 ふたご座の姉妹」が約半額で購読できるのは中々良いかと。

「古の女神と宝石の射手 ふたご座の姉妹」、ちょっとマイナーですが、切ない双子姉妹百合作品として楽しめる事や彼女達のエピソードは本作1冊で完結しているので手に取り易いのでお勧めです。(原作ゲームは開店休業中みたいな状況のようですが・・・)

当サイトの関連記事

kindleにて”さよならローズガーデン 1巻”などが値引き

kindleにて百合姫コミックスなどがセール中

kindleにて”さよならローズガーデン 1巻”などが値引き

kindleにてセールキャンペーンページが公開、その中に百合要素が有りそうな作品が有るので話題に。

セールトップページ

Kindleストア : マンガ セール&キャンペーン
ごちゃ混ぜ?値引き額などはバラバラ

ざっと見てみたところ、レーベルや値引き率などがバラバラで、ちょっと統一感が無いと言うか、ぶっちゃけチェックし辛いページでは有りますね(苦笑)

とは言え、その分セール対象作品は膨大で、その中には百合要素のある作品も。

先述したように値引き率がバラバラなのでお得かどうかをその都度 判断していく必要が有りそうなのが難ですが・・・掘り出し物がある可能性も有るので一度チェックしてみる事をお勧めします。

では、いつも通りセール対象作品を羅列しておきます。

一迅社様コミックスのセール

あと一迅社様のコミックスで約30%のポイント還元されている作品が有ったので合わせて掲載。(巻によってはセール対象外です)

当サイトの関連記事

kindleにて百合姫コミックスなどがセール中