« 2月 2017 3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「FLOWERS秋篇(PC版)」プレイ日記03

さてさて少しずつ進めている「FLOWERS秋篇」ですが今回は推理も無く、主人公である譲葉先輩は大変だったものの百合的に美味しいイベントも多く楽しい展開でした!

譲葉先輩の悩みは尽きないもののコミカルなイベントのお蔭で楽しい

沙沙貴姉妹からの好意、ネリネ先輩への慕情。主人公たる譲葉先輩は悩みを誰にも相談出来ぬままのため悶々としているためか変な夢を見たり、周囲から気遣われたり。

譲葉先輩自身は悶々としていますが、プレイヤーからすると中々に楽しい状況でも有ります(笑)

特に夢の内容が。まるで譲葉先輩が沙沙貴姉妹とネリネ先輩の多角関係の中心となっているかのようで、大変なようで意外に楽しんでいるんじゃないか、この人?という気にもなってきます(苦笑)

Copyright Innocent Grey/gungnir All Rights Reserved.
URL:http://www.gungnir.co.jp/innocentgrey/
「FLOWERS秋篇」より
夢の中という事で性格が悪いネリネ先輩
でも譲葉先輩が「気が多い」というのは表面上は然りですし、こういう高圧的なネリネ先輩も悪く無いという気も(笑)

またコミカルと言えば、譲葉先輩の髪型チェンジのシーン。

三つ編みおさげ、サイドポニー、ツインテールと様々な譲葉先輩を見れるファンサービスたっぷりのシーンで個人的にも大満足。

まぁ譲葉先輩はどれも似合わないなぁ・・・と不満&悲しそうでしたが、サイドポニーとツインテールは中々良かったと思います。

三つ編みおさげは・・・ちょっと厳しい物があるかな、と思いましたが(苦笑)

まぁネリネ先輩からの評価を気にしていた所へバッチリのタイミングで入って来るネリネ先輩に関しては 「タイミング良過ぎだろ!いい加減怖いよ、この人!?」 と思っちゃいましたが(笑)

ネリネ先輩、譲葉先輩に何か変化があると100%的確に気付いて来るし、今回は今回で別室なのにタイミングバッチリで表れるしで、一歩間違うとホラーですよ、この人(笑)

Copyright Innocent Grey/gungnir All Rights Reserved.
URL:http://www.gungnir.co.jp/innocentgrey/
「FLOWERS秋篇」より
ツインテールの譲葉先輩
これはこれで新鮮&可愛いと思いますが、ネリネ先輩があまりに良いタイミングで表れるので、その印象が吹っ飛びました(笑)
譲葉先輩のネリネ先輩を好きになった経緯が明かされる うん、こりゃ惚れるわ

コミカルな展開で誤魔化されてはいますが、譲葉先輩の悩みと問題自体は一向に解決されていません。

そんな中、譲葉先輩は紅葉狩りをしている最中に足を挫いて一人動けなくなるという状態に陥いる事に。

そんな状況の中、過去の回想が語られるのですが・・・それがネリネ先輩との出会いだったんですね。

これまでにも時折語られていましたが、昔は内向的だった譲葉先輩が転んだ際に活発なネリネ先輩に助けて貰ったこと。これが譲葉先輩がネリネ先輩に好意を持つ切っ掛けだったようです。

些細な切っ掛けと言えばそれまでですが、心細く悲しい時に助けてくれる、しかも颯爽とも言える姿で助けられればときめかない方が不自然というもの。

Copyright Innocent Grey/gungnir All Rights Reserved.
URL:http://www.gungnir.co.jp/innocentgrey/
「FLOWERS秋篇」より
転んでしまい、一人で悲しみと痛さに耐えている所に差し伸べられた手
小さな事かも知れませんが、辛く苦しい時に差し伸べられる手ほど嬉しい物は有りませんよね

で!!

お約束かも知れませんが、今回も譲葉先輩を救ったのはネリネ先輩な訳ですヨ!!

元々好きだった所にこんな昔の慕情をくすぐるようなシチュエーションをやられたら、ますます好きになる決まっています!

一度はその辛い想いに心が揺れていた譲葉先輩ですが、これはやっぱり諦めれるものじゃあないですね。

Copyright Innocent Grey/gungnir All Rights Reserved.
URL:http://www.gungnir.co.jp/innocentgrey/
「FLOWERS秋篇」より
一度はネリネ先輩への想いが揺れた譲葉先輩ですが・・・この後、ネリネ先輩に救われ改めて自らの想いを再確認する事に
が、ストーリーとしてはまだ動きは無い

とまぁ以上のように譲葉先輩はとてもじゃないですがネリネ先輩を諦めるなんて出来ない様に思えますが、今の管理人がプレイしている時点では結局、お話自体は動いていない・・・譲葉先輩は何も決断できていない状態です。

譲葉先輩が足を挫いてしまったのは沙沙貴姉妹が原因である部分も有りますし、状況的にはネリネ先輩とのルートになりそうですが・・・。

とは言え、選択肢がまだあまり出ていない事も有り、まだまだどんな展開になるか分かりません!

ネリネ先輩とのEDを目指しつつ、今後の展開を楽しみたいと思います!

今回の立花さん

はい、今回も蛇足を語ります(笑)

と言っても今回は珍しく嘆きでは無く(笑)、立花さんの可愛いシーンが見れた喜びを語りたい!

そう、プレイ済みの方ならお察しのあの「おヒゲ!」のシーンです!

いやまぁ立花さん本人からすれば凄まじく恥ずかしい場面だった訳で、不遇と言えば不遇ですけど・・・リアルゾンビやるよりは遥かにこっちの方が良いよね!?と言う訳です(笑)

Copyright Innocent Grey/gungnir All Rights Reserved.
URL:http://www.gungnir.co.jp/innocentgrey/
「FLOWERS秋篇」より
思わず「そうそう!プレイヤーはこういうのを求めているんだよ!!」と叫びました(笑)

あと印象的だったのは「立花さんが上級生にシンパを増やしつつある」という譲葉先輩の評があった事でしょうか。

プレイヤー目線からすると不遇感ばかりが目立つ立花さんですが(苦笑)、作中ではちゃんと評価して貰っているようです。

・・・こういった評価と同時に「(一緒に居た蘇芳も含めて立花さんへは)羨むもどこか嫉妬の視線が潜んでいる。そう観えた。」という評があるのが気になりますが。

う~~~ん、蘇芳もセットでの評ですが、なんでこう結局は不遇な感があるんでしょうね、立花さん(。´Д⊂)

恐らく今後、蘇芳の選挙の事も有るでしょうし、今回の譲葉先輩の見立てが刺さるような事が無いと良いのですが・・・。譲葉先輩の恋情も含めて気になるところです。

当サイトの次の記事

「FLOWERS秋篇(PC版)」プレイ日記04

当サイトの以前の記事

「FLOWERS秋篇(PC版)」プレイ日記02

PC版公式サイト

FLOWERS

PSVita版公式サイト

FLOWERS秋篇

PC版

PSVita版

美少女ゲーム、アダルトアニメ、 同人ソフト、AVのダウンロード販売

※半角文字が含まれると、その種類や組み合わせによってはファイアウォールによってエラーが出る(サイトへの攻撃と誤認される)事が有ります。
その際はお手数ですが、半角文字を使用しないようにするなどして再度コメントして頂くようお願いします。

2 thoughts on “「FLOWERS秋篇(PC版)」プレイ日記03”

  1. 秘村シキです。またまたコメントをw

    譲葉先輩の夢のシーンは、初見の時、譲葉先輩の
    「ああ、これは夢だ」と決定づけるセリフが来るまでは
    ありえるのでは…………?などと思いながらプレイしましたねww
    むしろ、ネリネ先輩がここまで、ストレートなら譲葉先輩も悶々と
    しなくてもいいというか。いや、いっそ、この性格のネリネ先輩での
    シナリオを見てみたい気もします。
    ある意味、正統派の恋愛物語(気難しいヒロインを攻略していく)になりそうですw

    譲葉先輩の、髪形ファッションショーは良かったですよねw
    サイドポニーは、普通に似合っているように思えましたね。
    というか、表情が表情が硬いんですよ!譲葉先輩!!
    自信満々か、自然な表情してたら、案外全部、似合ってるとか
    思わせられた……………かもしれなかったですし!

    譲葉先輩が、ネリネ先輩に助けられるシーンは良かったですよね!
    ネリネ先輩を好きになった理由の回想シーンよりも、
    意識が戻った譲葉先輩が、背負われながら、
    「ネリネちゃん………………」と、呟くシーンが、とてもグッときましたw
    発売前から、公開されていたCGですが、やはり、このときの
    譲葉先輩の年相応な女の子という表情が好きですね。

    さて、今回の立花さん(何となくコーナーっぽいですねw)
    前回のゾンビメイクがあったからか、余計に可愛く見えましたよ!
    なんか、完全に滑ってる感じではありましたが、立花さんだから
    許せるというか、むしろ立花さんらしくて、何か好きですw
    好感の持てる真面目さというか、不器用さというか。

    さて、話は変わって、ブルーリフレクションですが、
    リザルト画面、自分も驚きましたよ!
    生徒から、何か禍々しいのが出てるな~とか、あっ、ダンジョン潜ったな~
    とか、何となく見ていたら、急に、百合イベントが発生してしまうのですから!
    何だかいい意味でリザルト画面っぽくないですねw
    というか、微妙に修羅場っぽというか、
    戦闘<主人公の取り合いみたいな雰囲気が何だかいい!
    気にあるのが、仲間によって、そして、組み合わせによって、
    変わるのかどうか、というところでしょうか。
    もし、変わるのなら、経験値効率とか度外視して、ローテーションで
    グルグルと、色んな組み合わせを試し続けそうな未来が見えますw

    発売日延期のお知らせがないところを見ると、ちゃんと発売日に
    発売しそうですね。多分、ですけど(苦笑)
    何気に、ガストさんが発売日通りに発売するのは、初めて見る気がします。
    いや、昔は知らないですけど(苦笑)

    少し、話が逸れました(苦笑)
    次回のプレイ日記も楽しみにしています!
    それではw

    1. コメントありがとうございます!
      またお越し頂けて嬉しいです!

      気難しいヒロイン! 何ともピッタリな表現ですね!
      ネリネ先輩がこの性格で譲葉先輩とアングレカムで初めて出会って・・・という展開も何だか面白そうです。

      譲葉先輩の表の顔はああいう性格ですから、何だかんだでネリネ先輩をあしらいつつ上手く行きそう。

      譲葉先輩、自分で言うほど髪形チェンジが合わないって事は無いですよね。
      まぁ記事でも書いた通り、三つ編みお下げはちょっと合わないかな~と思いましたが(苦笑)

      服でもそうですが、本人が気後れしていたら似合う物も似合わなくなりますからね。
      お約束ですが、譲葉先輩本人の意識改革が必要そうです。

      ネリネ先輩に助けられるシーンの前後は譲葉先輩とネリネ先輩の関係の様々な面が語られる超重要シーンでしたから印象深いです。
      譲葉先輩が弱い部分を見せてくれる事もあり、シリーズ屈指のシーンになりそうですね。

      記事でも書きましたけど、不遇だからこそ輝く感じのシーンでしたね(笑)
      同じ不遇でもゾンビメイクとは趣が全く違うので、これは許せますね、はい(笑)

      まさかあんなストレートに百合っぽい要素をリザルト画面といういっつも見るシーンに差し込んで来るとは思っていなかったので嬉しい誤算でした!
      まぁ戦闘にも気合が入るので、ある意味正しい仕様ですね!(笑)

      司城姉妹以外のメンバーはボスである原種の戦闘にしか参加しないらしいので、リザルト画面に出番があるのか分からないですね・・・。

      ですが、仰る通りメンバーの組み合わせによってリザルト画面が変わるのなら原種戦前にセーブして色々と試す可能性は高いですね(笑)

      いやぁ管理人も正直、GW前に発売されれば御の字くらいに思っていたので発売予定通りに発売されそうで驚いています。
      いやまぁ予定通りに行くのが望ましい姿なのですが(苦笑)

      ありがとうございます!
      「Fate/EXTELLA」もプレイしているので、まだちょっと時間が掛かりそうですが、進める&記事にしていく予定なので、またコメント頂けると嬉しいです!

      コメントありがとうございました!
      またお暇な時にでもお越し下さいませ。
      それでは失礼致しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。